82件中 61 - 70件表示
  • 千の風になって

    千の風になってから見た宮本隆治宮本隆治

    4月6日 - 宮本隆治が『千の風になって』の詩を朗読したシングル『宮本隆治の“千の風になって”』として発表。千の風になって フレッシュアイペディアより)

  • 1997年のテレビ (日本)

    1997年のテレビ (日本)から見た宮本隆治宮本隆治

    第48回NHK紅白歌合戦を放送。紅組司会は和田アキ子、白組司会は中居正広(SMAP)、総合司会は宮本隆治(当時NHKアナウンサー)がそれぞれ務めた。中居は白組の歴代司会者では当時最年少(25歳4か月13日)であった。1997年のテレビ (日本) フレッシュアイペディアより)

  • きのしたゆうこ

    きのしたゆうこから見た宮本隆治宮本隆治

    ナレーターとしては、NHK総合での夕方6時のニュース番組担当時代に、当時NHKアナウンサーであった宮本隆治から声が嗄れるほどのナレーションの猛特訓を受け、1999年7月に、株式会社アクセント主催のナレーション・コンテストで、応募者561名の中から唯一人、銅賞を受賞した。なお、金賞、銀賞は該当者なしだった。きのしたゆうこ フレッシュアイペディアより)

  • NHK紅白歌合戦

    NHK紅白歌合戦から見た宮本隆治宮本隆治

    進行にあたっては、台本と合わせてカンペも用意される。司会者に対し、スタッフから開始早々のタイミングで「巻き」(スタッフから出演者に早く進行するよう指示が入ること)が入ることも珍しくなく、放送内でアドリブを入れることも中々できないという。その他、司会者が生本番内で言い間違いや失言をして話題となった事例がある(1980年代頃までは司会者の言い間違いなどのハプニングは一切許されないというほどの厳格さがあった(後にこのような演出やハプニングはある程度認められるようになった)。これに関連して総合司会経験者の宮本隆治は「NHKホールには魔物が住んでいる」「これまで多くの魔物が先輩の司会者達を苦しめて来た」と語っている)。ただし、これらは現代紅白のものであり、1970年代頃までは司会者によるアドリブや自由演出がごく当たり前のように行われていた。一例として、第21回(1970年)では本番内において、白組司会の宮田輝が白組歌手の橋幸夫に対し、歌唱曲を当初予定の「俺たちの花」から「いつでも夢を」に変更することを持ちかけて歌唱させたという出来事があった。NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 門司区

    門司区から見た宮本隆治宮本隆治

    宮本隆治(フリーアナウンサー、元NHKアナウンサー)※観光門司区 フレッシュアイペディアより)

  • 第52回NHK紅白歌合戦

    第52回NHK紅白歌合戦から見た宮本隆治宮本隆治

    『夕刊フジ』(2001年10月15日付) - 「両組司会の候補に国仲・堺が挙がる。紅組司会の候補に有働や膳場も挙がる。総合司会はここ6年間の担当者である宮本隆治の続投で決定」第52回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 散歩シリーズ

    散歩シリーズから見た宮本隆治宮本隆治

    ナレーションは主にテレビ朝日の女性アナウンサー(萩野志保子、下平さやから)が担当している。ただし『若大将のゆうゆう散歩』のみ、加山の大学の後輩である宮本隆治(フリーアナウンサー、元NHKアナウンサー)が担当した。散歩シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 大沢悠里のゆうゆうワイド

    大沢悠里のゆうゆうワイドから見た宮本隆治宮本隆治

    宮本隆治(2007年10月26日、元NHKアナウンサー)大沢悠里のゆうゆうワイド フレッシュアイペディアより)

  • 堺正幸

    堺正幸から見た宮本隆治宮本隆治

    慶應義塾大学法学部卒業後、1975年に入社。同期は和田圭、田丸美寿々、酒井ゆきえ。大学の同期に松下賢次、2年先輩には宮本隆治、1年後輩には福井謙二がいる。堺正幸 フレッシュアイペディアより)

  • 秀吉 (NHK大河ドラマ)

    秀吉 (NHK大河ドラマ)から見た宮本隆治宮本隆治

    語り:宮本隆治(NHKアナウンサー)秀吉 (NHK大河ドラマ) フレッシュアイペディアより)

82件中 61 - 70件表示

「宮本隆治」のニューストピックワード