144件中 71 - 80件表示
  • わが家の歴史

    わが家の歴史から見た富司純子富司純子

    八女マキ(母) - 富司純子わが家の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 多田憲之

    多田憲之から見た藤純子富司純子

    就職活動をしている時、既に精密機械関係の会社から内定をもらっていたが、まだ決まっていなかった友人のために一緒に就職部に行くと目立つカラーの募集が掲示されており、それが東映だった。学生時代から東映の任侠映画などを観ていて映画大好きで、藤純子や高倉健に会えるかも知れないと思い東映を受けた。多田憲之 フレッシュアイペディアより)

  • 東映ポルノ

    東映ポルノから見た富司純子富司純子

    当時ピンク映画が、表立って宣伝もしないのに隆盛を極め、ソロバンをはじいてみると松竹の年間配給よりも総体で上回ることが分かり今度は懐刀の天尾完次プロデューサーを呼び「ピンク映画だけに儲けさせることはないぞ。こっちにはお得意の時代劇の衣装がある。あれを行かそう、大手の東映が豪華なエロ時代劇を作ろう。天尾、おまえやれ」「おれが石井輝男に撮らせる。おまえは、ピンク女優をかき集めてこい。裸でいくんじゃ」と指示を出した。これが実質的な「東映ポルノ」のスタートとなる。当時は大蔵映画、国映などの独立プロがこうしたエロ映画を製作していて大手五社が手を染めることは大きな抵抗感があったが、岡田は易々と一線を越えていく。岡田の指揮するエロ路線のうち、色の濃くないグロのつかない方を翁長孝雄プロデューサーが、グロの強い方を天尾完次プロデューサーが担当した。岡田が指示した好色路線としてのスタートは山田風太郎原作の映画化で、エロ忍者映画『忍びの卍』(鈴木則文監督、1968年)だったのだがこれも東映の女優が脱がなかった為に興行的に失敗した。東映専属の女優はなかなか脱いでくれなかった。この反省から好色路線をエスカレートさせ石井に作らせたのが1968年の豪華絢爛たる色欲大絵巻『徳川女系図』であった。本作はメジャー映画会社として初の成人指定映画で、本作の企画もタイトルも岡田の考案によるものでこの作品からノースターでピンク女優を大量投入、実質的な「エロ映画路線」は本作からであった。岡田はこれらを当初「刺激性路線」とネーミングしていた。石井は当時『網走番外地』という高倉健主演の超人気シリーズを手掛けていたが、もう飽き飽きしていて「何か別の事をやりたい」と岡田の要請に応えた。石井の"異常性愛路線"は、撮影所を冒涜したと助監督らが声明文を発する事態となってマスコミからのバッシングに遭い大きな論争を巻き起こした。岡田はこれに反論し「体制打破ということだ。昔、存在したようなファンは、今はテレビにかじりついている。だから、昔のファンに受けたような旧体制の映画を作っていたのでは、現代の映画観客をつなぎ止めることはでけんわ」と一蹴した。『徳川女系図』は1968年のゴールデンウィークのメイン映画として封切られたことでピンク映画界を震撼させた。しかし結果的に話題にもなり奇跡の大ヒットを記録、3000万円の製作費でたちまち一億円以上稼いだといわれる。『徳川女系図』ははタイトルに付いていないが「マルシリーズ」第四弾だったという見方もあり本来、岡田が目指した「大奥もの」の完成形はここにあったが、この路線は映画史の裏街道を歩む。石井は岡田の意図を大胆に表現、ヌード、セックスだけでなく、拷問、処刑等、グロテスクな描写を取り入れ、その後も「異常性愛路線」としてエログロをエスカレートさせていく。同年9月28日公開の『徳川女刑罰史』は、冒頭から首が飛ぶ!胴を斬る!衝撃の三段斬り!が展開される東映初の「SM映画」で、東の団鬼六、西の辻村隆といわれたSM界の巨匠が緊縛指導に付いて、地獄絵図そのままに、サディズムの極限を追求して徳川女刑罰十四種が繰り広げられる、その見世物性たるや今どきのSMビデオにも劣らない。清純派として売り出したはずの橘ますみが"空中海老吊り"にされ、水をかけられ悲鳴を上げ撮影が中断する凄惨な現場だったといわれる。映画評論家の佐藤忠男が『キネマ旬報』に本作を「日本映画の最低線への警告」と題して「エロ・グロと人格的侮辱のイメージを羅列していける神経にほとんど嘔吐感が込み上げる」「ピンク映画専門のプロダクションが作る映画でもここまで愚劣でない」などと酷評した。「大高宏雄は商業主義的な製作の姿勢は、企業映画だから会社内外で容認できるとして、そこからさらに逸脱した超=商業主義とでも言いたい製作の恐るべき発展形がそこにあった」と評している。『徳川女刑罰史』は、B級スターのみの出演にも関わらず、1968年の年間配給収入ベストテンにランクされ同じ東映で鶴田浩二や高倉健、藤純子ら出演の任侠映画『人生劇場 飛車角と吉良常』(内田吐夢監督)を上回るコストパフォーマンスの高さだった。1969年の『徳川いれずみ師 責め地獄』では、由美てる子が逆さ片足吊りで一日中吊るされるなどの異常な撮影で失踪した(代役が片山由美子)。同年の『江戸川乱歩全集 恐怖奇形人間』は興行で惨敗し「異常性愛路線」も惨めな終了を迎えた。しかし1980年代に入り、アメリカから「カルト映画」の概念が入って来て復活、リアルタイムを知らない新しい映画ファンの間で口コミで評判が広がり、以後20年に渡って名画座の定番作品となった。『江戸川乱歩全集 恐怖奇形人間』は日本映画をカルトな視点から観るその先駆けといわれる。東映ポルノ フレッシュアイペディアより)

