74件中 51 - 60件表示
  • KNT-CTホールディングス

    KNT-CTホールディングスから見た富国生命保険富国生命保険

    本社所在地:東京都千代田区東神田一丁目7-8 東神田フコク生命ビル(〒101-8641)KNT-CTホールディングス フレッシュアイペディアより)

  • 資産管理サービス信託銀行

    資産管理サービス信託銀行から見た富国生命保険富国生命保険

    2001年1月22日、みずほ信託銀行(みずほアセット信託銀行(旧安田信託銀行)との合併前)・朝日生命保険・第一生命保険・富国生命保険・安田生命保険(現在の明治安田生命保険)の5社が出資して設立、同年1月30日に営業を開始した。資産管理サービス信託銀行 フレッシュアイペディアより)

  • バックスクリーン

    バックスクリーンから見た富国生命保険富国生命保険

    後楽園球場 富国生命保険(1960年代ごろ?1987年 但し、東京ドームに移行した1988年以後数年間もスコアボードの「おめでとうホームラン」の表示画像に富国生命の広告が入っていた)バックスクリーン フレッシュアイペディアより)

  • ESPフォーキャスト調査

    ESPフォーキャスト調査から見た富国生命保険富国生命保険

    森実潤也 - 富国生命保険財務企画部チーフエコノミストESPフォーキャスト調査 フレッシュアイペディアより)

  • 株主

    株主から見た富国生命保険富国生命保険

    日本における代表的なマスタートラスト : 日本マスタートラスト信託銀行(主要株主:三菱UFJ信託銀行、日本生命保険、明治安田生命保険、ドイツ銀行)日本トラスティ・サービス信託銀行(主要株主:住友信託銀行、中央三井トラスト・ホールディングス、りそな銀行)資産管理サービス信託銀行(主要株主:みずほフィナンシャルグループ、第一生命保険、朝日生命保険、明治安田生命保険、富国生命保険株主 フレッシュアイペディアより)

  • 靖国神社

    靖国神社から見た富国生命富国生命保険

    大燈籠 - 日本一の大きさの燈籠。1935年(昭和10年)に富國徴兵保険(現富国生命)が奉納した。九段下駅側から右側の燈籠には日清戦争から満州事変までの旧海軍の戦闘場面が描かれ、左側の燈籠には同じく日清戦争から満洲事変までの旧陸軍の戦闘場面が描かれている。終戦後、GHQによって撤去させられそうになったが免れた。靖国神社 フレッシュアイペディアより)

  • 財閥

    財閥から見た富国生命保険富国生命保険

    根津財閥(山梨県、創業者:根津嘉一郎 (初代)、流れを汲む企業:東武鉄道、東武百貨店、南海電気鉄道、東京メトロ、富国生命、日清製粉グループ本社、サッポロビール、日本精工、東京電力、東京新聞、東武ストア、精養軒(本家)、松屋など)財閥 フレッシュアイペディアより)

  • 後楽園球場

    後楽園球場から見た富国生命保険富国生命保険

    また、バックスクリーンには長年、フコク生命の広告が掛けられていた。初期の頃は電光掲示(本塁打が出た場合は「HOMERUN」の文字が浮かび、噴水が上がる仕組みになっていた)だったが、その後回転広告のものになり、その上に本塁打が出た場合「おめでとう ホームラン」の電光掲示が出ていた(この表示は東京ドームに引き継がれる。ただし、「おめでとうホームラン フコク生命」に変更された)。後楽園球場 フレッシュアイペディアより)

  • 明治安田生命保険

    明治安田生命保険から見た富国生命保険富国生命保険

    存続会社が明治生命保険であるのと、芙蓉グループが属するみずほグループには他にも生命保険会社がある(第一生命保険・富国生命保険、朝日生命保険)ため、三菱グループ系とみなされることが多く、現に三菱東京UFJ銀行とは中小企業分野における業務提携を行っている。だが、一方でみずほフィナンシャルグループ(旧富士銀行)、第一生命保険、損害保険ジャパン(旧安田火災海上保険)と共同で新入学児童への交通安全ワッペンの配布活動を行うなど、芙蓉グループとのつながりも依然として強い。明治安田生命保険 フレッシュアイペディアより)

  • 飯田蛇笏

    飯田蛇笏から見た富国生命富国生命保険

    山梨県東八代郡五成村(のち境川村、現笛吹市)の大地主で旧家の長男として生まれる。元富国生命社長の森武臣(孫の牧子は衆議院議員山口壮の妻)は実弟。飯田蛇笏 フレッシュアイペディアより)

74件中 51 - 60件表示

「富国生命保険」のニューストピックワード