113件中 41 - 50件表示
  • 富士ゼロックス

    富士ゼロックスから見たオーストラリア

    現時点における海外の販売圏は、オーストラリア・ニュージーランドのほか、アジア(中国・韓国・台湾)および東南アジア(タイ・インドネシア・シンガポール・フィリピン・ベトナム・マレーシア)各国に拡大している。富士ゼロックス フレッシュアイペディアより)

  • 富士ゼロックス

    富士ゼロックスから見たベトナム

    現時点における海外の販売圏は、オーストラリア・ニュージーランドのほか、アジア(中国・韓国・台湾)および東南アジア(タイ・インドネシア・シンガポール・フィリピン・ベトナム・マレーシア)各国に拡大している。富士ゼロックス フレッシュアイペディアより)

  • 富士ゼロックス

    富士ゼロックスから見たマレーシア

    現時点における海外の販売圏は、オーストラリア・ニュージーランドのほか、アジア(中国・韓国・台湾)および東南アジア(タイ・インドネシア・シンガポール・フィリピン・ベトナム・マレーシア)各国に拡大している。富士ゼロックス フレッシュアイペディアより)

  • 富士ゼロックス

    富士ゼロックスから見た中野区

    富士ゼロックスサービスクリエイティブ株式会社(東京都中野区富士ゼロックス フレッシュアイペディアより)

  • 富士ゼロックス

    富士ゼロックスから見たニュージーランド

    現時点における海外の販売圏は、オーストラリア・ニュージーランドのほか、アジア(中国・韓国・台湾)および東南アジア(タイ・インドネシア・シンガポール・フィリピン・ベトナム・マレーシア)各国に拡大している。富士ゼロックス フレッシュアイペディアより)

  • 富士ゼロックス

    富士ゼロックスから見た電通本社ビル

    「モーレツからビューティフルへ」 - 1970年(昭和45)に放送されたTVCMのキャッチコピー。1960年代の高度経済成長期の経済・産業の発展重視に対するアンチテーゼとして人間回帰を示したものとされる。電通本社ビルにあるアド・ミュージアム東京の「時代別ラジオ・テレビCMコーナー」において視聴が可能となっている。富士ゼロックス フレッシュアイペディアより)

  • 富士ゼロックス

    富士ゼロックスから見た内部統制

    富士ゼロックスが開発した内部統制文書化支援システム。単体では動作せず、別途ArcSuite Engineering、ArcSuite Office、Apeos PEMaster EvidenceManagerのいずれかが必要。富士ゼロックス フレッシュアイペディアより)

  • 富士ゼロックス

    富士ゼロックスから見た複写機

    複写機、レーザープリンター(企業向け大型・小型・高速・複合機を含む)等を製造販売するほか、これらコア技術を生かした総合文書管理ソリューションコンサルティングを提供している。富士ゼロックス フレッシュアイペディアより)

  • 富士ゼロックス

    富士ゼロックスから見た製品情報管理

    富士ゼロックスが開発したWebベースの統合情報管理システム。同社がかつて販売していた製品情報管理(PDM)システムEDMICSの後継製品であるArcSuite Engineeringとその機能限定版であるArcSuite Engineering Light、一般オフィス業務用に機能を限定したArcSuite Officeがある。富士ゼロックス フレッシュアイペディアより)

  • 富士ゼロックス

    富士ゼロックスから見た連結子会社

    2001年 (平成13年)、業績の低迷に悩んだゼロックスが富士写真フイルムに所有持ち株の半数を売却した。現在は富士フイルムホールディングスが株式の75%を保有する連結子会社となっている。2006年 (平成18年)10月1日に、富士写真フイルムが持株会社に移行し富士フイルムホールディングスとなったことにより、富士フイルムグループの中で富士ゼロックスの重要度が増すこととなった。富士ゼロックス フレッシュアイペディアより)

113件中 41 - 50件表示

「富士ゼロックス」のニューストピックワード