1 2 次へ
20件中 11 - 20件表示
  • 兼本貴司

    兼本貴司から見た宮里優作宮里優作

    広島県立因島北高校(現・広島県立因島高等学校)2年16歳から、地元の練習場でアルバイトをしながらゴルフを習い卒業後、父親を説得して研修生となる。1993年、2度目の受験でプロテスト合格。デビュー戦は1994年7月のヨネックスオープン広島(予選落ち)。1999年に初シード権を獲得。2006年のシード落ちでレッスンプロ転向を考えるが中嶋常幸に師事し翌2007年復調し再びシード権を獲た。2009年5月、国内男子ツアー「三菱ダイヤモンドカップゴルフ」で、当時は通算8勝を挙げていた実力者ブレンダン・ジョーンズをPOの末に下して苦節17年目にして悲願のツアー初優勝を果たした。生涯獲得賞金が2億2484万3192円、同ランクは107位と、この試合前までは未勝利選手としては宮里優作に次いで2番目に獲得賞金が多かった。兼本貴司 フレッシュアイペディアより)

  • 水田圭介

    水田圭介から見た宮里優作宮里優作

    大阪桐蔭高校高校通算55本塁打(同級生に福井強・宮里優作(プロゴルファー)がいる。)、社会人野球のプリンスホテルを経て、のドラフト会議で西武ライオンズに7位で指名され入団。水田圭介 フレッシュアイペディアより)

  • 仙台のスポーツ

    仙台のスポーツから見た宮里優作宮里優作

    宮里優作(プロゴルファー。東北福祉大卒)仙台のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 岩田寛

    岩田寛から見た宮里優作宮里優作

    東北福祉大学時代の同期には宮里優作、二年先輩には谷原秀人、三年先輩に前述の星野英正がいる。岩田寛 フレッシュアイペディアより)

  • 進藤大典

    進藤大典から見た宮里優作宮里優作

    1999年 卒業生である星野英正に憧れ、東北福祉大学に入学。同年夏に同級生のプロゴルファー・宮里優作(プロゴルファー・宮里藍の兄)から誘われ、キャディを始める。進藤大典 フレッシュアイペディアより)

  • 2013年のスポーツ

    2013年のスポーツから見た宮里優作宮里優作

    優勝:宮里優作() -13(267)※ツアー初優勝でかつメジャー初制覇2013年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 宮里藍

    宮里藍から見た宮里優作宮里優作

    宮里聖志、宮里優作(同じ誕生日)の2人の兄を含め兄妹3人全員がプロゴルファーであり、合わせて「宮里3兄妹」と呼ばれる。宮里藍 フレッシュアイペディアより)

  • 東村

    東村から見た宮里優作宮里優作

    宮里優作(プロゴルファー)東村 フレッシュアイペディアより)

  • 日本アマチュアゴルフ選手権競技

    日本アマチュアゴルフ選手権競技から見た宮里優作宮里優作

    過去には中嶋常幸、倉本昌弘、星野英正、宮里優作らが優勝を果たしている。サラリーマンを本業としゴルフを続け、本大会で計6回の優勝を果たした中部銀次郎は「プロより強いアマチュア」と称されている。日本アマチュアゴルフ選手権競技 フレッシュアイペディアより)

  • ダンロップフェニックストーナメント

    ダンロップフェニックストーナメントから見た宮里優作宮里優作

    またこれまで、歴代優勝者には日本国外の数々の有名プレーヤーが名を連ねてきた。中でもセベ・バレステロス、ボビー・ワドキンス(1979年,1986年)、トム・ワトソン、ラリー・マイズ(1989年,1990年)、トーマス・ビヨン(1999年、2003年)、タイガー・ウッズ、ルーク・ドナルド、ブルックス・ケプカ(2016年、2017年)が2度優勝を決めている。1993年の優勝者であるアーニー・エルスは、当時無名と言ってよい存在であったが、翌1994年に全米オープンで優勝し、一躍世界的な選手となった。日本人選手では、1985年に、中嶋常幸が完全優勝を果たし、12回目にして初めての日本人優勝者となった。その後、尾崎将司が大会史上唯一の3連覇(1994年から1996年)を達成しており、他には片山晋呉(2000年)、横尾要(2002年)、池田勇太(2010年)、武藤俊憲(2011年)、松山英樹(2014年)、宮里優作(2015年)が優勝しているが、日本人の優勝は過去44回中10回、2000年以降の18回中でも6回と少ない。ダンロップフェニックストーナメント フレッシュアイペディアより)

1 2 次へ
20件中 11 - 20件表示

「宮里優作」のニューストピックワード