228件中 11 - 20件表示
  • 写真集

    写真集から見た宮沢りえ宮沢りえ

    撮影の対象を重視する場合と、撮影者を重視する場合の、大きく2つに分ける考え方もある。前者は、例えば、アイドル写真集(タレント写真集)、猫や犬などの動物の写真集や一部の報道写真集(「20世紀を写す」といった類のもの)であり、後者は、例えば、アンリ・カルティエ=ブレッソンやアンドレ・ケルテスなどの写真家の写真集である。もちろん、「篠山紀信が撮影した宮沢りえの写真集」といった、両方が重視される場合もあることから、この分類は絶対的なものではない。写真集 フレッシュアイペディアより)

  • 毎日映画コンクール

    毎日映画コンクールから見た宮沢りえ宮沢りえ

    スポニチグランプリ新人賞 男闘呼組『ロックよ、静かに流れよ』、片岡鶴太郎『異人たちとの夏』、宮沢りえ『ぼくらの七日間戦争』毎日映画コンクール フレッシュアイペディアより)

  • 江崎グリコ

    江崎グリコから見た宮沢りえ宮沢りえ

    宮沢りえ - オトナグリコシリーズ(過去:25年後のキティちゃん役)江崎グリコ フレッシュアイペディアより)

  • 江〜姫たちの戦国〜

    江〜姫たちの戦国〜から見た宮沢りえ宮沢りえ

    また、長姉・茶々役は宮沢りえ、次姉・初役は水川あさみ、三姉妹の母・市役は鈴木保奈美(ナレーションも兼任)、江の3番目の夫となる徳川秀忠役は大河ドラマ初出演の向井理が起用された。オープニングのキャスト・スタッフのクレジットは、『篤姫』以来3年ぶりに縦書き表示となった。また、配役クレジットにおける「出演」という字幕も2年ぶりに表示されるようになった。江〜姫たちの戦国〜 フレッシュアイペディアより)

  • 平成

    平成から見た宮沢りえ宮沢りえ

    1980年代から?1990年代初期のバブル期まではバブル世代の女性を中心にアイドルブームの時期であった。団塊ジュニア世代の女性である(宮沢りえ・牧瀬里穂・観月ありさ)の3Mが活躍する。その後、沖縄県出身の沖縄アクターズスクールや小室ファミリーなどの女性芸能人が活躍する。また、1990年代後半(平成7年 ?平成11年)には当時ティーンエイジャーであった広末涼子(昭和55年生まれ)や、女の子役である安達祐実(昭和56年生まれ)が活躍する。平成 フレッシュアイペディアより)

  • エムツー企画

    エムツー企画から見た宮沢りえ宮沢りえ

    エムツー企画 フレッシュアイペディアより)

  • GORO

    GOROから見た宮沢りえ宮沢りえ

    最終号の表紙をだれが飾るかは、フジテレビの「TVブックメーカー」でベッティングの対象となった。最終号の表紙は宮沢りえであった。GORO フレッシュアイペディアより)

  • 寺田稔 (俳優)

    寺田稔 (俳優)から見た宮沢りえ宮沢りえ

    コヨーテ(1995年、演出と主演、当初のヒロイン宮沢りえの降板で騒ぎに)寺田稔 (俳優) フレッシュアイペディアより)

  • 多聞恵美

    多聞恵美から見た宮沢りえ宮沢りえ

    なお、好きな有名人として横山剣、宮沢りえを、映画では岩井俊二監督のスワロウテイルを挙げている。多聞恵美 フレッシュアイペディアより)

  • 金谷祐子

    金谷祐子から見た宮沢りえ宮沢りえ

    デビュー当初は、フジテレビ水曜8時枠の連続ドラマで南野陽子や宮沢りえが出演する青春ラブコメディ作品を手がけた。その後、布勢博一などとの共同脚本を経て、TBS系列の2時間ドラマと東海テレビ制作昼ドラマを執筆し、注目されるようになる。金谷祐子 フレッシュアイペディアより)

228件中 11 - 20件表示

「宮沢りえ」のニューストピックワード