144件中 121 - 130件表示
  • やっぱり猫が好き

    やっぱり猫が好きから見た藤純子富司純子

    モノマネ好きで武田鉄矢、桜田淳子、斉藤由貴、富田靖子、幸田シャーミン、藤純子、松田聖子、黒木香など多数のレパートリーを持つ。モノマネは、本人いわく「身内芸」のようなものでひっそりやっていたが、しだいに表に出てきたそう。桜田淳子においては、細部にわたって楽曲を知っており、「この曲は皆さん(スタッフに向かって)ご存知ないですか?」と反応を伺い尋ねたこともある(天使のくちびるにおいて)。やっぱり猫が好き フレッシュアイペディアより)

  • ナショナルゴールデン劇場

    ナショナルゴールデン劇場から見た藤純子富司純子

    繭子ひとり(1966年8月 - 9月放送、原作:三浦哲郎、出演:藤純子他)ナショナルゴールデン劇場 フレッシュアイペディアより)

  • ナショナルゴールデン劇場

    ナショナルゴールデン劇場から見た富司純子富司純子

    レインボーシリーズ(主演:第1段 佐久間良子、第2段 浅丘ルリ子、第3段 浜美枝、第4段 栗原小巻、第5段 三田佳子、第6段 藤純子、第7段 若尾文子)ナショナルゴールデン劇場 フレッシュアイペディアより)

  • フラガール

    フラガールから見た富司純子富司純子

    2011年3月11日に発生した東日本大震災で被災したいわき市を支援するために、当映画に出演した松雪泰子、蒼井優、富司純子、山崎静代らが1,000万円の義援金をいわき市に送った。フラガール フレッシュアイペディアより)

  • 尾美としのり

    尾美としのりから見た富司純子富司純子

    NHK連続テレビ小説『てっぱん』では尾道の住職役で出演し、大林映画、尾道三部作に関連のある共演者富司純子、森田直幸、また「さびしんぼう」のロケ地、西願寺が登場した。また『あまちゃん』ではヒロインの父親、黒川正宗役で出演。2013年の第64回NHK紅白歌合戦では自らが運転するタクシーで足立ユイを乗せての会場入りを正宗として演じ、あまちゃんキャスト総出演で歌った「地元に帰ろう」でも正宗としてマラカスを振って踊りながら歌って盛り上げた。尾美としのり フレッシュアイペディアより)

  • 山田五十鈴

    山田五十鈴から見た富司純子富司純子

    葬儀には、生前に山田を慕っていた俳優らでつくる「養子会」のメンバーである市村正親、西郷輝彦、榎木孝明、萬田久子を始め、司葉子、浜木綿子、三田佳子、草笛光子、北大路欣也、平幹二朗、中条きよし、池上季実子、佐久間良子、宇津井健、八千草薫、朝丘雪路、富司純子、江波杏子、山本陽子、三浦布美子、石井ふく子、中村メイコ、坂東三津五郎、南果歩、沢口靖子、など600名が参列した。山田五十鈴 フレッシュアイペディアより)

  • あ・うん

    あ・うんから見た富司純子富司純子

    1989年11月3日に東宝系にて公開。カラー、ビスタビジョンサイズ。監督は降旗康男。主演は高倉健。富司純子や板東英二、宮本信子、富田靖子、真木蔵人らが脇を固め上品で感動的で温かい作品に仕上がっている。NHKドラマのパート1までを一つにまとめたストーリーになっている。あ・うん フレッシュアイペディアより)

  • 市川海老蔵 (11代目)

    市川海老蔵 (11代目)から見た富司純子富司純子

    五代目尾上菊之助とは幼馴染で同級生。小学生の頃、彼の家の別荘に招かれたときにいたずらをしようとしたら菊之助の母である富司純子に叱られたが、これが家族以外の人に叱られた初めての経験だったという。市川海老蔵 (11代目) フレッシュアイペディアより)

  • 東日本大震災における放送関連の動き

    東日本大震災における放送関連の動きから見た富司純子富司純子

    NHKの連続テレビ小説『てっぱん』について、総合テレビとBS2の放送は18日まで休止、BShiでは通常通り放送。14日には12日分(第139話)と同日分(第140話)を連続して放送。総合・BS2では19日より再開(同日に第139話を放送、以後1週遅れ)。総合では、20日14時15分より16時まで(15時から15分間ニュースのため中断)6話分を再放送した。再開最初の放送に当たる19日放送の『てっぱん』の番組冒頭において、主演の瀧本美織と祖母役の富司純子が震災の被災者にメッセージを送った。これに伴い、次作品『おひさま』の放送開始日が、当初予定日であった28日から4月4日へと変更された。東日本大震災における放送関連の動き フレッシュアイペディアより)

  • 東映

    東映から見た富司純子富司純子

    1963年(昭和38年)からは時代劇に代わって、明治期から昭和初期を舞台にし勧善懲悪の世界の時代劇の変種でもある仁侠映画を、両撮影所で量産し、1965年(昭和40年)から鶴田浩二・高倉健・藤純子らを擁し約10年続く。1973年の『仁義なき戦いシリーズ』でヤクザ映画が実録ものに切り替わる。格闘映画では千葉真一と志穂美悦子の作品がブレイクし、千葉の格闘映画は海外でも大ヒットした。プログラムピクチャーとしてのヤクザ映画路線は1977年に終了した。1975年(昭和50年)に新たなジャンルであるパニック映画『新幹線大爆破』を公開したが、日本ではヒットしなかったものの、海外では大ヒットした。同年の『トラック野郎』は『新幹線大爆破』よりヒットしたため、シリーズ化された。東映 フレッシュアイペディアより)

144件中 121 - 130件表示

「富司純子」のニューストピックワード