前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
182件中 1 - 10件表示
  • やしきたかじん

    やしきたかじんから見た宮根誠司宮根 誠司

    ABCの若手アナウンサー時代に『サタデーたかじん』『聴けば効くほどやしきたかじん』で共演していた宮根誠司には、かねてから親交のあった西村嘉郎(元・社長、現在は常勤特別顧問)への直談判を通じてフリーアナウンサーへの転身(2004年4月)につなげた。さらに、龍谷大学放送部の同期生であった林伸一郎(元・アナウンサー→ 監査役会事務局事務長)とは、林がアナウンス職を退いた後の2003年4月頃に『たかじんONE MAN』(MBSテレビ)の「対面ショー」という企画で久々に共演。『必殺』シリーズをはじめ、ABCテレビ制作のドラマのプロデュースで知られる山内久司(元・専務、現在は顧問)も、役員からの退任後に『やしきたかじんプロデュース』(テレビ大阪)や『たかじんのそこまで言って委員会』(読売テレビ) にゲストで出演していた。やしきたかじん フレッシュアイペディアより)

  • おはよう朝日です

    おはよう朝日ですから見た宮根誠司宮根 誠司

    また平日版では、1990年4月から宮根誠司が司会を担当してきた(2004年3月まで朝日放送アナウンサー、以後はフリーアナウンサーとして出演)。しかし、出演20周年を迎えたのを機に、2010年3月26日(金曜日)の放送を最後に番組を降板した。同年3月29日(月曜日)の放送からは、浦川泰幸(朝日放送アナウンサー)が、宮根の後任で司会を務める。土曜版でも、司会を務めてきた高野純一と武田和歌子(ともに朝日放送アナウンサー)が2010年3月27日の放送を最後に卒業。上田剛彦と八塚彩美(ともに朝日放送アナウンサー) が後任の司会を務める。おはよう朝日です フレッシュアイペディアより)

  • およよん NEWS&TALK

    およよん NEWS&TALKから見た宮根誠司宮根 誠司

    第19回で小橋から依頼された企画「青木選手の技の名前を考えよう!」のため生出演。木下くんを肩に担ぎ、乱入という形での登場だった。新技名は吉田、丸岡、宮根誠司らが挙げた三案の中から丸岡の「スパイラルポセイドン」に決定した。次点は吉田考案の「ミラクル38」でこちらは保留中とのこと。およよん NEWS&TALK フレッシュアイペディアより)

  • カウントダウン・ドキュメント 秒ヨミ!

    カウントダウン・ドキュメント 秒ヨミ!から見た宮根誠司宮根 誠司

    2009年10月からは、宮根誠司をナビゲーターに迎えて行われるようになった。宮根はフリーアナウンサー転身後初の中京テレビ製作番組レギュラー出演で、毎回キーパーソン相手のインタビュアーも兼任していた。カウントダウン・ドキュメント 秒ヨミ! フレッシュアイペディアより)

  • FNN参院選 みんなの選挙2016

    FNN参院選 みんなの選挙2016から見た宮根誠司宮根 誠司

    第1〜3部では『Mr.サンデー』のMCを務める宮根誠司と『みんなのニュース』のメインキャスターを務める伊藤利尋の男性2人がダブル司会を担当した。宮根は第47回衆議院議員総選挙時の『FNN衆院選2014 THE SENKYO 〜ニッポンをしゃべり倒す!〜』から2回連続での登板となった。伊藤が選挙特番のメインキャスターを務めるのは今回が初めてである。FNN参院選 みんなの選挙2016 フレッシュアイペディアより)

  • ジャイケルマクソン

    ジャイケルマクソンから見た宮根誠司宮根 誠司

    2009年12月31日には、MBSテレビで9:55 - 11:50に『ジャイケルマクソン 大晦日スペシャル』として、宮根誠司(同年5月20日MBSテレビ放送分)と雨上がり決死隊(200回記念)が出演した際の完全版「ジャイケルトーク祭り 大晦日特選スペシャル」が関西ローカルで放送された。再放送を除けば、(特別番組を含めて)当番組が午前中に放送されるのは初めてである。ジャイケルマクソン フレッシュアイペディアより)

  • 梅田淳

    梅田淳から見た宮根誠司宮根 誠司

    2004年3月31日付で関西テレビを退職。同時期に朝日放送を退社した宮根誠司と共に、フリーアナウンサーへ転身した。転身後は、講演会・アナウンスセミナーの講師、『サンケイスポーツ』のコメンテーター、イベントの司会としても活動している。また、2012年からは、大阪市内で「梅田塾」というアナウンススクールを主宰。スクールの卒業生に、朝日放送の福井治人アナウンサー(2015年採用)やFM802DJの樋口大喜などがいる。梅田淳 フレッシュアイペディアより)

  • プロ野球No.1決定戦!バトルスタジアム

    プロ野球No.1決定戦!バトルスタジアムから見た宮根誠司宮根 誠司

    2013年度分では、各球団から3名の主力選手が出場する形式を踏襲しつつ、共通の特徴に応じて球団・リーグ混合の4チームを構成(1チーム9名)。「チームレッド」(キャプテン:山本昌広、通称「ゴールデンルーキーズ」)・「チームブルー」(キャプテン:前田健太、通称「キンキ・ブラザーズ」)・「チームグリーン」(キャプテン:長野久義、通称「イケメン☆ナイン」)・「チームイエロー」(キャプテン:三浦大輔、通称「熱血男塾」)による対抗戦へ変更。宮根誠司率いる「宮根オールスターズ」を加えた5チームで複数のゲームへ参加した後に、(オープン参加扱いの「宮根オールスターズ」を除く)総得点の上位2チームが最終バトルの「ガチンコ日本シリーズ」で優勝を争った。プロ野球No.1決定戦!バトルスタジアム フレッシュアイペディアより)

  • FNN衆院選2014 THE SENKYO 〜ニッポンをしゃべり倒す!〜

    FNN衆院選2014 THE SENKYO 〜ニッポンをしゃべり倒す!〜から見た宮根誠司宮根 誠司

    『FNNスーパーニュース』の安藤優子と『Mr.サンデー』の宮根誠司がMCとしてタッグを組み、番組タイトルは前枠で放送される『THE MANZAI』の流れを引き継いだものとなっている。フジテレビ社長亀山千広は「『THE MANZAI』と『THE SENKYO』で流れを作る」との方針を示した。FNN衆院選2014 THE SENKYO 〜ニッポンをしゃべり倒す!〜 フレッシュアイペディアより)

  • 食べて元気!ほらね

    食べて元気!ほらねから見た宮根誠司宮根 誠司

    当初は、榊原郁恵と磯野貴理がゲストを迎え、食・健康・体をテーマに生活情報を伝える番組だったが、2004年4月からはグルメ情報番組としてリニューアルし、宮根誠司が進行役、榊原・磯野はコメンテーターに回った。食べて元気!ほらね フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
182件中 1 - 10件表示