75件中 41 - 50件表示
  • 富司純子

    富司純子から見た詩城の旅びと

    詩城の旅びと (1989年、NHKドラマ10) - たか子・トリオレ富司純子 フレッシュアイペディアより)

  • 富司純子

    富司純子から見たスチャラカ社員

    1963年(昭和38年)、父・俊藤浩滋の勤務先である東映京都撮影所に見学に行ったところをマキノ雅弘にスカウトされ、藤 純子の芸名をもらい、『八州遊侠伝 男の盃』で千葉真一の恋人役でデビュー。同年、朝日放送テレビのコメディー『スチャラカ社員』の若い女給役で出演。富司純子 フレッシュアイペディアより)

  • 富司純子

    富司純子から見た大阪市立本庄中学校

    5歳の時に大阪市へ移り、7歳から日本舞踊を習う。大阪市立本庄中学校卒業。富司純子 フレッシュアイペディアより)

  • 富司純子

    富司純子から見たナンパ

    父・俊藤浩滋の存在もあり、共演女優にすぐに手を出す梅宮辰夫・山城新伍らが富司と共演してもナンパできず、山城は「東映の女優で、手を出せないのは彼女だけだった」と『いつみても波瀾万丈』で出演時に語っている。富司純子 フレッシュアイペディアより)

  • 富司純子

    富司純子から見た日本

    富司 純子(ふじ すみこ、1945年12月1日 - )は、日本の女優・司会者。血液型O型。和歌山県御坊市出身。富司純子 フレッシュアイペディアより)

  • 富司純子

    富司純子から見たフラガール

    フラガール (2006年) - 谷川千代富司純子 フレッシュアイペディアより)

  • 富司純子

    富司純子から見たラストゲーム 最後の早慶戦

    ラストゲーム 最後の早慶戦 (2008年) - 戸田しず江富司純子 フレッシュアイペディアより)

  • 富司純子

    富司純子から見た主題歌

    1968年(昭和43年)、『緋牡丹博徒』で初主演と主題歌も歌い、ヒット。主人公「緋牡丹のお竜」こと矢野竜子でシリーズ化され、若山富三郎・菅原文太と共演した1970年(昭和45年)の第6作目『緋牡丹博徒 お竜参上』はシリーズの代表作となった。『緋牡丹博徒シリーズ』の他に『日本女侠伝シリーズ』、『女渡世人シリーズ』もヒットし、東映スターの仲間入りをした。背に彫った緋牡丹の刺青を見せる『緋牡丹博徒』については、当初は肌を見せることに抵抗があり、出演を拒んでいたが、俊藤に説得されて渋々応諾したという経緯がある。しかし『緋牡丹博徒』の人気を直に感じて「父の凄さを初めて理解した」と回想している。富司純子 フレッシュアイペディアより)

  • 富司純子

    富司純子から見たあ・うん

    1989年(平成元年)には、『あ・うん』で映画への出演を再開。この際「白紙の新人女優としてスタートしたい」、「寺島は夫の名字」との意思から芸名を富司 純子(ふじ すみこ)に改めた。富司純子 フレッシュアイペディアより)

  • 富司純子

    富司純子から見た紫綬褒章

    父は俊藤浩滋、夫は七代目尾上菊五郎、長女は寺島しのぶ、長男は五代目尾上菊之助。2007年(平成19年)に紫綬褒章受章。富司純子 フレッシュアイペディアより)

75件中 41 - 50件表示

「富司純子」のニューストピックワード