115件中 31 - 40件表示
  • 富士急行

    富士急行から見た創価学会

    バス事業は富士急行本体のほか、子会社化された地域会社・グループ会社により運営されている。ただし、富士急平和観光は以前から存在するグループ会社である(旧社名は平和観光で「富士急」は入っていなかった)。かつては韮崎・吉原にも営業所を置いていたほか、貸切専門の沼津貸切・鷹岡・清水・名古屋営業所、貸切専業の系列会社御殿場自動車が存在した。また、沿線に大石寺があることから創価学会の団体輸送に特化した営業所「学会営業所」、主に浜松町?大石寺間の路線(限定乗合)を運行した系列会社に「大富士開発」まであったが、いずれも廃止・統合・廃業されている。富士急行 フレッシュアイペディアより)

  • 富士急行

    富士急行から見た東京駅

    両線は直通運転を行っており、両線の境界である富士山駅でスイッチバックが行われる。普通列車のほか、特急「フジサン特急」、快速「富士登山電車」が、それぞれ運行されている。また、東日本旅客鉄道(JR東日本)中央本線の東京・高尾方面から直通運転がある(「富士急行線」を参照)。富士急行 フレッシュアイペディアより)

  • 富士急行

    富士急行から見た冬季オリンピック

    富士急スケート部は多くのオリンピック代表選手を輩出してきている。名実ともに日本を代表するスピードスケートチームである。在籍したことのある選手は以下の通り。富士急行 フレッシュアイペディアより)

  • 富士急行

    富士急行から見たタクシー

    山梨県の富士急行沿線周辺、静岡県東部でタクシー・ハイヤー事業を展開している。富士急行 フレッシュアイペディアより)

  • 富士急行

    富士急行から見た富士急ハイランド

    現在の貸切車と高速車については、白地に緑2色で富士山のシルエットを表現した「Resort」とキャラクターを描いた「Highland Dream」の2種類がメインである。「Resort」は、看板車であるボルボ・アステローペ「Resort Wind」から採用されたもので、その後しばらくはスーパーハイデッカー専用のカラーリングであったが、1997年以降はハイデッカー車にもこのカラーのものが多くなっている。「Resort」の場合、定員の数字を併記して「Resort60」というように表記することも多い。また、高速車については「Resort Express」となっている。一方、「Highland Dream」は1997年より採用されている。デザイナーはクライブ・ドブソンで、彼のオリジナルキャラクター「エディちゃん」が富士急ハイランドで遊ぶ情景をイメージしたとされている。乗務員の間の通称は「まんがバス」である。富士急行 フレッシュアイペディアより)

  • 富士急行

    富士急行から見た富士山

    現在の路線車の標準色は「グリーンベルト」と呼ばれるカラーリングで、以前はほぼ全車両が「グリーンベルト」で統一されていた。これは、ベースの淡い緑が「富士の新緑」で春、細いラインの濃い緑が「富士の緑」で夏、窓の上に入る黄色い帯が「富士の紅葉」で秋、そして屋根全体の白は「富士の雪」で冬と、富士の四季をイメージしたものとされている。また、濃い緑のラインは、2台を背中合わせに配置することで富士山のシルエットを表現するパターンとなっており、近年まではこれを強く意識して、車両導入は必ず偶数台数の導入であった。富士急行 フレッシュアイペディアより)

  • 富士急行

    富士急行から見た成田国際空港

    成田空港 - 小田原駅 - 大雄山駅 - 松田車庫 (京成バスとの共同運行)富士急行 フレッシュアイペディアより)

  • 富士急行

    富士急行から見た岳南鉄道

    日本国有鉄道モヤ4001(譲渡時にモヤ4002と振替)を1949年に譲り受けたもの。1951年鋼体化し改番。1957年3月、岳南鉄道に貸渡し後、1960年4月に正式譲渡。富士急行 フレッシュアイペディアより)

  • 富士急行

    富士急行から見た京成バス

    成田空港 - 小田原駅 - 大雄山駅 - 松田車庫 (京成バスとの共同運行)富士急行 フレッシュアイペディアより)

  • 富士急行

    富士急行から見た岩手県北自動車

    芝浦車庫・田町駅・六本木ヒルズ・東京駅・東京ドームホテル - 盛岡駅・厨川駅・おらほの温泉(八幡平市)・二戸駅・九戸インターオトデ館・久慈駅・岩手県北バス久慈営業所(岩手県北自動車と共同運行)富士急行 フレッシュアイペディアより)

115件中 31 - 40件表示

「富士急行」のニューストピックワード