117件中 71 - 80件表示
  • 宮本 隆治

    宮本隆治から見たBS日本のうた

    BS日本のうた(2002年 - 2005年)宮本隆治 フレッシュアイペディアより)

  • 宮本 隆治

    宮本隆治から見た遠距離恋愛

    初任地は帯広放送局(1973年6月8日 - 1977年3月)。帯広放送局勤務時代に結婚。妻は高校生のときに北九州のデパートでアルバイトをしていた頃に知り合った女性で学生時代からの遠距離恋愛を成就させ結婚。その後、2女を儲ける。長女はフリーアナウンサーの宮本優香。帯広放送局での勤務以降、京都放送局(1977年4月-1981年3月)→東京アナウンス室(1981年4月-1993年3月)→福岡放送局(1993年4月-1995年3月)→東京アナウンス室(1995年4月-2007年3月)の順に勤務。NHKや民放とは違う第3のアナウンサー像を目指し、人気を集め、主に芸能・音楽番組を中心に出演した。最終役職は「エグゼクティブアナウンサー」(民放では局長級)。宮本隆治 フレッシュアイペディアより)

  • 宮本 隆治

    宮本隆治から見た歌謡ポップスチャンネル

    歌謡ポップスチャンネル「宮本隆治の歌謡ポップス☆一番星?演歌・歌謡曲情報バラエティ?」宮本隆治 フレッシュアイペディアより)

  • 宮本 隆治

    宮本隆治から見た料理天国

    1度目の東京アナウンス室への転属のきっかけとなった番組で司会をしていたのが当時、フジテレビ『夜のヒットスタジオ』やTBS『料理天国』などで人気司会者であった芳村真理であり、彼女の強い後押しが東京への転属の決め手となったといわれている(2007年に日本テレビ『いつみても波瀾万丈』に宮本が出演した際に自ら証言している)。ちなみに、芳村・宮本は2007年9月には『おかやま国際音楽祭』の総合司会をともに担当している。宮本隆治 フレッシュアイペディアより)

  • 宮本 隆治

    宮本隆治から見た金沢の雨

    金沢の雨(デュエット・バージョン)」(川中美幸・宮本隆治、TECA-10117)宮本隆治 フレッシュアイペディアより)

  • 宮本 隆治

    宮本隆治から見た午後は○○おもいッきりテレビ

    午後は○○おもいッきりテレビ(8月7日、14日・ピンチヒッター。日本テレビ)宮本隆治 フレッシュアイペディアより)

  • 宮本 隆治

    宮本隆治から見たLLP

    2007年、NHK独自の「役職定年制度」による定年退職の期限を迎えたことから、今後の出処進退を考えた際、「喋る仕事にこだわりたい」として3月いっぱいで退職、フリーとなった。定年退職後3年間は嘱託職員という形で、NHKにアナウンサーとして残留することもできたが、その選択肢は選ばなかった。その後、女性初のNHKアナウンス室長を務めた山根基世、定年後は跡見学園女子大学で教鞭をとりながらフリーで仕事を続けていた広瀬修子とともに、有限責任事業組合「ことばの杜」を立ち上げた。現在はイーストプロダクションに所属して各方面で活動中。民放初出演は日本テレビ『週刊オリラジ経済白書』である。その後は日本テレビのスペシャル番組『モクスペ』(2009年3月終了)にも不定期で出演するなど、テレビでは日本テレビにのみ出演していたが、現在は様々な局に出演している。宮本隆治 フレッシュアイペディアより)

  • 宮本 隆治

    宮本隆治から見た大沢悠里のゆうゆうワイド

    大沢悠里のゆうゆうワイド(4月9日、10月26日・ピンチヒッター。TBSラジオ)宮本隆治 フレッシュアイペディアより)

  • 宮本 隆治

    宮本隆治から見た福岡県立小倉高等学校

    私立明治学園中学校、福岡県立小倉高等学校と進学し、高校ではESSに入部、部長を務めた。加山雄三に憧れ、加山の後輩になりたいと思い、1969年慶應義塾大学文学部に進学。馬術部に入部したが、友人の誘いで少林寺拳法部へ見学に行ったところ、先輩に入部させられてしまう。少林寺拳法の全国大会で場内アナウンスを担当したことから、アナウンサーという仕事に喜びとやりがいを感じ、将来の夢として志望することになる。宮本隆治 フレッシュアイペディアより)

  • 宮本 隆治

    宮本隆治から見たモクスペ

    2007年、NHK独自の「役職定年制度」による定年退職の期限を迎えたことから、今後の出処進退を考えた際、「喋る仕事にこだわりたい」として3月いっぱいで退職、フリーとなった。定年退職後3年間は嘱託職員という形で、NHKにアナウンサーとして残留することもできたが、その選択肢は選ばなかった。その後、女性初のNHKアナウンス室長を務めた山根基世、定年後は跡見学園女子大学で教鞭をとりながらフリーで仕事を続けていた広瀬修子とともに、有限責任事業組合「ことばの杜」を立ち上げた。現在はイーストプロダクションに所属して各方面で活動中。民放初出演は日本テレビ『週刊オリラジ経済白書』である。その後は日本テレビのスペシャル番組『モクスペ』(2009年3月終了)にも不定期で出演するなど、テレビでは日本テレビにのみ出演していたが、現在は様々な局に出演している。宮本隆治 フレッシュアイペディアより)

117件中 71 - 80件表示

「宮本隆治」のニューストピックワード