116件中 11 - 20件表示
  • ブルーリボン賞 (映画)

    ブルーリボン賞 (映画)から見た富司純子富司純子

    助演女優賞 富司純子『おもちゃ』ブルーリボン賞 (映画) フレッシュアイペディアより)

  • てっぱん

    てっぱんから見た富司純子富司純子

    この作品での演技が評価され、祖母・田中初音役の富司純子がギャラクシー賞で2011年2月度月間賞を受賞した。てっぱん フレッシュアイペディアより)

  • フラガール

    フラガールから見た富司純子富司純子

    谷川千代 - 富司純子(紀美子の母)フラガール フレッシュアイペディアより)

  • 寺島しのぶ

    寺島しのぶから見た富司純子富司純子

    父は歌舞伎役者の七代目尾上菊五郎、母は女優の富司純子、父方の祖父は七代目尾上梅幸、母方の祖父は東映の俊藤浩滋プロデューサー、弟は歌舞伎役者の五代目尾上菊之助という演劇・俳優一家に生を受け、大学在学中より舞台、テレビドラマを中心に活躍している。2010年(平成22年)、ベルリン国際映画祭最優秀女優賞を受賞した。寺島しのぶ フレッシュアイペディアより)

  • 東映

    東映から見た富司純子富司純子

    1963年(昭和38年)からは時代劇に代わって、明治期から昭和初期を舞台にし勧善懲悪の世界の時代劇の変種でもある任侠物を京都、東京両撮影所で量産してブームを作った(東映任侠映画)。1965年(昭和40年)からの鶴田浩二、高倉健、藤純子らを擁した任侠路線は約10年続き、1973年(昭和48年)以降は、菅原文太の『仁義なき戦い』シリーズに始まる実録物や千葉真一の格闘映画がブレイク。千葉の格闘映画は日本国外でも大ヒットしたが、プログラムピクチャーとしてのヤクザ映画路線は1970年代末に終了した。東映 フレッシュアイペディアより)

  • マキノ雅弘

    マキノ雅弘から見た藤純子富司純子

    第二次世界大戦後はヒロポン中毒に苦しんだこともあったが、黒澤明脚本による『殺陣師段平』、村上元三原作の「次郎長三国志」シリーズ(東宝で9部作、東映で4部作)、東映では仁侠映画の走りとなった『日本侠客伝』シリーズなど数々の傑作を生み出し、高倉健らを銀幕の大スタアの座に押し上げるのに一役買った。藤純子を自宅に住まわせ、女優のイロハを一から叩き込み、彼女を東映随一の女優に育てあげたり、日活では「梶芽衣子」の名付け親にもなっている。マキノ雅弘 フレッシュアイペディアより)

  • 寺島純子

    寺島純子から見た富司純子富司純子

    寺島純子 フレッシュアイペディアより)

  • 冨司純子

    冨司純子から見た富司純子富司純子

    冨司純子 フレッシュアイペディアより)

  • 富士純子

    富士純子から見た富司純子富司純子

    富士純子 フレッシュアイペディアより)

  • 第30回日本アカデミー賞

    第30回日本アカデミー賞から見た富司純子富司純子

    富司純子(フラガール)第30回日本アカデミー賞 フレッシュアイペディアより)

116件中 11 - 20件表示

「富司純子」のニューストピックワード