116件中 91 - 100件表示
  • 純子引退記念映画 関東緋桜一家

    純子引退記念映画 関東緋桜一家から見た富司純子富司純子

    1960年(昭和35年)、マキノ雅弘監督の『八州遊侠伝 男の盃』でスクリーンデビューした女優・藤純子(のちの寺島純子、現在の富司純子)の文字通り引退を記念した映画である。デビュー作で主演だった片岡千恵蔵が「止め」の位置で出演するほか、「中止め」に長年「緋牡丹博徒」シリーズで競演した剣戟スター嵐寛寿郎、そのほか、高倉健、鶴田浩二、若山富三郎、菅原文太といった当時の東映スター、水島道太郎、木暮実千代、桜町弘子といった往年のスター、あるいは藤山寛美といったオールスターキャストで製作された。純子引退記念映画 関東緋桜一家 フレッシュアイペディアより)

  • 徹子の部屋

    徹子の部屋から見た富司純子富司純子

    単独出演以外では、尾上菊之助が生後2か月の時に母・富司純子と共に「出演」している。2009年12月6日に菊之助が単独で出演した際には「最年少ゲスト」と呼ばれた。徹子の部屋 フレッシュアイペディアより)

  • 日本映画

    日本映画から見た藤純子富司純子

    観客動員No.1となった東映は、1960年に第二東映(1年後にニュー東映と改称)を設立し、製作本数を倍増して日本映画界の売上50%のシェアを目指したがうまくいかず、2年で解散。映画不況が始まった1960年代から1970年代初めは鶴田浩二、高倉健、藤純子(現・富司純子)らを擁して仁侠物ブームを作った。このジャンルの開祖は沢島忠の『人生劇場・飛車角』(1963年)といわれ、義理と人情の板挟みにあいながらも自己犠牲を貫く内容だった。『昭和残侠伝』、『網走番外地』、『緋牡丹博徒』といった任侠モノシリーズは人気を博し、1972年頃まで製作された。一方で内藤誠の不良番長シリーズもヒットした。日本映画 フレッシュアイペディアより)

  • 沢島忠

    沢島忠から見た富司純子富司純子

    いれずみ判官(1965年)出演:鶴田浩二、大木実、藤純子沢島忠 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢茂弘

    小沢茂弘から見た富司純子富司純子

    博徒(1964年)出演:鶴田浩二、松方弘樹、月形龍之介、南田洋子、藤純子小沢茂弘 フレッシュアイペディアより)

  • 山口百恵

    山口百恵から見た冨司純子富司純子

    2011年、母の日にちなんで2011年度「母が選ぶ理想の母」のアンケートで1位となった(2位は岡江久美子、3位は冨司純子)。山口百恵 フレッシュアイペディアより)

  • 第43回NHK紅白歌合戦

    第43回NHK紅白歌合戦から見た富司純子富司純子

    富司純子(女優。翌年の大河ドラマ『琉球の風』の尚永王妃役)第43回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 東成区

    東成区から見た富司純子富司純子

    富司純子(女優・5歳の時に和歌山から移住)東成区 フレッシュアイペディアより)

  • 毎日映画コンクール

    毎日映画コンクールから見た富司純子富司純子

    女優演技賞 藤純子『緋牡丹博徒 お命戴きます』毎日映画コンクール フレッシュアイペディアより)

  • ライオン (企業)

    ライオン (企業)から見た富司純子富司純子

    尾上菊五郎、寺島純子ファミリー 「ホワイト&ホワイト」ライオン (企業) フレッシュアイペディアより)

116件中 91 - 100件表示

「富司純子」のニューストピックワード