228件中 71 - 80件表示
  • 川村真澄

    川村真澄から見た宮沢りえ宮沢りえ

    代表作は渡辺美里『My Revolution』、宮沢りえ『DREAM RUSH』、荻野目洋子『NONSTOP DANCER』、沢口靖子『Follow me』など。久保田利伸の80年代のメインライターだったほか、主にアイドルポップスの作詞を手がける。川村真澄 フレッシュアイペディアより)

  • 2002年の映画

    2002年の映画から見た宮沢りえ宮沢りえ

    最優秀主演女優賞 - 宮沢りえ(『たそがれ清兵衛』)2002年の映画 フレッシュアイペディアより)

  • Santa Fe

    Santa Feから見た宮沢りえ宮沢りえ

    『Santa Fe』(サンタフェ)とは、1991年(平成3年)11月13日に朝日出版社から発売された宮沢りえのヌード写真集。撮影は篠山紀信。発売当時の宮沢は18歳であったが、撮影時点では17歳であったとも言われている。宮沢が当時人気絶頂だったこともあって155万部のベストセラーとなり』、これは日本における芸能人写真集の売上部数としては未だに破られていない。Santa Fe フレッシュアイペディアより)

  • 佐々木宏

    佐々木宏から見た宮沢りえ宮沢りえ

    江崎グリコ 「OTONA GLICO」(25年後の磯野家という設定のサザエさんシリーズ。宮沢りえをワカメ、小栗旬をイクラちゃんとして起用)。佐々木宏 フレッシュアイペディアより)

  • 長谷川ミク

    長谷川ミクから見た宮沢りえ宮沢りえ

    宮沢りえに憧れていたことがあり、そこからアイドルを目指したという。長谷川ミク フレッシュアイペディアより)

  • 歌のトップテン

    歌のトップテンから見た宮沢りえ宮沢りえ

    宮沢りえ 「ドリームラッシュ」(1989年)歌のトップテン フレッシュアイペディアより)

  • 藏

    から見た宮沢りえ宮沢りえ

    ※もともと烈役は宮沢りえに決定しており、マスコミに向けて発表もされていたが、クランクイン直前に突如宮沢が降板した。週刊誌やワイドショーによると、宮沢側は宮沢が主演だと思っていたのに、公式のクレジットでは浅野の名前が最初に来ていることに立腹したための降板だと報道した。この騒ぎの中行われた制作発表の席上で、浅野は「クレジットは五十音順と聞いていたんですけど」(浅野の名前が先に来ることの理由をわざと茶化した)と皮肉った。なお、宮沢演じる豪姫がタイトル・ロールになっている映画『豪姫』では仲代達矢演じる古田織部がトップクレジットとなっているが、このときは問題が発生していない。 フレッシュアイペディアより)

  • ヤング・アメリカン

    ヤング・アメリカンから見た宮沢りえ宮沢りえ

    1990年に宮沢りえが「Game」というタイトルでカバーしている。ヤング・アメリカン フレッシュアイペディアより)

  • 大山喜久子

    大山喜久子から見た宮沢りえ宮沢りえ

    小学校時代の友人に、芸能人の西田ひかる、宮沢りえらがおり、よく遊んだという。大山喜久子 フレッシュアイペディアより)

  • 菊池 健一郎

    菊池健一郎から見た宮沢りえ宮沢りえ

    1984年『風にむかってマイウェイ』でテレビドラマデビュー。宮沢りえと共演した映画『ぼくらの七日間戦争』で人気を得る。その後、『3年B組金八先生3』、『はいすくーる落書』など学園物を中心に活躍。90年代半ば以降は、2時間ドラマ・Vシネマを中心に活動していたが、2007年4月期『プロポーズ大作戦』で13年ぶりに連続ドラマのレギュラー出演を果たした。菊池健一郎 フレッシュアイペディアより)

228件中 71 - 80件表示

「宮沢りえ」のニューストピックワード