354件中 101 - 110件表示
  • 富士急電車まつり

    富士急電車まつりから見た富士急行富士急行

    「富士急電車まつり」(ふじきゅうでんしゃまつり)は、富士急行が主催する鉄道イベント。毎年11月頃に河口湖駅・富士山駅・下吉田駅で開催される。富士急電車まつり フレッシュアイペディアより)

  • M78ウルトラマンパーク

    M78ウルトラマンパークから見た富士急行富士急行

    M78ウルトラマンパークは、富士急行が経営する遊園地「ぐりんぱ」に2008年7月19日に開業したテーマゾーン。M78ウルトラマンパーク フレッシュアイペディアより)

  • 渡邊ゆかり

    渡邊ゆかりから見た富士急行富士急行

    白樺学園高等学校を経て、富士急行に所属していた。2009-2010シーズン終了後、富士急スケート部を退部した。渡邊ゆかり フレッシュアイペディアより)

  • ホリデー・パス

    ホリデー・パスから見た富士急行富士急行

    富士急行:大月線・河口湖線大月駅 - 河口湖駅間(全線)ホリデー・パス フレッシュアイペディアより)

  • 御坂山地

    御坂山地から見た富士急行富士急行

    山域の東側を国道137号が縦断し、御坂山の西側で御坂トンネルが貫通し、その東側に国道137号の旧道の山梨県道708号富士河口湖笛吹線が通り御坂山の東で旧御坂トンネルが貫通する。山域の中央付近を山梨県道36号笛吹市川三郷線が縦断し、鳥坂峠の東側で新鳥坂トンネルが貫通し、大石峠の東側で若彦トンネルが貫通する。山域の西側を国道358号が縦断し、右左口峠近くの西側で右左口トンネルが貫通し、三方分山の東側で精進湖トンネルが貫通する。南側の足和田山の尾根伝いに東海自然歩道が通る。山域の南麓に国道139号が通る。山域の南東麓に中央自動車道富士吉田線と富士急行の富士急行線が通る。山域に西麓に東海旅客鉄道(JR東海)の身延線が通る。御坂山地 フレッシュアイペディアより)

  • 竜ヶ岳 (山梨県)

    竜ヶ岳 (山梨県)から見た富士急行富士急行

    東海旅客鉄道(JR東海)身延線甲斐常葉駅の東10 kmに位置し、富士急行富士山駅の西南西18 kmに位置する。竜ヶ岳 (山梨県) フレッシュアイペディアより)

  • 阪和電気鉄道の車両

    阪和電気鉄道の車両から見た富士急行富士急行

    この危機的な状況の打開策として国が行ったのが、地方の中小私鉄などで余剰になっていた車両を都市部の私鉄に斡旋する、という施策の適用であり、当初阪和には筑波鉄道の4両以外にも、鉄道省から雑形客車1両の払い下げが実施された。もっとも、こちらは高速運転に耐えられなかったらしく、一旦サタ850形851として認可申請を行い認可は得たものの、結局使用せずに富士山麓電気鉄道へ売却している。阪和電気鉄道の車両 フレッシュアイペディアより)

  • 三宅智子の女子的☆駅弁紀行

    三宅智子の女子的☆駅弁紀行から見た富士急行富士急行

    20(2016年9月7日)(富士急行)河口湖駅〜大月駅※山梨県立リニア見学センターにも行った。三宅智子の女子的☆駅弁紀行 フレッシュアイペディアより)

  • 黒河内四郎

    黒河内四郎から見た富士急行富士急行

    東京高速鉄道に役員として迎えられ、技師長として新橋、渋谷間の地下鉄設計、建設にあたり、成功に導く。この路線は現在の東京地下鉄銀座線の一部である。湘南電気鉄道、京浜電気鉄道の役員、東京環状乗合自動車社長として交通会社の経営にあたり、土木学会においては学会誌の編集委員長や各種委員を務めた。戦中の1943年(昭和18年)には土木学会会長に就任。土木関係者に「科学技術の力こそ戦勝に導く原動力」であり、「機械力の使用を図らねばならない」と説いた。戦後は富士山麓鉄道、鉄道保安工業の役員を務めたほか1953年(昭和28年)に日本保線協会初代会長に就任。 翌年には土木学会名誉員に推されている。鉄道への関わりは大学卒業後50年以上におよんだ。長女は鉄道局技師に嫁ぐ。黒河内四郎 フレッシュアイペディアより)

  • 郡内地方

    郡内地方から見た富士急行富士急行

    大月市、都留市、上野原市と北都留郡(丹波山村、小菅村)、南都留郡(道志村)からなる。大月市が交通の中心地。中央道の大月JCTがあり、またJR中央本線と富士急行の乗換駅の大月駅がある。また、都留市にはリニアモーターカーの実験機関や、公立大学である都留文科大学、大月短期大学がある。多摩地域に近いために、「多摩梨」と諷刺されることもある。郡内地方 フレッシュアイペディアより)

354件中 101 - 110件表示

「富士急行」のニューストピックワード