  • 文芸社

    文芸社から見た冨司純子富司純子

    2008年「長男の結婚 〜花嫁はバツイチ!年上!子持ち!?〜」(出演:冨司純子・中島知子・石垣佑磨・石橋蓮司)文芸社 フレッシュアイペディアより)

  • 源義経 (NHK大河ドラマ)

    源義経 (NHK大河ドラマ)から見た富司純子富司純子

    菊之助と静御前を演じた藤純子は、このドラマの共演が縁で後に結婚した。源義経 (NHK大河ドラマ) フレッシュアイペディアより)

  • 実録シリーズ

    実録シリーズから見た富司純子富司純子

    こうした「実録」という呼称は、イタリアのマフィアの実態を克明に描写した1972年の『バラキ』あたりから用いられるようになった、と書かれた文献もあるが、『バラキ』と『仁義なき戦い』第一作の公開は1ヵ月しか違わず、『キネマ旬報』1972年11月下旬号の『バラキ』の特集でも「実録」という言葉は使われていない。1972年7月に『ゴッドファーザー』が日本で公開されて間もなく、東映の岡田茂社長が「『ゴッドファーザー』は、東映任侠映画を大掛かりにしただけの作品。事実を避けて通らず、克明に描いたところに大衆を引きつける魅力がある。便乗企画といわれればそれまでだが、東映でも日本版マフィア映画を作るべきだ」と指示し、"和製ゴッドファーザー"として『仁義なき戦い』の製作を決定した。これが日本の「実録ヤクザ映画」の実質的なスタートであるが、『キネマ旬報』1972年9月下旬号の「世界の映画作家」という記事で岡田は「時代の動きに応じて変わっていくが1972年の今求められているのは"実話性"の強いものではないか。『ゴッドファーザ』にしてもしかり。私は"実態映画"という名で呼ぶが、こういうものはスターシステムとは別の魅力が発揮される。東映でもこうした"実態映画"を大作の構えで作っていきたい。小さな作品にしたのでは魅力はない。同じやくざものでも『博奕打ち外伝』のような作品はスターを並べた伝統的なものとして今後もつくり、一方で『仁義なき戦い』のようなものを大がかりに撮って行きたい。政界を題材にするのもいい、警察内部の実態でもいい、週刊誌で話題になるバーの内部も面白いだろう。これなどは新しい形の"女性映画"になりうると思う」などと話し、この時点で、この後展開される「東映実録路線」のコンセプトを既に着想しており、「任侠映画」から「実録映画」への転換を構想していた。1972年春の看板スター・藤純子の引退で、「任侠映画」に翳りが見え、路線転換に悩んでいた岡田が暗中模索の中で閃いたのが「実録路線」「実録シリーズ」であった。このインタビューでは岡田は"実録"という言葉は使っていないが、1972年9月1日に東映が笠原和夫に『仁義なき戦い』の脚本執筆を依頼したとき、笠原は「"実録"という言葉を初めて聞いた。