113件中 21 - 30件表示
  • 富士ゼロックス

    富士ゼロックスから見た天皇杯全日本サッカー選手権大会

    その他には天皇杯全日本サッカー選手権大会の大会スポンサー・特別協賛を2007年度まで長く務めていた。富士ゼロックス フレッシュアイペディアより)

  • 富士ゼロックス

    富士ゼロックスから見たティーザー広告

    「」 ApeosのCM(公式サイト参照)は見ている人に全貌を明かさないで興味を引くティーザー広告であり、話題となった。富士ゼロックス フレッシュアイペディアより)

  • 富士ゼロックス

    富士ゼロックスから見た株式

    2001年 (平成13年)、業績の低迷に悩んだゼロックスが富士写真フイルムに所有持ち株の半数を売却した。現在は富士フイルムホールディングスが株式の75%を保有する連結子会社となっている。2006年 (平成18年)10月1日に、富士写真フイルムが持株会社に移行し富士フイルムホールディングスとなったことにより、富士フイルムグループの中で富士ゼロックスの重要度が増すこととなった。富士ゼロックス フレッシュアイペディアより)

  • 富士ゼロックス

    富士ゼロックスから見た2009年

    富士ゼロックスが開発したWebベースの情報共有ソフトウェア。元々はDocuShareを「日本市場の経験を基に、新たな技術を結集させ」改良した、との位置づけの製品であった。なお、2008 (平成20)年5月1日よりDocuShare(日本語版)の取り扱いを再開したことに伴い、2009年 (平成21年)3月に販売終了となった。富士ゼロックス フレッシュアイペディアより)

  • 富士ゼロックス

    富士ゼロックスから見た宮崎放送

    ダンロップフェニックストーナメント(毎日放送・宮崎放送共同制作・TBS系列、1980年代-2000年)富士ゼロックス フレッシュアイペディアより)

  • 富士ゼロックス

    富士ゼロックスから見たTBSテレビ

    報道特集(TBS・現行の提供番組)※2016年10月より・30秒。富士ゼロックス フレッシュアイペディアより)

  • 富士ゼロックス

    富士ゼロックスから見た京セラドキュメントソリューションズ

    1970年代まではゼロックス・コーポレーションが保有するゼログラフィ技術の特許により乾式普通紙複写機の市場を独占していた。しかし、特許の独占権の失効以後は低価格・小型化を武器とするキヤノン・リコー・コニカミノルタ・三田工業(現在の京セラドキュメントソリューションズ)などの日本企業に次第に市場を侵食され、高速機や大型機では強みを発揮し続けているものの、国内販売台数シェアではキヤノン、リコーに続く第3位の地位に甘んじている。しかし、コピー/プリント枚数(コピー・ボリューム、ドキュメント・ボリューム)では高速機市場での強みを活かし、依然として国内シェアはトップである。富士ゼロックス フレッシュアイペディアより)

  • 富士ゼロックス

    富士ゼロックスから見たメディアスコープ

    株式会社ミック(島根県) - 関連企業にメディアスコープがある。富士ゼロックス フレッシュアイペディアより)

  • 富士ゼロックス

    富士ゼロックスから見たゼロックス・リミテッド

    富士ゼロックス株式会社(ふじゼロックス、英語:Fuji Xerox Co., Ltd.)は、富士写真フイルム株式会社(現: 富士フイルムホールディングス)とイギリスの現地法人であるランク・ゼロックス(現: ゼロックス・リミテッド)社との合弁会社として1962年 (昭和37年)に誕生した日本の機械メーカーである。本社所在地は東京都港区(東京ミッドタウン)。富士ゼロックス フレッシュアイペディアより)

  • 富士ゼロックス

    富士ゼロックスから見たセブン-イレブン

    全国のセブン-イレブン店頭のコピー機を利用し、インターネット上で登録した文書や画像ファイルをプリントできるサービス。富士ゼロックス フレッシュアイペディアより)

113件中 21 - 30件表示

「富士ゼロックス」のニューストピックワード