144件中 111 - 120件表示
  • 松原 智恵子

    松原智恵子から見た富司純子富司純子

    「1960年代を代表する名古屋美人の1人」と云われ、吉永小百合と和泉雅子と合わせて「日活三人娘」と呼ばれた(1967年のブロマイド売り上げでは、吉永、藤純子(現・富司純子)、和泉、酒井和歌子、内藤洋子らを抑えて女優部門のトップになったほどの人気ぶりだった)。都会的で可憐な清純派スターとして絶大な人気を誇り、「日活全盛期を代表する女優の1人」でもあった。松原智恵子 フレッシュアイペディアより)

  • 俊藤光利

    俊藤光利から見た富司純子富司純子

    俊藤 光利(しゅんどう みつとし、1974年3月21日 - )は、東京都出身の俳優である。青年座映画放送所属。血液型O型、身長180cm。祖父は俊藤浩滋。叔母に富司純子。従姉に寺島しのぶ。従弟に尾上菊之助がいる。俊藤光利 フレッシュアイペディアより)

  • 寺島しのぶ

    寺島しのぶから見た富司純子富司純子

    父は歌舞伎役者の七代目尾上菊五郎、母は女優の富司純子、父方の祖父は七代目尾上梅幸、母方の祖父は東映の俊藤浩滋プロデューサー、弟は歌舞伎役者の五代目尾上菊之助という演劇・俳優一家に生を受け、大学在学中より舞台、テレビドラマを中心に活躍している。2010年(平成22年)、ベルリン国際映画祭最優秀女優賞を受賞した。寺島しのぶ フレッシュアイペディアより)

  • 佐久間 良子

    佐久間良子から見た富司純子富司純子

    1960年代後半に入り、東映はヤクザ映画とポルノ路線を推し進め、ヤクザ映画の藤純子に東映のトップ女優の座を譲り、以後、映画出演は激減した。当時、出演が決まりながら流れた企画映画に『ロバータ、さあ歩きましょう』『石狩平野』等がある。1968年には他社主演映画の松竹『わが闘争』で、初の役柄でもあるヒロイン堤玲子を演じた。同年、『雪夫人絵図』で官能のヒロイン雪を演ずるが、文芸作品は、ヤクザとエロ全盛の東映カラーに合わないとしてお蔵入りとなった(1975年に日活系で公開)。また、翌年出演した小幡欣治原作『あかさたな』の映画化は東映の興業に合わせて、『ど助平一代』と、女優としては口にするのもはばかるような題名で公開される等、一流女優として磨きのかかった佐久間と東映路線との距離は離れていった。佐久間良子 フレッシュアイペディアより)

  • 第43回NHK紅白歌合戦

    第43回NHK紅白歌合戦から見た富司純子富司純子

    富司純子(女優):翌年の大河ドラマ『琉球の風』の尚永王妃役。第43回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 繭子ひとり

    繭子ひとりから見た富司純子富司純子

    出演は藤純子、松山英太郎、吉田日出子、杉浦直樹など。繭子ひとり フレッシュアイペディアより)

  • ラストゲーム 最後の早慶戦

    ラストゲーム 最後の早慶戦から見た富司純子富司純子

    戸田しず江 - 富司純子: 戸田順治の母ラストゲーム 最後の早慶戦 フレッシュアイペディアより)

  • 東成区

    東成区から見た富司純子富司純子

    富司純子(女優・5歳の時に和歌山から移住)東成区 フレッシュアイペディアより)

  • 山路ふみ子映画賞

    山路ふみ子映画賞から見た富司純子富司純子

    山路ふみ子映画功労賞:富司純子山路ふみ子映画賞 フレッシュアイペディアより)

  • 深作欣二

    深作欣二から見た富司純子富司純子

    1月16日の午後、築地本願寺で葬儀・告別式。ロサンゼルスから駆けつけた千葉真一と、菅原文太がそれぞれ弔辞を述べた。弔問客にはビートたけし・梅宮辰夫・緒形拳・津川雅彦・富司純子・三田佳子・藤真利子・渡哲也・小林稔侍・永島敏行・風間杜夫・平田満・藤原竜也・安藤政信・八名信夫・前田愛・前田亜季・竹内力・高岡早紀・薬師丸ひろ子・夏木マリ・宮本真希・柴咲コウ・加藤夏希・南果歩・渡辺えり子・松田美由紀・美輪明宏・山田洋次・崔洋一・降旗康男・沢井信一郎・奥山和由、会場では『仁義なき戦い』『蒲田行進曲』『バトル・ロワイアル』のテーマ曲や、深作の好きな越路吹雪の「バラ色の人生」、THE BLUE HEARTSの「1001のバイオリン」が流された。2月7日に勲四等旭日小綬章を追贈され、1シーンしか撮れなかった遺作『バトル・ロワイアルII 鎮魂歌』は健太とともに監督としてクレジットされている。深作欣二 フレッシュアイペディアより)

144件中 111 - 120件表示

「富司純子」のニューストピックワード