95件中 31 - 40件表示
  • オーナミ

    オーナミから見た富国生命保険富国生命保険

    本社 - 大阪府大阪市西区江戸堀2-6-33 江戸堀フコク生命ビル2Fオーナミ フレッシュアイペディアより)

  • 山梨県立女子短期大学

    山梨県立女子短期大学から見た富国生命保険富国生命保険

    国文科・生活科学科・国際教養科:一般企業への就職者が多く、山梨信用金庫・甲府信用金庫・みずほコーポレート銀行・住友信託銀行・三菱UFJ証券・大和証券・富国生命保険・東京海上日動火災保険・富士通・山梨トヨタ自動車・山梨トヨペット・スズケンなどに就職している。また、国文科や生活科学科の卒業生は在学中に取得した教員免許を活かして中学校教員になっている人もいる。山梨県立女子短期大学 フレッシュアイペディアより)

  • 訃報 2013年11月

    訃報 2013年11月から見た富国生命保険富国生命保険

    11月3日 - 大森潤之助、日本の実業家、元富国生命保険副社長(* 1935年)訃報 2013年11月 フレッシュアイペディアより)

  • 富国館

    富国館から見た富国生命保険富国生命保険

    太平生命を率いる根津嘉一郎 (初代)は既に富国徴兵保険(後の富国生命保険)、昭和火災(現在の損害保険ジャパン)も傘下に収めており、両社も太平ビルに本社を移した。1939年(昭和14年)に土地、1940年(昭和15年)に建物の所有権が富国徴兵に移り、名称も「富国館」と変わった。富国館 フレッシュアイペディアより)

  • Bomb Tommy

    Bomb Tommyから見たフコク生命 富国生命保険

    フコク生命 保険会社CMイメージソング『SHA-LA-LA』k-project 作曲:Bomb TommyBomb Tommy フレッシュアイペディアより)

  • フコクしんらい生命保険

    フコクしんらい生命保険から見た富国生命富国生命保険

    富国生命グループの1社であり、主に生命保険の代理店販売を行っている保険会社である。フコクしんらい生命保険 フレッシュアイペディアより)

  • フコクしんらい生命保険

    フコクしんらい生命保険から見た富国生命保険富国生命保険

    2008年(平成20年)- 富国生命保険相互会社が共栄火災しんらい生命の株式80%を取得して、共栄火災しんらい生命をフコクしんらい生命へと改称した。フコクしんらい生命保険 フレッシュアイペディアより)

  • バーナード・L・マドフ

    バーナード・L・マドフから見た富国生命保険富国生命保険

    マドフは一般の投資家のみならず、金融のプロフェッショナルたちや金融機関までを騙していたので、被害者のリストには金融機関や金融のプロの名前が並んだ。例えば、ロイヤルバンク・オブ・スコットランド、BNPパリバ(フランス)、サンタンデール(スペイン)、日本の野村證券などの大手金融機関が被害にあっている。日本では、あおぞら銀行、住友生命保険、三井住友生命、三井安田生命、あいおい生命保険、太陽生命保険、日本興亜損保、富国生命保険なども資金をあずけて被害にあったという。バーナード・L・マドフ フレッシュアイペディアより)

  • 野田琴乃

    野田琴乃から見た富国生命保険富国生命保険

    富国生命保険相互会社 いのちの森野田琴乃 フレッシュアイペディアより)

  • 新国際ビルヂング

    新国際ビルヂングから見た富国生命保険富国生命保険

    新東京ビルヂングの南側には、丸の内仲通り沿いに三菱仲4号館(1912年竣工)・三菱仲2号館(1919年竣工)・飯野海運ビル(1919年竣工。内幸町の飯野ビルディングとは異なる)、大名小路沿いに日石ビルディング(旧 有楽館。1922年竣工)・日本交通協会会館(1916年竣工)・生命保険会館があり、このうち仲4号館・仲2号館跡地では1963年11月12日に新ビル建設の地鎮祭が行われた。飯野海運ビルは1919年に日本製麻本社として建設されたのち、富国生命保険の所有となったあと1951年に飯野海運が所有した。1962年より飯野海運から三菱地所に対し売却の交渉があり、1963年9月に三菱地所が購入したあと「仲2号館別館」の名称で第一生命保険に賃貸された。生命保険会館を所有する生命保険協会は、地権者の三菱地所に対し1960年より単独での建替えを申し入れていたが、共同で大型のビルを建設する方針の三菱地所とは折り合いがつかなかった。1963年5月、生命保険協会会長に弘世現日本生命保険社長、会館建設を担当する副会長に浜田吉兵衛第一生命保険社長が就任すると、方針を転換して、共同ビル案に賛同。1964年6月に合意が成立した。日本交通協会は、三菱地所からの共同ビル建設の提案に非公式に内諾の意向を示したが、建設資金やテナントの移転問題で交渉は進展しなかった。1963年7月に十河信二元日本国有鉄道総裁が会長に就任し、生命保険協会と三菱地所との合意が成立すると、日本交通協会と三菱地所との話し合いも進展し、テナントの移転先の手配や建替え中の賃料の補償、新ビルのフロアの一部を日本交通協会が所有することを条件に、1965年10月に合意を取り付けた。日本石油との交渉は成立せず、1979年より新日石ビルヂングとして単独で建替えられた。仲2号館別館(旧 飯野海運ビル)と生命保険会館は1965年3月28日より解体を開始し、同年5月1日より本体工事に着手した。日本交通協会会館の引き渡しは翌1966年1月16日で、工程のすり合わせが求められた。新国際ビルヂング フレッシュアイペディアより)

95件中 31 - 40件表示