99件中 61 - 70件表示
  • 宮本隆治

    宮本隆治から見た苅田町

    NHK北九州放送局が地上デジタル放送を始めるにあたり、『NHKのど自慢』苅田町大会の放送の合間を利用して帰省し、PR用のCMを撮影。放送開始前に大量にスポットCMとして放映された。宮本隆治 フレッシュアイペディアより)

  • 宮本隆治

    宮本隆治から見たアルバイト

    初任地は帯広放送局(1973年6月8日 - 1977年3月)。帯広放送局勤務時代に結婚。妻は高校生の時に北九州のデパートでアルバイトをしていた頃に知り合った女性で学生時代からの遠距離恋愛を成就させ結婚。その後、2女を儲ける。長女はフリーアナウンサーの宮本優香(元宮崎放送アナウンサー)。帯広放送局での勤務後、京都放送局(1977年4月-1981年3月)→東京アナウンス室(1981年4月-1993年3月)→福岡放送局(1993年4月-1995年3月)→東京アナウンス室(1995年4月-2007年3月)の順に勤務。NHKや民放とは違う第3のアナウンサー像を目指し、人気を集め、主に芸能・音楽番組を中心に出演した。最終役職は「エグゼクティブアナウンサー」(民放では局長級)。宮本隆治 フレッシュアイペディアより)

  • 宮本隆治

    宮本隆治から見たBS日本のうた

    BS日本のうた(2002年 - 2005年)宮本隆治 フレッシュアイペディアより)

  • 宮本隆治

    宮本隆治から見た金沢の雨

    金沢の雨(デュエット・バージョン)」(川中美幸・宮本隆治、TECA-10117)宮本隆治 フレッシュアイペディアより)

  • 宮本隆治

    宮本隆治から見たフィラー

    NHK時代にナレーションを担当した「青海チベット鉄道」は、 フィラーに再編集され、2014年現在でも早朝に頻度高く放送されている。宮本隆治 フレッシュアイペディアより)

  • 宮本隆治

    宮本隆治から見たきょうの料理

    福岡県門司市(現:北九州市門司区)出身。母親はボランティア活動に熱心であり、父親は市長秘書でGHQの通訳も務めていた。多忙な両親のために、幼い頃から自分と弟の食事を作ることも多かった。この時に『きょうの料理』を視聴していたのが、NHKとの出会いであった。小学生時代にはボーイスカウトに入団。制服が好きで毎日のように着ていたという。とにかく好奇心が旺盛で、合唱や落語、相撲に興味を持つ。中学生の頃に自身の声が西郷輝彦の声に似ていると言われ、ものまねをしたことがきっかけとなり、特技が「ものまね」になった。NHKの採用面接でも「声帯模写」として面接官の前で披露したという。宮本隆治 フレッシュアイペディアより)

  • 宮本隆治

    宮本隆治から見たすみだトリフォニーホール

    ゼルダの伝説25周年シンフォニーオーケストラコンサート(2011年10月10日、すみだトリフォニーホール) 司会宮本隆治 フレッシュアイペディアより)

  • 宮本隆治

    宮本隆治から見た週刊誌

    『NHK紅白歌合戦』で初総合司会担当が決まった際、大晦日が来るのが怖かったと話している。また、紅白の総合司会を6年連続担当を最後に降板となった際、「アドリブが利かないこと」などが原因と当時週刊誌で報じられた。後に『ゲンダイネット』(2007年2月5日付)は「(宮本が行っていた)講演会や結婚式の司会など過ぎた“副業”が問題視されたため」との芸能記者の話を掲載した。宮本隆治 フレッシュアイペディアより)

  • 宮本隆治

    宮本隆治から見たことばの杜

    2007年、NHK独自の「役職定年制度」による定年退職の期限を迎えたことから、今後の出処進退を考えた際、「喋る仕事にこだわりたい」として3月末で退職、フリーとなる。定年退職後3年間は嘱託職員という形で、NHKにアナウンサーとして残留することもできたが、その選択肢は選ばなかった。その後、女性初のNHKアナウンス室長を務めた山根基世、定年後は跡見学園女子大学で教鞭をとりながらフリーで仕事を続けていた広瀬修子とともに、有限責任事業組合「ことばの杜」を立ち上げた。後にイーストプロダクション所属となり各方面で活動中。民放初出演は日本テレビ『週刊オリラジ経済白書』である。その後は日本テレビのスペシャル番組『モクスペ』(2009年3月終了)にも不定期で出演するなど、テレビでは日本テレビにのみ出演していたが、後に様々な局に出演するようになった。宮本隆治 フレッシュアイペディアより)

  • 宮本隆治

    宮本隆治から見た日刊ゲンダイ

    『NHK紅白歌合戦』で初総合司会担当が決まった際、大晦日が来るのが怖かったと話している。また、紅白の総合司会を6年連続担当を最後に降板となった際、「アドリブが利かないこと」などが原因と当時週刊誌で報じられた。後に『ゲンダイネット』(2007年2月5日付)は「(宮本が行っていた)講演会や結婚式の司会など過ぎた“副業”が問題視されたため」との芸能記者の話を掲載した。宮本隆治 フレッシュアイペディアより)

99件中 61 - 70件表示

「宮本隆治」のニューストピックワード