99件中 41 - 50件表示
  • 宮本隆治

    宮本隆治から見たBS日テレ

    BS日テレ「芸能人対抗!家族のキズナ歌合戦」(2016年4月8日 - 2017年3月31日) - 司会宮本隆治 フレッシュアイペディアより)

  • 宮本隆治

    宮本隆治から見たチャンネル銀河

    チャンネル銀河「Talk Bar 銀河〜オトナのイチオシ!」- MC宮本隆治 フレッシュアイペディアより)

  • 宮本隆治

    宮本隆治から見たニッポン放送

    高嶋ひでたけの特ダネラジオ 夕焼けホットライン(9月15日 - 9月19日・ピンチヒッター。ニッポン放送宮本隆治 フレッシュアイペディアより)

  • 宮本隆治

    宮本隆治から見た龍角散

    龍角散「龍角散ダイレクト」(2011年?)宮本隆治 フレッシュアイペディアより)

  • 宮本隆治

    宮本隆治から見たNHK帯広放送局

    初任地は帯広放送局(1973年6月8日 - 1977年3月)。帯広放送局勤務時代に結婚。妻は高校生の時に北九州のデパートでアルバイトをしていた頃に知り合った女性で学生時代からの遠距離恋愛を成就させ結婚。その後、2女を儲ける。長女はフリーアナウンサーの宮本優香(元宮崎放送アナウンサー)。帯広放送局での勤務後、京都放送局(1977年4月-1981年3月)→東京アナウンス室(1981年4月-1993年3月)→福岡放送局(1993年4月-1995年3月)→東京アナウンス室(1995年4月-2007年3月)の順に勤務。NHKや民放とは違う第3のアナウンサー像を目指し、人気を集め、主に芸能・音楽番組を中心に出演した。最終役職は「エグゼクティブアナウンサー」(民放では局長級)。宮本隆治 フレッシュアイペディアより)

  • 宮本隆治

    宮本隆治から見たNHK福岡放送局

    初任地は帯広放送局(1973年6月8日 - 1977年3月)。帯広放送局勤務時代に結婚。妻は高校生の時に北九州のデパートでアルバイトをしていた頃に知り合った女性で学生時代からの遠距離恋愛を成就させ結婚。その後、2女を儲ける。長女はフリーアナウンサーの宮本優香(元宮崎放送アナウンサー)。帯広放送局での勤務後、京都放送局(1977年4月-1981年3月)→東京アナウンス室(1981年4月-1993年3月)→福岡放送局(1993年4月-1995年3月)→東京アナウンス室(1995年4月-2007年3月)の順に勤務。NHKや民放とは違う第3のアナウンサー像を目指し、人気を集め、主に芸能・音楽番組を中心に出演した。最終役職は「エグゼクティブアナウンサー」(民放では局長級)。宮本隆治 フレッシュアイペディアより)

  • 宮本隆治

    宮本隆治から見た懐かしの昭和メロディ

    テレビ東京「懐かしの昭和メロディ」- 司会宮本隆治 フレッシュアイペディアより)

  • 宮本隆治

    宮本隆治から見た週刊オリラジ経済白書

    2007年、NHK独自の「役職定年制度」による定年退職の期限を迎えたことから、今後の出処進退を考えた際、「喋る仕事にこだわりたい」として3月末で退職、フリーとなる。定年退職後3年間は嘱託職員という形で、NHKにアナウンサーとして残留することもできたが、その選択肢は選ばなかった。その後、女性初のNHKアナウンス室長を務めた山根基世、定年後は跡見学園女子大学で教鞭をとりながらフリーで仕事を続けていた広瀬修子とともに、有限責任事業組合「ことばの杜」を立ち上げた。後にイーストプロダクション所属となり各方面で活動中。民放初出演は日本テレビ『週刊オリラジ経済白書』である。その後は日本テレビのスペシャル番組『モクスペ』(2009年3月終了)にも不定期で出演するなど、テレビでは日本テレビにのみ出演していたが、後に様々な局に出演するようになった。宮本隆治 フレッシュアイペディアより)

  • 宮本隆治

    宮本隆治から見た今夜は見せまっせ

    金曜オンステージ「今夜は見せまっせ」(2002年 - 2004年)宮本隆治 フレッシュアイペディアより)

  • 宮本隆治

    宮本隆治から見たおもいッきりDON!

    おもいッきりDON!(2009年4月 - 2010年3月、火曜コメンテーター(2009年10月2日までは金曜も担当)、日本テレビ)宮本隆治 フレッシュアイペディアより)

99件中 41 - 50件表示

「宮本隆治」のニューストピックワード