144件中 101 - 110件表示
  • 愛の流刑地

    愛の流刑地から見た富司純子富司純子

    木村文江 - 富司純子: 冬香の母愛の流刑地 フレッシュアイペディアより)

  • 極道の妻たち

    極道の妻たちから見た富司純子富司純子

    高島礼子は1988年にとらばーゆのCMを見た松平健の目に留まり、東映京都撮影所に招かれ、25歳のとき『暴れん坊将軍III』の"御庭番"役で女優デビューした。その後、日本酒「黄桜」のCMを見た東映首脳が高島の着物姿に惚れ込み1999年、極妻の四代目ヒロインに抜擢されることになった。しかし歴代の主演女優に比べて、高島は当時30代半ばと若く不安視されたが、関本郁夫が『彼女に合わせて極妻の誕生編を撮ったらいい』と提案し、これが採用されピタッとハマった。高島は高校時代から仁侠映画のファンで、『緋牡丹博徒』の藤純子(富司純子)や、鶴田浩二に心酔し『仁義なき戦い』も研究していた。高島の起用は東映社内でも大きな賭けであったが大ヒットし、岡田社長も「この子はスターになる」と手放しで喜び、高島主演でシリーズ化が決定、高島は本シリーズを出世作とした。極道の妻たち フレッシュアイペディアより)

  • 山口組三代目 (映画)

    山口組三代目 (映画)から見た藤純子富司純子

    本作以降、山口組に関わる映画は田岡満が脚本のチェックを行った。プロデューサーの日下部五朗は田岡一雄の女房役にはポスト藤純子で募集した中村英子を起用した(純子引退記念映画 関東緋桜一家)。中村はポスト藤純子の中でも最も期待されていた。田岡満に「お母さんの役はこの娘で行きますよ」と紹介したらいつのまにか2人は結婚した。ところが高倉健が「新人では夫婦になれん」と言うので松尾嘉代に変更になった。俊藤が「絵ヅラ的に甘い」と交代させたともいわれる。昔から夫人に世話になった経験を持つ古参幹部からは「姐さんの若いころに雰囲気がそっくりや」と評判がよかった。ただ田岡一雄は「きれいすぎるなぁ」と言っていたという。山口組三代目 (映画) フレッシュアイペディアより)

  • 次郎長三国志

    次郎長三国志から見た富司純子富司純子

    この東映版は全作カラー作品である。キネマ倶楽部を含めて一度もVHSソフト化されたことがなかったが、2008年にDVDで全作品がリリースされた。鶴田浩二と共にデビュー間もない藤純子(富司純子)や松方弘樹、里見浩太郎ら後年のヤクザ映画や時代劇に欠かせないスターとなる若手が出演していることなど、やはり日本映画史上において重要な作品群である。次郎長三国志 フレッシュアイペディアより)

  • 扇ひろこ

    扇ひろこから見た富司純子富司純子

    また、女優としても活躍し、任侠映画の女侠客役で、1969年の日活『昇り竜鉄火肌』(石井輝男監督)の主演を始め、映画にも多数出演。任侠映画では、東映の藤純子(現:富司純子)、大映の江波杏子と共に「日活の扇ひろ子」として人気を博す。他、1971年の東宝『闇の中の魑魅魍魎』(中平康監督)や1972年の東映女囚さそりシリーズ第1作『女囚701号/さそり』(主演:梶芽衣子)の準主役の女囚役などが有名。扇ひろこ フレッシュアイペディアより)

  • 赤穂義士祭

    赤穂義士祭から見た富司純子富司純子

    平成22年(2010年)第107回赤穂義士祭:富司純子スターパレード。剣会の殺陣で、大衆演劇「都劇団」座長都若丸(赤穂観光大使)初参加。赤穂義士祭 フレッシュアイペディアより)

  • ゲゲゲの女房

    ゲゲゲの女房から見た富司純子富司純子

    出演:瀧本美織、安田成美、遠藤憲一(9月13日-24日)。瀧本、富司純子、松尾諭、前田航基、神戸浩、長田成哉(おさだ せいや)、松田悟志、趙珉和(ちょう たみやす)、赤井英和、川中美幸、柏原収史(9月25日)ゲゲゲの女房 フレッシュアイペディアより)

  • 田原総一朗

    田原総一朗から見た藤純子富司純子

    ドキュメンタリー青春「拝啓 藤純子様〜やくざ映画と人はいうけれど〜」田原総一朗 フレッシュアイペディアより)

  • 人生劇場

    人生劇場から見た藤純子富司純子

    1968年(昭和43年)10月25日公開。東映東京撮影所製作、東映配給。カラー、シネマスコープ、109分。監督は内田吐夢、脚本は棚田吾郎。主な出演は鶴田浩二、辰巳柳太郎、松方弘樹、藤純子、高倉健。人生劇場 フレッシュアイペディアより)

  • 西尾劇場

    西尾劇場から見た藤純子富司純子

    ロビーには高倉健、鶴田浩二、藤純子、千葉真一、菅原文太など東映スターのポスターが数多く飾られ、1997年頃から閉館まではロビーで駄菓子を売っていた。建物は昭和初期の大規模木造建築であることから、映画『20世紀少年』で建物前がロケ地として使用され、映画『ALWAYS 三丁目の夕日'64』のロケ地にもなる予定だった。2013年の映画『怪特探KAITOKUTAN岸部町奇談』は西尾劇場で撮影が行われ、愛知県知事の大村秀章が西尾劇場の館長役で出演した。西尾劇場 フレッシュアイペディアより)

144件中 101 - 110件表示

「富司純子」のニューストピックワード