29件中 11 - 20件表示
  • 駆け込み需要

    駆け込み需要から見たエコポイントエコポイントの活用によるグリーン家電普及促進事業

    消費者にとって不利益となる制度の施行(消費者にとって利益となる制度の縮小や終了も含む)が原因となる例には、家電リサイクル法施行(2001年)、エコカー補助金終了(2010年)やデジタルテレビ等のエコポイント基準改訂(2010年4月からの一部対象解除および12月からのポイント削減など)があり、これらの商品ではこの影響をうけて直前に駆け込み需要がおきている。駆け込み需要 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年の経済

    2010年の経済から見たエコポイントエコポイントの活用によるグリーン家電普及促進事業

    家電エコポイント制度で、家電製品購入時に付与されるエコポイントが、この日から半減。2010年の経済 フレッシュアイペディアより)

  • 2009年の経済

    2009年の経済から見たエコポイントエコポイントの活用によるグリーン家電普及促進事業

    エコポイントの申請がスタート。2009年の経済 フレッシュアイペディアより)

  • クオカード

    クオカードから見たエコポイントの活用によるグリーン家電普及促進事業エコポイントの活用によるグリーン家電普及促進事業

    ローソン - 懸賞やエコポイント、Pontaの交換景品として発行。クオカード フレッシュアイペディアより)

  • 藤井比早之

    藤井比早之から見たエコポイントエコポイントの活用によるグリーン家電普及促進事業

    総務省時代には、秋田新幹線の駅舎整備、消防団の充実強化、地方自治法の改正、地方分権一括法、中央省庁再編、参議院非拘束名簿式比例代表制、社債等振替法、岐阜県姫街道400年祭、郵政民営化、AED(自動体外式除細動器)の一般市民への使用化、エコポイント制度設立等に携わる。藤井比早之 フレッシュアイペディアより)

  • 特需景気

    特需景気から見たエコポイントの活用によるグリーン家電普及促進事業エコポイントの活用によるグリーン家電普及促進事業

    この他、2011年?2012年にかけて実施されたアナログ放送終了の直前には、薄型テレビやデジタルチューナーの特需が見られた。特に薄型テレビはエコポイントが大幅減少される直前の2010年10月?11月にかけて、大幅な需要の増加がみられた。特需景気 フレッシュアイペディアより)

  • スクラップインセンティブ (自動車)

    スクラップインセンティブ (自動車)から見たエコポイントの活用によるグリーン家電普及促進事業エコポイントの活用によるグリーン家電普及促進事業

    エコポイントの活用によるグリーン家電普及促進事業 - 省エネ家電購入時にエコポイントを支給する、買い換え時のリサイクル料が実質無料になるなど家電におけるスクラップインセンティブと解釈することができる。スクラップインセンティブ (自動車) フレッシュアイペディアより)

  • クイズ!イチガン

    クイズ!イチガンから見たエコポイントの活用によるグリーン家電普及促進事業エコポイントの活用によるグリーン家電普及促進事業

    正解:エコ(エコカー、エコキュート、エコポイント、エコバッグ)クイズ!イチガン フレッシュアイペディアより)

  • セールスフォース・ドットコム

    セールスフォース・ドットコムから見たエコポイントエコポイントの活用によるグリーン家電普及促進事業

    日本法人である株式会社セールスフォース・ドットコムは、2000年4月に設立。オフィスは、東京本社と大阪および名古屋オフィスの3箇所。代表取締役社長を務める宇陀栄次は、米国セールスフォース・ドットコムの上席副社長(Executive Vice President)も兼任している。企業向けクラウドコンピューティング・サービスの提供事業者として、日本国内でも多くの企業への導入実績を持つ。特に2007年の郵便局会社(当時は日本郵政公社)での導入は話題を呼んだ。日本国内における導入企業数などは原則公開していないが、2009年10月時点で2,200社67万ユーザー、2012年1月には約5,000社に利用されていると幹部が語っている。、。その後2012年12月に開催されたプライベートイベントで、「国内5,400社が採用」「世界全体に占める売上げの割合が8%」と発表している。他にも、みずほフィナンシャルグループ、三菱UFJフィナンシャル・グループ、株式会社損害保険ジャパン、日立グループ、ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社、株式会社ファーストリテイリング、株式会社ローソン、株式会社日本総合研究所、小田急電鉄株式会社など、規模・業種を問わず多数。2009年には環境省・経済産業省・総務省が所管するエコポイントのインターネット申請システムとして採用された。経済危機対策として実施された本件では、経済産業省から打診を受けてからわずか3週間でシステム開発を完了・稼働させ、同社サービスの信頼性や開発生産性の高さを示す事例となった。セールスフォース・ドットコム フレッシュアイペディアより)

  • 日本の経済史

    日本の経済史から見たエコポイントの活用によるグリーン家電普及促進事業エコポイントの活用によるグリーン家電普及促進事業

    リーマン・クライシスが起こった2008年の末には、派遣労働者の大量解雇を象徴する「年越し派遣村」が話題となり、小泉改革の負の側面が議論の対象となった。国会も財政出動をともなう景気対策を行うこととなり、エコポイント、エコカー減税、エコカー補助金などを作り、エコ関連商品を買うことを後押しした。それはある程度の効果があり、景気悪化を食い止めた。日本の経済史 フレッシュアイペディアより)

29件中 11 - 20件表示

「家電エコポイント」のニューストピックワード