193件中 81 - 90件表示
  • 遠藤正

    遠藤正から見た富士ゼロックス富士ゼロックス

    富士ゼロックス TV-CF 「カーリン・バセット」(1987年) - 撮影遠藤正 フレッシュアイペディアより)

  • インクジェットプリンター

    インクジェットプリンターから見た富士ゼロックス富士ゼロックス

    サーマル方式ではインクの詰まった微細管の一部にヒーターを取り付け、これを瞬時に加熱することでインク内に気泡を発生させてインクを噴出させる。加熱に使用するヒーターは抵抗加熱、誘導加熱などが考えられる。その基本原理は1970年代半ばにキヤノンの中央研究所で偶然見つかった現象に由来する。この時、液体の詰まった注射針に半田ごてが触れたとき針先から液体が飛び出した。キヤノンではこの現象を解析、これをヒントに各社で研究開発が進められ、1984年にヒューレット・パッカードが世界で初めてサーマル方式のインクジェットプリンターを発売した。翌1985年にはキヤノンも自社開発のサーマル方式を「バブルジェット」と命名しBJ-80を発売した。富士ゼロックス、レックスマークなどでもサーマル方式のインクジェットプリンターの開発および販売が行われている。インクジェットプリンター フレッシュアイペディアより)

  • ツィゴイネルワイゼン

    ツィゴイネルワイゼンから見た富士ゼロックス富士ゼロックス

    富士ゼロックスのCM「一人一音の演奏会」ギター編において、この曲が使われている。ツィゴイネルワイゼン フレッシュアイペディアより)

  • ライアン・ブラッドレイ

    ライアン・ブラッドレイから見た富士ゼロックス富士ゼロックス

    2006-2007年シーズン、日本の富士ゼロックス社Apeosのコマーシャルにスイスのステファン・ランビエールとともに出演、「バックフリップを決める経営者」を演じた。ライアン・ブラッドレイ フレッシュアイペディアより)

  • 2011年のJリーグ

    2011年のJリーグから見た富士ゼロックス富士ゼロックス

    リーグ戦開幕に先立って行われたスーパーカップは引き続き富士ゼロックスがスポンサーとなったが、国立霞ヶ丘陸上競技場が工事で使えず、日産スタジアムで行われた。2011年のJリーグ フレッシュアイペディアより)

  • レイチェル・カー

    レイチェル・カーから見た富士ゼロックス富士ゼロックス

    『起點』(FUJI XEROX2005主題歌)レイチェル・カー フレッシュアイペディアより)

  • 組み込みLinux

    組み込みLinuxから見た富士ゼロックス富士ゼロックス

    富士ゼロックスはLinux製品の特許についてマイクロソフトとクロスライセンス契約を結び、メルコやアイ・オー・データ機器もマイクロソフトとLinux製品の特許に関する契約を結んでいる。同種の特許防衛を事業とする企業コンソーシアム、RPX Corporationにはマイクロソフトと共にLinuxに関わる企業が多数参加している。組み込みLinux フレッシュアイペディアより)

  • 外島孝一

    外島孝一から見た富士ゼロックス富士ゼロックス

    企業展示会MC(NECホルタック、東京ゲームショー コナミブース、富士ゼロックス外島孝一 フレッシュアイペディアより)

  • プランテーション

    プランテーションから見た富士ゼロックス富士ゼロックス

    この2社は過去30年にわたりスマトラ島、カリマンタン島などにおける植林地で森林破壊をはじめとする環境汚染や、殺人も含めた地域紛争などの問題を起こしてきた。特にAPP(Asia Pulp and Paper)社は世界的にも最大規模の森林伐採を行いながら、天然林や周辺環境の保全に取り組む姿勢がないため、オフィスデポ、富士ゼロックス、リコーなどのコピー機メーカー大手などがAPPからの購入を中止している。プランテーション フレッシュアイペディアより)

  • 露崎元弥

    露崎元弥から見た富士ゼロックス富士ゼロックス

    ボクシングの動きをヒントにしたオーバーアクションと奇声をあげる(例えば、見逃し三振の時に「ストラッキー!」と叫び、左足を上げてジャンプした後にボクシングのワンツーを繰り出す。本人いわく、見逃し三振時のアクションは5段階あったという)コールにより、名物審判員として人気を得た。露崎のジャッジ見たさにファンが球場に詰め掛けるほどで、その人気が頂点に達した1968年と1969年には、富士ゼロックス、東芝のCMにそれぞれ出演し、1974年にはオールスター出場を果たし、第1戦で球審を務めた(監督推薦で出場した阪急ブレーブス・高井保弘のオールスター史上初、代打逆転サヨナラホームランが達成されている)。この試合で、露崎のアクションジャッジがセ・リーグのファンの前で大々的に披露され、後楽園球場は試合中も、大勢のファンからの「あの審判は誰なんだ?」という問合せ電話が殺到したという。またこの年のオフには、フジテレビ系列で放送中のクイズ番組『ジャンボクイズ100対100』にレギュラー出演した。1968年には審判員交流制度により一年間セ・リーグの審判を務める(入替りにパ・リーグに来たセ・リーグの審判には平光清・福井宏らのちの名物審判がいた)。一軍通算試合出場数1244、オールスターには通算2回(前述と1970年に出場している)。露崎元弥 フレッシュアイペディアより)

193件中 81 - 90件表示

「富士ゼロックス」のニューストピックワード