前へ 1 2 3 4 5 6
51件中 1 - 10件表示
  • エコポイントの活用によるグリーン家電普及促進事業

    エコポイントの活用によるグリーン家電普及促進事業から見た日本旅行

    旅行券(JTB、日本旅行、近畿日本ツーリストなど)エコポイントの活用によるグリーン家電普及促進事業 フレッシュアイペディアより)

  • エコポイントの活用によるグリーン家電普及促進事業

    エコポイントの活用によるグリーン家電普及促進事業から見たジェイティービー

    旅行券(JTB、日本旅行、近畿日本ツーリストなど)エコポイントの活用によるグリーン家電普及促進事業 フレッシュアイペディアより)

  • エコポイントの活用によるグリーン家電普及促進事業

    エコポイントの活用によるグリーン家電普及促進事業から見た2009年

    エコポイントの活用によるグリーン家電普及促進事業(エコポイントのかつようによるグリーンかでんふきゅうそくしんじぎょう)は、2008年(平成20年)の世界金融危機(リーマン・ショック)を機に日本政府が、翌2009年(平成21年)度の補正予算などにおいて経済・景気対策の1つとして行った事業である。環境省・経済産業省・総務省が所管する。事業予算は2,946億円。自民党・公明党連立政権である麻生内閣の経済対策・環境対策において開始され、民主党・国民新党・社民党連立政権への移行後においても、エコポイントの概念並びに制度が最終的に2010年(平成22年)度いっぱいまで継続・延長された。エコポイントの活用によるグリーン家電普及促進事業 フレッシュアイペディアより)

  • エコポイントの活用によるグリーン家電普及促進事業

    エコポイントの活用によるグリーン家電普及促進事業から見た小野善康 (経済学者)

    肯定的な評価もある。大阪大学フェローの小野善康は直接的な影響として、税金を投じたがその税金以上の税収を生んだとしている。さらに間接的に、新たな需要や市場も生んだとする。小野は、財源が尽きてもエコポイントを廃止すべきではなく、むしろ拡大した方が、景気刺激はもちろん財政健全化にも寄与すると主張している。エコポイントの活用によるグリーン家電普及促進事業 フレッシュアイペディアより)

  • エコポイントの活用によるグリーン家電普及促進事業

    エコポイントの活用によるグリーン家電普及促進事業から見た松本龍 (政治家)

    これについて、松本龍環境大臣は「二酸化炭素削減効果と経済効果がものすごく大きかった」とコメントし、自民党政権が導入したエコポイント制度を評価した。エコポイントの活用によるグリーン家電普及促進事業 フレッシュアイペディアより)

  • エコポイントの活用によるグリーン家電普及促進事業

    エコポイントの活用によるグリーン家電普及促進事業から見た環境省

    エコポイントの活用によるグリーン家電普及促進事業(エコポイントのかつようによるグリーンかでんふきゅうそくしんじぎょう)は、2008年(平成20年)の世界金融危機(リーマン・ショック)を機に日本政府が、翌2009年(平成21年)度の補正予算などにおいて経済・景気対策の1つとして行った事業である。環境省・経済産業省・総務省が所管する。事業予算は2,946億円。自民党・公明党連立政権である麻生内閣の経済対策・環境対策において開始され、民主党・国民新党・社民党連立政権への移行後においても、エコポイントの概念並びに制度が最終的に2010年(平成22年)度いっぱいまで継続・延長された。エコポイントの活用によるグリーン家電普及促進事業 フレッシュアイペディアより)

  • エコポイントの活用によるグリーン家電普及促進事業

    エコポイントの活用によるグリーン家電普及促進事業から見た大阪大学

    肯定的な評価もある。大阪大学フェローの小野善康は直接的な影響として、税金を投じたがその税金以上の税収を生んだとしている。さらに間接的に、新たな需要や市場も生んだとする。小野は、財源が尽きてもエコポイントを廃止すべきではなく、むしろ拡大した方が、景気刺激はもちろん財政健全化にも寄与すると主張している。エコポイントの活用によるグリーン家電普及促進事業 フレッシュアイペディアより)

  • エコポイントの活用によるグリーン家電普及促進事業

    エコポイントの活用によるグリーン家電普及促進事業から見た総務省

    エコポイントの活用によるグリーン家電普及促進事業(エコポイントのかつようによるグリーンかでんふきゅうそくしんじぎょう)は、2008年(平成20年)の世界金融危機(リーマン・ショック)を機に日本政府が、翌2009年(平成21年)度の補正予算などにおいて経済・景気対策の1つとして行った事業である。環境省・経済産業省・総務省が所管する。事業予算は2,946億円。自民党・公明党連立政権である麻生内閣の経済対策・環境対策において開始され、民主党・国民新党・社民党連立政権への移行後においても、エコポイントの概念並びに制度が最終的に2010年(平成22年)度いっぱいまで継続・延長された。エコポイントの活用によるグリーン家電普及促進事業 フレッシュアイペディアより)

  • エコポイントの活用によるグリーン家電普及促進事業

    エコポイントの活用によるグリーン家電普及促進事業から見たSUGOCA

    交通系(ICOCA、TOICA、SUGOCA、はやかけんなど)※既存カードを利用したチャージはできない。エコポイントの活用によるグリーン家電普及促進事業 フレッシュアイペディアより)

  • エコポイントの活用によるグリーン家電普及促進事業

    エコポイントの活用によるグリーン家電普及促進事業から見た郵便局

    家電エコポイント制度では、郵便局や家電量販店で配布しているカタログから商品を選ぶ仕組みになっているが、カタログに掲載されている271商品のうちおよそ86商品でコード番号が記載されていないことが判明。そのためコード番号を記載せず品名を書き込んでも申請が受理されず、申請用紙が申請者に返送されるといったトラブルが相次いだ。経済産業省や環境省は2009年9月に全面改訂するとした。エコポイントの活用によるグリーン家電普及促進事業 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6
51件中 1 - 10件表示