144件中 131 - 140件表示
  • 日本映画

    日本映画から見た富司純子富司純子

    観客動員No.1となった東映は、1960年に第二東映(1年後にニュー東映と改称)を設立し、製作本数を倍増して日本映画界の売上50%のシェアを目指したがうまくいかず、2年で解散。映画不況が始まった1960年代から1970年代初めは鶴田浩二、高倉健、藤純子らを擁して仁侠ブームを作った。このジャンルの開祖は沢島忠の『人生劇場 飛車角』(1963年)といわれ、義理と人情の板挟みにあいながらも自己犠牲を貫く内容だった。以降、『博徒』、『日本侠客伝』、『網走番外地』、『昭和残侠伝』、『緋牡丹博徒』といった任侠シリーズは人気を博し、1972年頃まで製作され、内藤誠の『不良番長シリーズ』もヒットした。一方で1969年にはオールスターキャストの『日本暗殺秘録』(主演:千葉真一・監督:中島貞夫)を封切り公開し、東大紛争・安保闘争など騒然とした当時の世相を反映させている。日本映画 フレッシュアイペディアより)

  • 博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜

    博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜から見た富司純子富司純子

    申し訳なさそうに値段を言うトーカ堂の北社長(華丸)と、控えめなコメントをする藤岡弘、(Gたかし)と寺島純子(藤田)博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜 フレッシュアイペディアより)

  • 堀越陽子

    堀越陽子から見た富司純子富司純子

    「ポスト藤純子」として期待され、本名の堀越光恵名義で『東京-ソウル-バンコック 実録麻薬地帯』、『仁義なき戦い 代理戦争』などに出演後、1974年(昭和49年)の『学生やくざ』から芸名を堀越陽子と改名。山下タダシ主演の『ザ・カラテ』シリーズで活躍。1976年(昭和51年)以降は以降はテレビドラマに活動の比重を移し、様々なジャンルの作品で活躍した。堀越陽子 フレッシュアイペディアより)

  • 沢島忠

    沢島忠から見た富司純子富司純子

    いれずみ判官(1965年)出演:鶴田浩二、大木実、藤純子沢島忠 フレッシュアイペディアより)

  • 北九州市

    北九州市から見た富司純子富司純子

    日本女侠伝 侠客芸者 - 1969年 (出演:高倉健、富司純子、若山富三郎 他)北九州市 フレッシュアイペディアより)

  • 徹子の部屋

    徹子の部屋から見た富司純子富司純子

    単独出演以外では、尾上菊之助が生後2か月の時に母・富司純子と共に「出演」している。また鈴木福の妹・鈴木夢が2013年4月1日に芦田と同じく6歳7か月で出演している。徹子の部屋 フレッシュアイペディアより)

  • キネマ旬報

    キネマ旬報から見た藤純子富司純子

    主演女優賞 藤純子(『緋牡丹博徒 お命戴きます』『女渡世人 おたの申します』)キネマ旬報 フレッシュアイペディアより)

  • キネマ旬報

    キネマ旬報から見た富司純子富司純子

    助演女優賞 富司純子(『あ、春』『おもちゃ』)キネマ旬報 フレッシュアイペディアより)

  • ライオン (企業)

    ライオン (企業)から見た富司純子富司純子

    寺島純子ファミリー 「ホワイト&ホワイト」ライオン (企業) フレッシュアイペディアより)

  • 山内一豊

    山内一豊から見た富司純子富司純子

    功名が辻 山内一豊の妻(2000年、一豊:渡辺徹、千代:富司純子山内一豊 フレッシュアイペディアより)

144件中 131 - 140件表示

「富司純子」のニューストピックワード