117件中 51 - 60件表示
  • 宮本 隆治

    宮本隆治から見たNHK帯広放送局

    初任地は帯広放送局(1973年6月8日 - 1977年3月)。帯広放送局勤務時代に結婚。妻は高校生のときに北九州のデパートでアルバイトをしていた頃に知り合った女性で学生時代からの遠距離恋愛を成就させ結婚。その後、2女を儲ける。長女はフリーアナウンサーの宮本優香。帯広放送局での勤務以降、京都放送局(1977年4月-1981年3月)→東京アナウンス室(1981年4月-1993年3月)→福岡放送局(1993年4月-1995年3月)→東京アナウンス室(1995年4月-2007年3月)の順に勤務。NHKや民放とは違う第3のアナウンサー像を目指し、人気を集め、主に芸能・音楽番組を中心に出演した。最終役職は「エグゼクティブアナウンサー」(民放では局長級)。宮本隆治 フレッシュアイペディアより)

  • 宮本 隆治

    宮本隆治から見たNHK福岡放送局

    初任地は帯広放送局(1973年6月8日 - 1977年3月)。帯広放送局勤務時代に結婚。妻は高校生のときに北九州のデパートでアルバイトをしていた頃に知り合った女性で学生時代からの遠距離恋愛を成就させ結婚。その後、2女を儲ける。長女はフリーアナウンサーの宮本優香。帯広放送局での勤務以降、京都放送局(1977年4月-1981年3月)→東京アナウンス室(1981年4月-1993年3月)→福岡放送局(1993年4月-1995年3月)→東京アナウンス室(1995年4月-2007年3月)の順に勤務。NHKや民放とは違う第3のアナウンサー像を目指し、人気を集め、主に芸能・音楽番組を中心に出演した。最終役職は「エグゼクティブアナウンサー」(民放では局長級)。宮本隆治 フレッシュアイペディアより)

  • 宮本 隆治

    宮本隆治から見たノースプロダクション

    宮本 隆治(みやもと りゅうじ、1950年10月8日 - )は、ノースプロダクション(旧イースト・プロダクション)所属のフリーアナウンサー、タレント、司会者である。サイバー大学客員教授。元NHKアナウンサー。宮本隆治 フレッシュアイペディアより)

  • 宮本 隆治

    宮本隆治から見た懐かしの昭和メロディ

    テレビ東京「懐かしの昭和メロディ宮本隆治 フレッシュアイペディアより)

  • 宮本 隆治

    宮本隆治から見た国立劇場

    2009年10月12日、東京・国立劇場で行われた天皇陛下即位20年記念式典の司会を、皇居前広場で行われた国民祭典ではNHK時代の後輩・久保純子とともに司会を務めた。宮本隆治 フレッシュアイペディアより)

  • 宮本 隆治

    宮本隆治から見た皇居前広場

    2009年10月12日、東京・国立劇場で行われた天皇陛下即位20年記念式典の司会を、皇居前広場で行われた国民祭典ではNHK時代の後輩・久保純子とともに司会を務めた。宮本隆治 フレッシュアイペディアより)

  • 宮本 隆治

    宮本隆治から見た週刊オリラジ経済白書

    2007年、NHK独自の「役職定年制度」による定年退職の期限を迎えたことから、今後の出処進退を考えた際、「喋る仕事にこだわりたい」として3月いっぱいで退職、フリーとなった。定年退職後3年間は嘱託職員という形で、NHKにアナウンサーとして残留することもできたが、その選択肢は選ばなかった。その後、女性初のNHKアナウンス室長を務めた山根基世、定年後は跡見学園女子大学で教鞭をとりながらフリーで仕事を続けていた広瀬修子とともに、有限責任事業組合「ことばの杜」を立ち上げた。現在はイーストプロダクションに所属して各方面で活動中。民放初出演は日本テレビ『週刊オリラジ経済白書』である。その後は日本テレビのスペシャル番組『モクスペ』(2009年3月終了)にも不定期で出演するなど、テレビでは日本テレビにのみ出演していたが、現在は様々な局に出演している。宮本隆治 フレッシュアイペディアより)

  • 宮本 隆治

    宮本隆治から見たあなたが選ぶ思い出の紅白・感動の紅白

    2002年暮れに放送の『あなたが選ぶ思い出の紅白・感動の紅白』で司会をした際、西田佐知子歌唱『アカシアの雨がやむとき』のVTR(『第20回NHK紅白歌合戦』より)に見入り、「本当に、いい番組ですね」と発言した。宮本隆治 フレッシュアイペディアより)

  • 宮本 隆治

    宮本隆治から見た月曜ゴールデン

    月曜ゴールデン・特別企画「大韓航空機爆破23年目の真実」(12月13日、TBSテレビ) ナビゲーター宮本隆治 フレッシュアイペディアより)

  • 宮本 隆治

    宮本隆治から見た門司区

    福岡県門司市(現在の北九州市門司区)出身。母親はボランティア活動に熱心であり、父親は市長秘書でGHQの通訳も務めていた。多忙な両親のために、幼い頃から自分と弟の食事を作ることも多かった。この時に『きょうの料理』を視聴していたのが、NHKとの出会いであった。小学生時代にはボーイスカウトに入団。制服が好きで毎日のように着ていたという。とにかく好奇心が旺盛で、合唱や落語、相撲に興味を持つ。中学生の頃に自身の声が西郷輝彦の声に似ているといわれ、ものまねをしたことがきっかけとなり、特技が「ものまね」になった。NHKの採用面接でも「声帯模写」として面接官の前で披露したという。宮本隆治 フレッシュアイペディアより)

117件中 51 - 60件表示

「宮本隆治」のニューストピックワード