228件中 31 - 40件表示
  • ブラックボード〜時代を戦った教師たち〜

    ブラックボード〜時代を戦った教師たち〜から見た宮沢りえ宮沢りえ

    白濱久子 (しらはま ひさこ) - 宮沢りえブラックボード〜時代を戦った教師たち〜 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木嘉和

    鈴木嘉和から見た宮沢りえ宮沢りえ

    ファンタジー号の出発直後から、民放テレビ局のワイドショー番組では、貴乃花と宮沢りえの婚約報道とともにトップニュース扱いで毎日のように報道。「風船おじさん」のニックネームが定着するきっかけを作った。しかし、1992年12月6日以後は、後に狂言であることが発覚する新婚旅行先のオーストラリアで日本人妻が失踪する事件が発生してそちらにマスメディアの関心が移ったことと、ファンタジー号自体の話題が尽きたこともあり、ファンタジー号に関する報道は沈静化した。週刊誌では、同年12月17日号の「週刊文春」が、鈴木に密着して出発時の映像も撮影していたフジテレビの姿勢を「鈴木を煽ったのではないか」と取り上げ、同時に鈴木の計画を無謀だと指摘。12月24日・31日合併号の「週刊新潮」は鈴木の過去のプライバシーを明かす記事を掲載した。見出しには、「週刊文春」が「風船男」、「週刊新潮」は「風船おじさん」を使った。鈴木嘉和 フレッシュアイペディアより)

  • リハウスガール

    リハウスガールから見た宮沢りえ宮沢りえ

    「三井のリハウス」のCMは思春期の娘がいる父母向けのCMであり、娘が成長したため住み替える、という設定である。中学生や女子高生役が多い。1987年に宮沢りえが初代リハウスガール「白鳥麗子」役で有名となり、以降多くの著名女優を輩出している。新人あるいは売り出し中のタレントを起用する傾向があり、CM撮影には映画監督としても活躍している市川準らを起用するなど、こだわりをもって制作されているのが特徴である。リハウスガール フレッシュアイペディアより)

  • 井上嗣也

    井上嗣也から見た宮沢りえ宮沢りえ

    広告と出版の分野を股にかけるアートディレクター。サントリー、パルコ、朝日新聞社、コム・デ・ギャルソン、YMOなど、時代の先鋭を担う多くの広告作品やCMのアートディレクション、音楽CDのジャケットデザインを手がける。また、篠山紀信による宮沢りえ写真集『Santa Fe』のアートディレクションをはじめとする書籍デザイン作品も多い。1978年に自身の事務所ビーンズを設立。東京アートディレクターズクラブ (東京ADC)・東京タイプディレクターズクラブ (東京TDC)・日本グラフィックデザイナー協会 (JAGDA) 会員。宮崎県生まれ。井上嗣也 フレッシュアイペディアより)

  • 1973年の映画

    1973年の映画から見た宮沢りえ宮沢りえ

    4月6日 - 宮沢りえ、日本の女優1973年の映画 フレッシュアイペディアより)

  • 富士正晴

    富士正晴から見た宮沢りえ宮沢りえ

    歴史小説である『たんぽぽの歌』は『豪姫』と改題され、1992年には同タイトルで勅使河原宏監督、宮沢りえ主演で映画化された。上方落語界をはじめとする関西芸能の研究でも知られる。また、詩人の伊東静雄、仏文学者の桑原武夫、作家の司馬遼太郎など多くの著名文学者と深い交流があった。富士正晴 フレッシュアイペディアより)

  • 田川啓二

    田川啓二から見た宮沢りえ宮沢りえ

    宮沢りえ(2004年第27回日本アカデミー賞授賞式 )田川啓二 フレッシュアイペディアより)

  • 運転手の恋

    運転手の恋から見た宮沢りえ宮沢りえ

    宮沢りえが台湾に渡った際に撮ったラブコメディ映画である。ビデオのパッケージでは宮沢りえがいかにも主演という扱いだが、実際はそれほど大きい役ではなく、台詞も現地の声優による吹き替えである。運転手の恋 フレッシュアイペディアより)

  • 3M (芸能)

    3M (芸能)から見た宮沢りえ宮沢りえ

    3M(スリーエム)とは、1990年代初め頃に人気のあった3人の女性タレント、牧瀬里穂、宮沢りえ、観月ありさの総称である。3M (芸能) フレッシュアイペディアより)

  • ビッグスリー

    ビッグスリーから見た宮沢りえ宮沢りえ

    日本の1990年代女性アイドル・女優のビッグスリー - 牧瀬里穂、宮沢りえ、観月ありさ ⇒ 3M (芸能)ビッグスリー フレッシュアイペディアより)

228件中 31 - 40件表示

「宮沢りえ」のニューストピックワード