116件中 41 - 50件表示
  • 加藤泰

    加藤泰から見た藤純子富司純子

    その創作活動は1967年から1970年にピークを迎え、藤純子主演の『緋牡丹博徒』ではシリーズ中屈指の傑作である『お竜参上』を監督し、安藤昇を主演に迎え『男の顔は履歴書』や『懲役十八年』などのアクション映画を成功させ、大映の任侠スターだった江波杏子を東映に迎えて一種異様な怨念に彩られた復讐物語『昭和おんな博徒』を手掛けた、更に野村芳太郎、山田洋次ら松竹の映画監督たちとの交流から、佐藤允が復讐の連続殺人鬼を演じる異色サスペンス『みな殺しの霊歌』を監督した。加藤泰 フレッシュアイペディアより)

  • 別府3億円保険金殺人事件

    別府3億円保険金殺人事件から見た寺島純子富司純子

    12月11日、Aはワイドショー番組「3時のあなた」に生出演。背景には死亡した3人の大きな写真が飾られたセットで、司会者の寺島純子、ゲストの作家戸川昌子や大谷羊太郎を相手にAは身の潔白を主張するも、ゲストの発言にAは激怒し、席を蹴って退場した。この番組収録終了後の同日午後5時40分にテレビ局裏でAは殺人罪容疑で逮捕された。別府3億円保険金殺人事件 フレッシュアイペディアより)

  • 松平純子

    松平純子から見た藤純子富司純子

    栃木県塩谷郡塩谷町生まれ。1971年に矢板中央高校卒業。東映のプロデューサー俊藤浩滋にスカウトされ1972年に東映入社。演技修行のため京都の演劇塾長田学舎(おさだがくしゃ)に入所し、演技力を身につける。藤純子に代わるスターと期待され1975年まで東映の映画に出演。また、1974年には「女はぐれ鳥」で歌手デビューもしている。松平純子 フレッシュアイペディアより)

  • 素敵なあの人

    素敵なあの人から見た富司純子富司純子

    寺島純子(現・富司純子、1983年4月 - 1985年6月)素敵なあの人 フレッシュアイペディアより)

  • ドリームメーカー

    ドリームメーカーから見た富司純子富司純子

    富司純子(マサトの母 杉浦芳江役)ドリームメーカー フレッシュアイペディアより)

  • 博奕打ち 総長賭博

    博奕打ち 総長賭博から見た富司純子富司純子

    この作品の後、山下は藤純子主演、鈴木則文ら脚本『緋牡丹博徒』シリーズ(1968年〜)においても、高度な芸術性を発揮した。笠原は藤純子引退記念『関東緋桜一家』(1972年)などを経て『仁義なき戦い』へと至り、ヤクザ映画に「実録路線」という新風を吹き込む事となる。鶴田はトップの座こそ高倉健らに譲るが、日本映画界の大スターとして晩年まで映画、ドラマに多数出演した。博奕打ち 総長賭博 フレッシュアイペディアより)

  • 俊藤浩滋

    俊藤浩滋から見た富司純子富司純子

    娘は富司純子。孫は寺島しのぶ・五代目 尾上菊之助。上羽秀は長年の同棲相手であり、後妻にあたる。俊藤浩滋 フレッシュアイペディアより)

  • 鹿児島県立出水高等学校

    鹿児島県立出水高等学校から見た藤純子富司純子

    山下耕作 - 映画監督(東映)、緋牡丹博徒シリーズ(藤純子主演)など鹿児島県立出水高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • スター爆笑Q&A

    スター爆笑Q&Aから見た富司純子富司純子

    「スターの両親当てクイズ」で邦子が答えを間違えたと気づき、邦子と文珍は耳打ちで答えを確認し合ったが、きよしが「所ジョージのお父さんや…」と言ってしまった。邦子が「それが次の問題の(答え)なんですよ」と言い、その後の問題(母親当て)で解答者はわざと間違えた。後に富司純子が笑いをこらえきれなくなり、野沢直子が「まさか、富司さんがボケるとは…」と言ったが、正解を答えた。スター爆笑Q&A フレッシュアイペディアより)

  • ナショナルゴールデン劇場

    ナショナルゴールデン劇場から見た藤純子富司純子

    蘭子ひとり(1966年8月 - 9月放送、原作:三浦哲郎、出演:藤純子他)ナショナルゴールデン劇場 フレッシュアイペディアより)

116件中 41 - 50件表示

「富司純子」のニューストピックワード