144件中 81 - 90件表示
  • 鈴木則文

    鈴木則文から見た富司純子富司純子

    1968年 - 藤純子主演のシリーズ第1作『緋牡丹博徒』で脚本を執筆。鈴木則文 フレッシュアイペディアより)

  • 青春の門

    青春の門から見た富司純子富司純子

    東宝版の自立編公開から2年経った1979年10月になって、東宝の前二作に不満を持つ五木寛之が、東宝で製作されなかった第3部「放浪篇」を東映での製作を希望し、五木と岡田茂東映社長とで話し合いが持たれ、シリーズものでは異例の他社移行が決まった。岡田は「五木氏は『青春の門』はライフワークだといっており、映画化にも強い関心を寄せている。今回東映での製作希望があったのでウチでやることになった。前二作に負けない魅力あるスタッフ、キャストで質的にもすぐれた娯楽作品を作りたい。主人公の信介、織江役を東宝作品とは違う若手スターの起用を考えている。脚本には笠原和夫を予定。1981年の正月公開を予定している」などと話した。このとき五木の希望通り、第3部「放浪篇」を製作すれば良かったのだが、東映は改めて第1部から第3部までを一本にまとめて製作することで両者が了解点に達した。前作からまだ数年しか経っておらずリメイクには早過ぎ、これがまたも第3部は作られないという運命を辿る。高岩淡企画製作部長は「『人生劇場』だって何本も作られているし、全く新しい東映調の『青春の門』を作り上げる。元々、五木さんは高倉健と藤純子をイメージして小説を書かれたそうだし、そうした意味からも東映で製作されてしかるべきものなのだ。もちろん二人には出演依頼をするつもりでいる」と話した。青春の門 フレッシュアイペディアより)

  • 東京スポーツ映画大賞

    東京スポーツ映画大賞から見た富司純子富司純子

    助演女優賞:富司純子『フラガール』東京スポーツ映画大賞 フレッシュアイペディアより)

  • やくざと抗争

    やくざと抗争から見た富司純子富司純子

    安藤組が誕生するまでのいきさつを実録的に描く、安藤の自伝といわれる作品。映画公開時はまだ『週刊アサヒ芸能』で『極道一代 やくざと抗争』というタイトルで連載中であった。映画はしばらくストック作品になっていたが、1972年9月29日に公開されると、予期せぬヒットを記録。これを見た岡田茂東映社長が、続編の製作を命じ、『やくざと抗争 実録安藤組』というタイトルを付けた。『やくざと抗争 実録安藤組』は、1973年1月13日に公開された『仁義なき戦い』に続く新路線「実録任侠」「実録路線」第二弾として公開されヒットした。1972年春の看板スター・藤純子の引退で、任侠映画に翳りが見え、路線転換に悩んでいた岡田が暗中模索の中で閃いたのが「実録路線」「実録シリーズ」であった。以降、東映は実録映画を量産した。本作は東映の「実録路線」「実録シリーズ」誕生に貢献した。やくざと抗争 フレッシュアイペディアより)

  • エランドール賞

    エランドール賞から見た藤純子富司純子

    新人賞 - 江波杏子、藤純子、内藤洋子、小川眞由美、竹脇無我、渡哲也エランドール賞 フレッシュアイペディアより)

  • あゝ決戦航空隊

    あゝ決戦航空隊から見た富司純子富司純子

    また鶴田の妻役として藤純子を本作で映画界に復帰させようと山下監督らが富司と嵐山吉兆で極秘に会い出演交渉を行った。藤は1972年に結婚により一応の引退をし、梨園の妻のままなら東映も復帰を要請することはなかったが、自身の作品が場末にかかるとお忍びで観に行っていると映画に未練たっぷりという情報をつかんでいた。またこの年『3時のあなた』(フジテレビ)の司会で芸能界に復帰すると同番組も当初は好視聴率を取り、"お竜健在"をまざまざと見せつけられ、東映が映画界復帰を画策した。しかし『3時のあなた』の司会を引き受けたときの記者会見で「映画出演は絶対にあり得ません」と強く否定した矢先に、これもスポニチが会談中の証拠写真をスクープ記事として掲載した。藤は「会社が記者と結託して仕掛けたワナ」と激怒し出演はならなかった。あゝ決戦航空隊 フレッシュアイペディアより)

  • 博奕打ち 総長賭博

    博奕打ち 総長賭博から見た富司純子富司純子

    この作品の後、山下は藤純子主演、鈴木則文ら脚本『緋牡丹博徒シリーズ』(1968年〜)においても、高度な芸術性を発揮した。笠原は『純子引退記念映画 関東緋桜一家』(1972年)などを経て『仁義なき戦い』へと至り、ヤクザ映画に「実録路線」という新風を吹き込む事となる。鶴田はトップの座こそ高倉健らに譲るが、日本映画界の大スターとして晩年まで映画、ドラマに多数出演した。博奕打ち 総長賭博 フレッシュアイペディアより)

  • 岡田茂 (東映)

    岡田茂 (東映)から見た富司純子富司純子

    藤純子の当たり役となった『緋牡丹博徒』(1968年)も岡田の企画。岡田茂 (東映) フレッシュアイペディアより)

  • 別府3億円保険金殺人事件

    別府3億円保険金殺人事件から見た富司純子富司純子

    12月11日、男はフジテレビ制作のワイドショー番組『3時のあなた』に生出演。背景には死亡した3人の大きな写真が飾られたスタジオセットで、司会者の寺島純子、ゲストの作家戸川昌子や大谷羊太郎を相手に男は身の潔白を主張するも、ゲストの発言に男は激怒し、席を蹴って退場した。この番組生放送終了後の同日午後5時40分にテレビ局裏で男は殺人罪容疑で逮捕された。別府3億円保険金殺人事件 フレッシュアイペディアより)

  • 毎日映画コンクール

    毎日映画コンクールから見た富司純子富司純子

    女優演技賞 藤純子『緋牡丹博徒 お命戴きます』毎日映画コンクール フレッシュアイペディアより)

144件中 81 - 90件表示

「富司純子」のニューストピックワード