205件中 41 - 50件表示
  • 富士急行

    富士急行から見た冬季オリンピック

    富士急スケート部は多くのオリンピック代表選手を輩出してきている。名実ともに日本を代表するスピードスケートチームである。在籍中または過去に在籍していた選手は以下の通り。富士急行 フレッシュアイペディアより)

  • 富士急行

    富士急行から見た2010年バンクーバーオリンピックの日本選手団

    橋本聖子(サラエボ五輪・カルガリー五輪・アルベールビル五輪・リレハンメル五輪代表選手、日本スケート連盟会長、バンクーバー五輪日本選手団団長)富士急行 フレッシュアイペディアより)

  • 富士急行

    富士急行から見た京成バス

    成田空港 - 小田原駅・大雄山駅・松田車庫 (京成バスとの共同運行)富士急行 フレッシュアイペディアより)

  • 富士急行

    富士急行から見た山梨交通

    富士急行グループのバスでは、1995年(平成7年)以降継続的に低公害バスを導入している。山梨県や静岡県で独自の補助金制度があることもあって、地域子会社も含めたグループ全体の台数は2009年現在天然ガスバス(CNGバス)42台とハイブリッドバス11台 1 で、日本の民間バス事業者としては最大規模である(1社単独の場合は山梨交通が最大ユーザーである)。富士急行 フレッシュアイペディアより)

  • 富士急行

    富士急行から見た富士急平和観光

    バス事業は富士急行本体のほか、子会社化された地域会社・グループ会社により運営されている。かつては韮崎・吉原にも営業所を置いていたほか、貸切専門の沼津貸切・鷹岡・清水・名古屋営業所、貸切専業の系列会社御殿場自動車、貸切バス事業が中心のグループ会社富士急平和観光(旧社名は平和観光で「富士急」は入っていなかった)が存在した。また、沿線に大石寺があることから創価学会の団体輸送に特化した営業所「学会営業所」、主に浜松町 - 大石寺間の路線(限定乗合)を運行した系列会社「大富士開発」まであったが、いずれも廃止・統合・廃業されている。富士急行 フレッシュアイペディアより)

  • 富士急行

    富士急行から見た関越交通

    関越交通渋川営業所・渋川駅・前橋駅南口・高崎駅東口 - 富士急ハイランド・河口湖駅(季節運行)富士急行 フレッシュアイペディアより)

  • 富士急行

    富士急行から見た有田鉄道

    中央本線急行列車併結用の気動車。1962年、1963年日本車輌製造製。1975年(昭和50年)、有田鉄道に譲渡。富士急行 フレッシュアイペディアより)

  • 富士急行

    富士急行から見た流鉄

    日本国有鉄道(旧青梅電気鉄道)クモハ103を1950年10月に譲り受けたもの。客室の3分の1を二等室とし、連合軍専用としたが、後年日本人にも開放した。1968年、流山電気鉄道に譲渡(クハ53)。富士急行 フレッシュアイペディアより)

  • 富士急行

    富士急行から見た九州鉄道

    九州鉄道のボギー客車(ナユニ5502)を出自に持つ木製付随車。1940年4月入線。1950年10月、鋼体化によりクハニ350形(350)となった。富士急行 フレッシュアイペディアより)

  • 富士急行

    富士急行から見た静岡鉄道

    吉原中央駅 - 新静岡(静岡鉄道と共同運行)富士急行 フレッシュアイペディアより)

205件中 41 - 50件表示