144件中 31 - 40件表示
  • 藤宏子

    藤宏子から見た藤純子富司純子

    北海道小樽市生まれ。1969年、準ミス日本になり、和服モデルとなる。1972年、東映にスカウトされ、ポスト藤純子として藤浩子の名で映画デビュー。映画やTVドラマで活躍した後、79年、芸名を藤宏子とする。藤宏子 フレッシュアイペディアより)

  • 徳川おんな絵巻 (テレビドラマ)

    徳川おんな絵巻 (テレビドラマ)から見た藤純子富司純子

    キャスト:藤純子(お春の方)、大出俊(徳川宗春)、高橋昌也(徳川吉宗)、山岸映子(おふく)、河内桃子(お勢津の方)、荒木道子(藤浪)、阿井美千子、内田朝雄(加納遠江守)、千葉敏郎(薮田助八)、高須賀夫至子(宗春の正室)、高原駿雄(千崎新平)、Wけんじ?東けんじ・宮城けんじ(職人)、森健二(海老屋宗十郎) 、野村昭子(宗十郎の女房)、加藤和夫(竹腰山城守)、原聖四郎(松平安芸守)、中村錦司(成瀬隼人正)、嵐冠十郎(幇間)、波多野博(同心)、須賀不二男(田宮図書)、小田真士(松平大学頭)、小山田良樹(松平播磨守)、杉村春子(語り)徳川おんな絵巻 (テレビドラマ) フレッシュアイペディアより)

  • 大坂城の女

    大坂城の女から見た藤純子富司純子

    2,3回で1話完結を基本としたオムニバス構成。歴史上で著名な人物だけではなく、雑兵の妻、くノ一などが登場。代表的なキャストには、豊臣秀吉に進藤英太郎、淀君に木暮実千代、京極竜子に藤純子、細川ガラシャに八千草薫など。ナレーションは岸田今日子。大坂城の女 フレッシュアイペディアより)

  • マイライフ (雑誌)

    マイライフ (雑誌)から見た富司純子富司純子

    創刊当初の表紙は、マトリックス状に複数の写真が組み合わされていたが、1967年(昭和42年)6月に発行された第2巻第6号に渡辺裕代が起用されて以降、他の婦人雑誌同様に、女優等のモデルが表紙を飾るようになる。おもな表紙モデルは、愛京子(第2巻第8号)、左幸子・羽仁未央(第2巻第9号)、樫山文枝(第2巻第10号)、藤純子(富司純子、第2巻第11号)、安田伸・竹腰美代子夫妻(第2巻第12号)、大空真弓(第3巻第1号)、松尾嘉代(第3巻第8号)、松原智恵子(第3巻第9号)、芳村真理(第3巻第10号)、森田敏子(第3巻第11号)、浅丘ルリ子(第3巻第12号)、長谷川稀世(第4巻第1号)、加賀まりこ(第4巻第2号)、奈美悦子(第4巻第3号)、尾崎奈々(第4巻第4号)、十朱幸代(第4巻第5号)、生田悦子(第4巻第6号)、高橋紀子(第4巻第11号)、樫山文枝(第4巻第12号)ほか。マイライフ (雑誌) フレッシュアイペディアより)

  • 大和久守正

    大和久守正から見た富司純子富司純子

    『緋牡丹博徒 お命戴きます』 : 企画俊藤浩滋・日下部五朗、監督加藤泰、主演藤純子、製作東映京都撮影所、配給東映、1971年6月1日公開 - 鈴木則文・加藤泰とともに脚本、93分の原版が現存・2011年東映ビデオがDVD発売大和久守正 フレッシュアイペディアより)

  • プログラムピクチャー

    プログラムピクチャーから見た富司純子富司純子

    日本映画を長く牽引したのは、嵐寛寿郎「鞍馬天狗」、市川右太衛門「旗本退屈男」、片岡千恵蔵「いれずみ判官」、長谷川一夫「銭形平次 捕物控」、小林旭「渡り鳥」、高倉健「網走番外地」、藤純子「緋牡丹博徒」のように大ヒットでなくても確実に収益が期待できる人気スターのシリーズ物であって、その収益で他の野心作や大作を製作していたことである。プログラムピクチャー フレッシュアイペディアより)

  • 新吾十番勝負

    新吾十番勝負から見た富司純子富司純子

    お夏:藤純子(現・富司純子新吾十番勝負 フレッシュアイペディアより)

  • 結婚泥棒

    結婚泥棒から見た富司純子富司純子

    辻川小夜子:富司純子 結婚泥棒 フレッシュアイペディアより)

  • 女性捜査官アイキャッチャー

    女性捜査官アイキャッチャーから見た冨司純子富司純子

    三浦幸子:冨司純子 百合子の母。家庭を捨てて男と暮らしていたが、人生をやり直すべく百合子のもとに寄寓している。気丈だが苦労人で包容力のある人物。女性捜査官アイキャッチャー フレッシュアイペディアより)

  • 加藤泰

    加藤泰から見た藤純子富司純子

    その創作活動は1967年から1970年にピークを迎え、藤純子主演の『緋牡丹博徒シリーズ』では、シリーズ中屈指の傑作である『緋牡丹博徒 お竜参上』など3本を監督し、安藤昇を主演に迎え『男の顔は履歴書』や『懲役十八年』などのアクション映画を成功させ、大映の任侠スターだった江波杏子を東映に迎えて一種異様な怨念に彩られた復讐物語『昭和おんな博徒』を手掛けた、更に野村芳太郎、山田洋次ら松竹の映画監督たちとの交流から、佐藤允が復讐の連続殺人鬼を演じる異色サスペンス『みな殺しの霊歌』を監督した。加藤泰 フレッシュアイペディアより)

144件中 31 - 40件表示

「富司純子」のニューストピックワード