116件中 81 - 90件表示
  • 佐久間 良子

    佐久間良子から見た富司純子富司純子

    1960年代後半に入り、東映はヤクザ映画とポルノ路線を推し進め、ヤクザ映画の藤純子に東映のトップ女優の座を譲り、以後、映画出演は激減した。当時、出演が決まりながら流れた企画映画に「ロバータ、さあ歩きましょう」「石狩平野」等がある。1968年には他社主演映画の松竹「わが闘争」で、初の役柄でもあるヒロイン堤玲子を演じた。同年、「雪夫人絵図」で官能のヒロイン雪を演ずるが、文芸作品は、ヤクザとエロ全盛の東映カラーに合わないとしてお蔵入りとなった(1975年に日活系で公開)。また、翌年出演した小幡欣治原作「あかさたな」の映画化は東映の興業に合わせて、「ど助平一代」と、女優としては口にするのもはばかるような題名で公開される等、一流女優として磨きのかかった佐久間と東映路線との距離は離れていった。佐久間良子 フレッシュアイペディアより)

  • 日本暗殺秘録

    日本暗殺秘録から見た富司純子富司純子

    主演の暗殺犯・小沼正に千葉真一。同時期にテレビドラマ『キイハンター』で主演していた役柄と、正反対の人物である小沼の悲哀を丁寧に演じている。小沼を導く血盟団の指導者で日蓮宗の僧侶・井上日召に片岡千恵蔵、革命を唱える大日本帝国海軍の軍人・藤井斉に田宮二郎、小沼の再就職先の従業員・たか子に藤純子らを配して、脇を固めている。クレジットタイトルのトップは片岡、2番目に千葉となっており、田宮は五社協定による大映解雇・映画界追放後、本作で映画界復帰を果たした。日本暗殺秘録 フレッシュアイペディアより)

  • フジテレビ30年史

    フジテレビ30年史から見た富司純子富司純子

    寺島純子(現・富司純子フジテレビ30年史 フレッシュアイペディアより)

  • 尾美 としのり

    尾美としのりから見た富司純子富司純子

    阿部寛とは『結婚できない男』以前に、『アットホーム・ダッド』、『逃亡者 RUNAWAY』で共演している。『あんどーなつ』では風吹ジュンとデビュー作『火の鳥』以来の共演。岸部一徳、小林聡美とは『神はサイコロを振らない』で再共演。NHK連続ドラマ『てっぱん』では尾道の住職役で出演。大林映画、尾道三部作に関連のある共演者富司純子、森田直幸、また「さびしんぼう」のロケ地、西願寺が登場した。尾美としのり フレッシュアイペディアより)

  • 高田浩吉

    高田浩吉から見た藤純子富司純子

    ビートたけしのお笑いウルトラクイズにて複数の女優がスタジオゲストとして呼ばれた際、たけしが「芸能界でカツラを使用している人は誰?」とアドリブでクイズを出し、ほとんどの女優が話をはぐらかす中、ゲストの一人藤純子はフリップに堂々と「高田浩吉」と書き、ビートたけしが涙を流して大笑いするも、藤は「真面目に書いたのになぜそんなに笑うの?」と不思議がっていた。高田浩吉 フレッシュアイペディアより)

  • ゲゲゲの女房

    ゲゲゲの女房から見た富司純子富司純子

    出演:瀧本美織、安田成美、遠藤憲一(9月13日-24日)。瀧本、富司純子、松尾諭、前田航基、神戸浩、長田成哉(おさだ せいや)、松田悟志、趙珉和(ちょう たみやす)、赤井英和、川中美幸、柏原収史(9月25日)ゲゲゲの女房 フレッシュアイペディアより)

  • 堀越陽子

    堀越陽子から見た富司純子富司純子

    「ポスト藤純子」として期待され、本名の堀越光恵名義で『東京-ソウル-バンコック 実録麻薬地帯』、『仁義なき戦い 代理戦争』などに出演後、1974年(昭和49年)の『学生やくざ』から芸名を堀越陽子と改名。山下タダシ主演の『ザ・カラテ』シリーズで活躍。1976年(昭和51年)以降は以降はテレビドラマに活動の比重を移し、様々なジャンルの作品で活躍した。堀越陽子 フレッシュアイペディアより)

  • あ・うん

    あ・うんから見た富司純子富司純子

    1989年11月3日に東宝映画とフィルム・フェイス製作、東宝系にて公開。カラー、ビスタビジョンサイズ。監督は降旗康男。主演は高倉健。富司純子や板東英二、宮本信子、富田靖子、真木蔵人らが脇を固め上品で感動的で温かい作品に仕上がっている。NHKドラマのパート1までを一つにまとめたストーリーになっている。あ・うん フレッシュアイペディアより)

  • 博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜

    博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜から見た富司純子富司純子

    申し訳なさそうに値段を言うトーカ堂の北社長(華丸)と、控えめなコメントをする藤岡弘、(Gたかし)と寺島純子(藤田)博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜 フレッシュアイペディアより)

  • ヤクザ映画

    ヤクザ映画から見た藤純子富司純子

    任侠路線は義理と人情に絡んだ人間模様を描き、『人生劇場』シリーズに始まって、『博奕打ち』、『網走番外地』、『昭和残侠伝』、『日本侠客伝』、『子守唄』、『緋牡丹博徒』の各シリーズで頂点を迎えた。俳優は鶴田浩二・高倉健・若山富三郎・千葉真一・藤純子・北島三郎・村田英雄らが主役になり、嵐寛寿郎・河津清三郎・水島道太郎・池部良・丹波哲郎・菅原文太・安部徹・待田京介・長門裕之・藤山寛美・大木実・天知茂・宮園純子・内田朝雄・天津敏・渡辺文雄・曽根晴美・遠藤辰雄・山本麟一らが脇を添えた。マキノ雅弘・佐伯清・小沢茂弘・石井輝男・山下耕作・鷹森立一らがメガホンを取った。任侠路線は当時、サラリーマン・職人から本業のヤクザ・学生運動の闘士たちにまで人気があり、「一日の運動が終わると映画館に直行し、映画に喝さいを送った」という学生もいた。『博奕打ち』シリーズ第4作『博奕打ち 総長賭博』は三島由紀夫に絶賛された。ヤクザ映画 フレッシュアイペディアより)

116件中 81 - 90件表示

「富司純子」のニューストピックワード