117件中 41 - 50件表示
  • 宮本 隆治

    宮本隆治から見たNHK放送センター

    初任地は帯広放送局(1973年6月8日 - 1977年3月)。帯広放送局勤務時代に結婚。妻は高校生のときに北九州のデパートでアルバイトをしていた頃に知り合った女性で学生時代からの遠距離恋愛を成就させ結婚。その後、2女を儲ける。長女はフリーアナウンサーの宮本優香。帯広放送局での勤務以降、京都放送局(1977年4月-1981年3月)→東京アナウンス室(1981年4月-1993年3月)→福岡放送局(1993年4月-1995年3月)→東京アナウンス室(1995年4月-2007年3月)の順に勤務。NHKや民放とは違う第3のアナウンサー像を目指し、人気を集め、主に芸能・音楽番組を中心に出演した。最終役職は「エグゼクティブアナウンサー」(民放では局長級)。宮本隆治 フレッシュアイペディアより)

  • 宮本 隆治

    宮本隆治から見た宮崎放送

    長女は元宮崎放送アナウンサーで、元TBSニュースバードの宮本優香。宮本隆治 フレッシュアイペディアより)

  • 宮本 隆治

    宮本隆治から見たTBSテレビ

    1度目の東京アナウンス室への転属のきっかけとなった番組で司会をしていたのが当時、フジテレビ『夜のヒットスタジオ』やTBS『料理天国』などで人気司会者であった芳村真理であり、彼女の強い後押しが東京への転属の決め手となったといわれている(2007年に日本テレビ『いつみても波瀾万丈』に宮本が出演した際に自ら証言している)。ちなみに、芳村・宮本は2007年9月には『おかやま国際音楽祭』の総合司会をともに担当している。宮本隆治 フレッシュアイペディアより)

  • 宮本 隆治

    宮本隆治から見たNHK京都放送局

    初任地は帯広放送局(1973年6月8日 - 1977年3月)。帯広放送局勤務時代に結婚。妻は高校生のときに北九州のデパートでアルバイトをしていた頃に知り合った女性で学生時代からの遠距離恋愛を成就させ結婚。その後、2女を儲ける。長女はフリーアナウンサーの宮本優香。帯広放送局での勤務以降、京都放送局(1977年4月-1981年3月)→東京アナウンス室(1981年4月-1993年3月)→福岡放送局(1993年4月-1995年3月)→東京アナウンス室(1995年4月-2007年3月)の順に勤務。NHKや民放とは違う第3のアナウンサー像を目指し、人気を集め、主に芸能・音楽番組を中心に出演した。最終役職は「エグゼクティブアナウンサー」(民放では局長級)。宮本隆治 フレッシュアイペディアより)

  • 宮本 隆治

    宮本隆治から見たBS日本

    皿の上の物語(BS日テレ)ナレーション宮本隆治 フレッシュアイペディアより)

  • 宮本 隆治

    宮本隆治から見た龍角散

    龍角散「龍角散ダイレクト」(2011年?)宮本隆治 フレッシュアイペディアより)

  • 宮本 隆治

    宮本隆治から見たNHK北九州放送局

    NHK北九州放送局が地上デジタル放送を始めるにあたり、NHKのど自慢苅田町大会の放送の合間を利用して帰省し、PR用のCMを撮影。放送開始前に大量にスポットCMとして放映された。宮本隆治 フレッシュアイペディアより)

  • 宮本 隆治

    宮本隆治から見たTBSラジオ&コミュニケーションズ

    大沢悠里のゆうゆうワイド(4月9日、10月26日・ピンチヒッター。TBSラジオ宮本隆治 フレッシュアイペディアより)

  • 宮本 隆治

    宮本隆治から見たチャンネル銀河

    チャンネル銀河「Talk Bar 銀河〜オトナのイチオシ!」宮本隆治 フレッシュアイペディアより)

  • 宮本 隆治

    宮本隆治から見たニッポン放送

    高嶋ひでたけの特ダネラジオ 夕焼けホットライン(9月15日 - 9月19日・ピンチヒッター。ニッポン放送宮本隆治 フレッシュアイペディアより)

117件中 41 - 50件表示

「宮本隆治」のニューストピックワード