3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 次へ
116件中 111 - 116件表示
  • 仁義なき戦い

    仁義なき戦いから見た藤純子富司純子

    第一部で梅宮辰夫扮する若杉寛の恋人役、第三部『代理戦争』で室田日出男扮する早川英男の妻を演じた中村英子は、色白で上品な美人女優で「第二の藤純子」と期待されたが、映画の公開まもない1974年(昭和49年)、山口組三代目田岡一雄の息子で、プロデューサーの田岡満と結婚して芸能界を引退した。しかし1年後、子供を残し24歳の若さで自宅でガス自殺した。本人の気の弱さとしか考えられないが、ヤクザ映画の会社に入ったばかりに、という声もあって、中村の亡霊が撮影所に現われると一時噂が立った。「幽霊でもいいからカムバックしてもらいたいよ」と中村を育てたプロデューサーは嘆いていたという。仁義なき戦い フレッシュアイペディアより)

  • 坂田明

    坂田明から見た藤純子富司純子

    そんなことをやっていたら、1972年、自分と森山さん(ドラム)にフジテレビから藤純子引退記念番組という仕事が入ってきて、30分間、デュオでフリーを演奏つづけ、菅原文太がインタビューを受け、こちらではセーラー服の女子高生が傘をもってぐるぐる回るという、とてもシュールな番組で、山下洋輔さんがそれをテレビで観ていて、一度セッションに遊びにおいでと声をかけてたが、1969年から1972年サックスは中村誠一さんで、トリオにまぜてもらって吹かしてもらったことがたびたびあった。中村誠一さんが辞めるので、坂田明に交代し1972年12月に山下洋輔トリオのメンバーとなり、一流バンドの凄さを思い知らされた。客層が違い、筒井康隆さん、日高敏隆さん、殿山泰司さん、赤塚不二夫さんなど、いっぱい有名人が来ていた。水面から顔をあげたら、いろいろなものが見えたという感じた。また、渡辺貞夫さんがステージを見に来てきて、「いいね」と声をかけてくれたことがあり、音楽の方向性が違うのに、認めてくれた、ということで自信がついた。日野皓正さんや松本英彦さんや宮沢昭さんも、「おまえは徹底していていい」なんて言ってくれたと対談で語っている。坂田明 フレッシュアイペディアより)

  • 天璋院

    天璋院から見た富司純子富司純子

    『翔ぶが如く』(1990年、NHK大河ドラマ、演:富司純子天璋院 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木則文

    鈴木則文から見た富司純子富司純子

    1968年 - 藤純子主演のシリーズ第1作『緋牡丹博徒』で脚本を執筆。鈴木則文 フレッシュアイペディアより)

  • 鶴田浩二

    鶴田浩二から見た藤純子富司純子

    東映時代は、高倉健、藤純子、菅原文太、北島三郎、梅宮辰夫の主演作品に特別出演している。鶴田浩二 フレッシュアイペディアより)

  • 森光子

    森光子から見た富司純子富司純子

    12月7日に青山葬儀場で開かれた本葬では青山良彦、秋山俊行(東京都副都知事)、赤木春恵、秋元康、朝丘雪路、浅丘ルリ子、浅田美代子、麻生かほ里、綾小路きみまろ、嵐(本葬前) 、有森也実、石井ふく子、石田純一、市村正親、五木ひろし、井上芳雄、今井翼(相方・滝沢秀明は欠席)、内海光司、うつみ宮土理、A.B.C-Z、海老名香葉子、王貞治、王理恵、大空眞弓、大林雅美、大和田美帆、小倉智昭、樫山文枝、片岡亀蔵、加藤和也、加藤茶、KAT-TUN、関ジャニ∞(横山裕・村上信五は本葬前)、岸本加世子、Kis-My-Ft2(玉森裕太除いた全員)、北大路欣也、木村佳乃、京本政樹、KinKi Kids、草笛光子、工藤静香、熊谷真実、黒柳徹子、小泉孝太郎、小林綾子、小松政夫、近藤真彦、西郷輝彦、堺正章、酒井美紀、榊原郁恵、佐久間良子、佐藤アツヒロ、佐野瑞樹、沢田亜矢子、ジェームス三木、篠山紀信、志村けん、少年隊、笑福亭鶴瓶、杉田成道、SMAP、関口宏、大地真央、高木ブー、多岐川裕美、谷村新司、玉ノ井親方、段田安則、司葉子、でんでん、TOKIO(国分太一は本葬前)、中島久之、仲間由紀恵、仲本工事、長山藍子、中山優馬、西田ひかる、NEWS、野際陽子、野茂英雄、萩本欽一、長谷川初範、浜木綿子、林家三平、坂東三津五郎、ビートたけし、左とん平、V6、富司純子、藤田朋子、Hey!Say!JUMP、松原智恵子、松村邦洋、松本明子、眞帆志ぶき、三浦友和、三田佳子、みのもんた、森喜朗、八千草薫、山本学、山本陽子、屋良朝幸、米倉斉加年、米倉涼子、和田アキ子、渡辺えりら2300人が参列した。森光子 フレッシュアイペディアより)

3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 次へ
116件中 111 - 116件表示