それで会社はいよいよロッセリーニをやるのかと思った」と話しており、『ゴッドファーザー』が日本で公開された1972年7月から間もない同年夏の時点で、東映の関係者は"実録"という言葉を使っていたと考えられる。用語として定着するのは1971年11月21日に東映本社で『仁義なき戦い』の製作発表が行われ、"実録映画路線"の第一弾として発表してからで、「従来の任侠映画的なヤクザを美化したものでなく、実録の持つ迫力をドキュメンタリー・タッチのドラマとして、ヤクザの裏面を衝撃的に描く」と説明した。1972年の暮れから『仁義なき戦い』第一作の公開が近づくにつれ、何枚もの宣伝ポスター、アド(広告)などを製作して、新聞に掲載したり、劇場内に次回作告知として貼り付けたが、このポスターなどに、"実録シリーズ第一弾"、"日本の実録超大作"などと惹句(キャッチコピー)を入れて盛んに煽った。実録ものは、覗き見趣味的な効果もあり、異様なパワーを持って観客に新鮮な感覚を与えた。実録シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 清川虹子

    清川虹子から見た藤純子富司純子

    1960年代後半からは藤純子主演の『緋牡丹博徒シリーズ』、若山富三郎主演の『極道シリーズ』などに助演して東映の仁侠映画で活躍。清川虹子 フレッシュアイペディアより)

  • 山口百恵

    山口百恵から見た冨司純子富司純子

    2011年、母の日にちなんで2011年度「母が選ぶ理想の母」のアンケートで1位となった(2位は岡江久美子、3位は冨司純子)。山口百恵 フレッシュアイペディアより)

  • この人○○ショー

    この人○○ショーから見た富司純子富司純子

    6月2日「この人鶴田浩二ショー」(司会:山川静夫、ゲスト:寺島純子・山田太一・木村梢)この人○○ショー フレッシュアイペディアより)

  • ヤクザ映画

    ヤクザ映画から見た富司純子富司純子

    任侠路線は義理と人情に絡んだ人間模様を描き、『人生劇場 飛車角』シリーズに始まって、『日本侠客伝』、『網走番外地』、『昭和残侠伝』、『兄弟仁義』、『博徒』、『博奕打ち』、『緋牡丹博徒』、『日本女侠伝』、の各シリーズで頂点を迎えた。俳優は鶴田浩二・高倉健・藤純子・北島三郎が主役になり、池部良・若山富三郎・田中邦衛・待田京介・丹波哲郎・嵐寛寿郎・安部徹・松方弘樹・梅宮辰夫、大原麗子・三田佳子・佐久間良子が脇を添えた。マキノ雅弘・佐伯清・加藤泰・小沢茂弘・石井輝男・山下耕作がメガホンを取った。任侠路線は当時、サラリーマン・職人から本業のヤクザ・学生運動の闘士たちにまで人気があり、「一日の運動が終わると映画館に直行し、映画に喝さいを送った」という学生もいた。『博奕打ち』シリーズ第4作『博奕打ち 総長賭博』は三島由紀夫に絶賛された。ヤクザ映画 フレッシュアイペディアより)

144件中 71 - 80件表示

「富司純子」のニューストピックワード