144件中 11 - 20件表示
  • てっぱん

    てっぱんから見た富司純子富司純子

    この作品での演技が評価され、祖母・田中初音役の富司純子がギャラクシー賞で2011年2月度月間賞を受賞した。てっぱん フレッシュアイペディアより)

  • 琉球の風 (NHK大河ドラマ)

    琉球の風 (NHK大河ドラマ)から見た富司純子富司純子

    尾上菊五郎・富司純子夫妻を第4作目の『源義経』以来27年ぶりに共演させたり、前年の『信長 KING OF ZIPANGU』にて羽柴秀吉役を演じた仲村トオルをプロローグのシーンに同役で起用したり(冒頭で信長の最期・本能寺の変をシルエット描写するなど、スピンオフ的効果を狙ったもの)、初めて沖縄県を舞台とするなどの試みが見られた。また、今作の最終回「美海(ちゅらうみ)紀行」のコーナーでは、首里城に施された螺鈿細工(らでんざいく)についてのエピソードを紹介、同じく螺鈿細工の施された中尊寺の話題に触れ、そこから次作『炎立つ』の予告編に繋げるというハイパーリンク的な演出がなされた。琉球の風 (NHK大河ドラマ) フレッシュアイペディアより)

  • ブルーリボン賞 (映画)

    ブルーリボン賞 (映画)から見た富司純子富司純子

    助演女優賞 富司純子『おもちゃ』ブルーリボン賞 (映画) フレッシュアイペディアより)

  • 仁義なき戦い

    仁義なき戦いから見た富司純子富司純子

    俊藤浩滋・藤純子・菅原文太・若山富三郎・鶴田浩二が対談したテレビ番組『すばらしき仲間』「任侠」(1982年10月24日放送)では、菅原が「京都へ撮影で行くとき、自身が週刊誌の表紙に初めてなった『週刊サンケイ』(1972年5月26日号)を東京駅の売店で喜んで買ったら、それに『仁義なき戦い』の連載第1回が載っていた。とても面白いので京都の岡田社長を尋ねて『これをやらせてくれ』と直談判したが、岡田は麻雀中で『そこ置いとけ』と、まともに相手してもらえなかった」と話した。この菅原の話に俊藤は「それは遅い。オレは東京に行くおり『週刊サンケイ』を買って『仁義なき戦い』を読んだら凄く面白くてもう抑えた」と話した。俊藤が「週刊サンケイ」の連載を見て「仁義なき戦い」を知ったということであれば、「週刊サンケイ」の連載開始は1972年(昭和47年)5月なので、俊藤が「仁義なき戦い」を知った時期がかなり遅い。菅原は2013年『週刊朝日』の林真理子との対談で、「『週刊サンケイ』を東京駅の売店で買った」までは『すばらしき仲間』での話と同じなのだが、その後、岡田社長ではなく、すぐに俊藤のところに行って原作を渡し「絶対読んで下さいと念を押し、翌日、俊藤が『あれ、おもしろいな』というので、菅原が『おもしろいじゃなくておれにやらせて下さい』と頼み、俊藤が日下部五朗をすぐに呼んで、日下部に『おい、この原作取らんかあ』と命じて、日下部が『わかりました』と言い、そこからスタートとした」「いろんな説が飛びかっていて、『俺がやった』というのが3人も4人もいるんだけど、本人が言うんだから間違いない」などと主張している。菅原が2014年11月に亡くなった際に『仁義なき戦い』が菅原の持ち込み企画のような報道が多数なされたが、前述の『すばらしき仲間』での、菅原と俊藤のやりとりでは、俊藤から"菅原からの映画化の話は聞いてない"と言われている上、31年も経って持ち込んだ相手も記憶がごちゃ混ぜになっており、菅原からの企画持ち込み説は誤りである。前述のように岡田社長は著書や立松和平とのインタビューで「『週刊サンケイ』の小野田政編集長が美能の獄中記を持ち込んできて、すぐ映画化を頼んだ」、矢村隆「週刊サンケイ」編集部次長(当時)は、飯干は美能の手記の入手(1971年暮)と同時に、日下部に相談したと証言しており、菅原が「週刊サンケイ」の連載を読んで会社に企画を持ち込んだという話は遅過ぎる。根本的に当初予定されていた主演は渡哲也であり、代役の、それもまだ実績のない菅原が会社に企画を持ち込んだからといって映画化が決まるような題材ではないのではないかと思われる。菅原は先の『週刊朝日』の対談で他に「そのあと3日ぐらいして、東宝が映画化の権利を取りに行ったという話を聞いた。真実かどうか確認できないけど、一歩俺のほうが早かったんだ。東宝は佐藤允で『仁義なき戦い』をやろうとしてたらしいよ」「敵の撮影所でありながら彼とも知り合いで、彼がやったらそれはそれでおもしろかったろうね」などと話している。日下部は米原尚志とのインタビューで、飯干宅で『仁義なき戦い』の原稿を見たのだが、すぐ企画を進めた訳ではなく、「麻薬Gメンの話が潰れて『仁義なき戦い』の原稿のことを思い出した。そのときはすでに『週刊サンケイ』の連載が始まっていた」と証言している。これまで日下部が「週刊サンケイ」の連載よりも半年、或いは一年も前に飯干宅で美能の手記を見たというから、その後『仁義なき戦い』の企画を水面下で進めていたものと思い込んでいた、或いはそう書かれた文献が多いようであるが、先の日下部の証言通り、美能の手記を見ただけで企画を進めていなかったのならば、岡田ー日下部ラインで企画はスタートさせていたが、題材が題材だけに思うように進んでいなかったのかもしれない。仁義なき戦い フレッシュアイペディアより)

  • スチャラカ社員

    スチャラカ社員から見た富司純子富司純子

    後の映画スター・藤純子(現・富司純子)の実質的なデビュー作であり、長門勇や白木みのるの出世作でもある。白木みのるについては、裏番組のうめだ花月中継(毎日放送)に出演中は当番組には出演できないとされたため、出演は限定的なものになっている。スチャラカ社員 フレッシュアイペディアより)

  • 第61回NHK紅白歌合戦

    第61回NHK紅白歌合戦から見た富司純子富司純子

    川中美幸の歌唱直前のMC時には、自身も出演しているこの年下期の連続テレビ小説『てっぱん』の出演者である瀧本美織、富司純子、赤井英和が応援メッセージを贈った。歌唱時にはバックダンサーが『てっぱん』のオープニングにおける「てっぱんダンス」を踊っていた。第61回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 3時のあなた

    3時のあなたから見た富司純子富司純子

    1970年代以降、森光子・寺島純子が司会に参加するようになってからは、前田忠明、東海林のり子、福岡翼ら個性の強いレポーター陣を配してのスキャンダル中心の芸能・凶悪事件レポートが主な内容となった。3時のあなた フレッシュアイペディアより)

  • ドリームメーカー

    ドリームメーカーから見た富司純子富司純子

    富司純子(マサトの母 杉浦芳江役)ドリームメーカー フレッシュアイペディアより)

  • 寺島純子

    寺島純子から見た富司純子富司純子

    寺島純子 フレッシュアイペディアより)

  • 冨司純子

    冨司純子から見た富司純子富司純子

    冨司純子 フレッシュアイペディアより)

144件中 11 - 20件表示

「富司純子」のニューストピックワード