205件中 61 - 70件表示
  • 富士急行

    富士急行から見た河口湖駅

    河口湖線 富士山 - 河口湖 3.0 km富士急行 フレッシュアイペディアより)

  • 富士急行

    富士急行から見た日野・ブルーリボン

    現在の乗降は後乗り前降りだが、以前日野RE100が前後ドア車と前中ドア(引き戸)車の2種類配置された時は後乗り前降りと前乗り前降りと異なる乗降が行われた。このために一部の営業所では乗り入れ限定運用があった。富士急行 フレッシュアイペディアより)

  • 富士急行

    富士急行から見た中央高速バス

    過去には、日本では珍しい高速・路線兼用車「ワンロマ」を導入していた。この車両については「中央高速バス」を参照されたい。富士急行 フレッシュアイペディアより)

  • 富士急行

    富士急行から見たちぃばす

    東京営業所(T) [(◎:ちぃばす、ハチ公バス神宮の杜(もり)ルート)]富士急行 フレッシュアイペディアより)

  • 富士急行

    富士急行から見たハチ公バス

    東京営業所(T) [(◎:ちぃばす、ハチ公バス神宮の杜(もり)ルート)]富士急行 フレッシュアイペディアより)

  • 富士急行

    富士急行から見たボルボ・アステローペ

    日野自動車と資本関係があるため、日野車の導入が多い。ただし、貸切・高速車については三菱ふそう車の導入も多かった(三菱ふそうの路線車は少ない)。CNGバス導入前後からは、日産ディーゼル(当時、現「UDトラックス」)車も勢力を拡大していた。いすゞ車はどちらかといえば少数派である。ただし、岳南鉄道バスでは日産ディーゼル車も多かったが、これは営業エリア内に日産の事業所があったことも関連があるとされている。いすゞ自動車の路線車は当時沼津(営)にだけしか配置がなかったが1977年に投入されたいすゞBU04は日野車体製だった(それ以前は川崎重工製)。いすゞ高速車は少数ながら導入例がある。輸入車はヒュンダイ・ユニバースがある。また、2014年3月まではボルボ・アステローペ(組立ては日本)の屋根を取り払い、ビニール製のスライド式帆を装着したオープンカババスが河口湖駅周辺の遊覧バスとして在籍していた。富士急行 フレッシュアイペディアより)

  • 富士急行

    富士急行から見た山中湖

    バスタ新宿 - 富士急ハイランド・河口湖駅・富士山駅・山中湖・(本栖湖・富士芝桜まつり会場)富士急行 フレッシュアイペディアより)

  • 富士急行

    富士急行から見た本栖湖

    バスタ新宿 - 富士急ハイランド・河口湖駅・富士山駅・山中湖・(本栖湖・富士芝桜まつり会場)富士急行 フレッシュアイペディアより)

  • 富士急行

    富士急行から見た天然ガス自動車

    富士急行グループのバスでは、1995年(平成7年)以降継続的に低公害バスを導入している。山梨県や静岡県で独自の補助金制度があることもあって、地域子会社も含めたグループ全体の台数は2009年現在天然ガスバス(CNGバス)42台とハイブリッドバス11台 1 で、日本の民間バス事業者としては最大規模である(1社単独の場合は山梨交通が最大ユーザーである)。富士急行 フレッシュアイペディアより)

  • 富士急行

    富士急行から見たスケート

    富士急スケート部は多くのオリンピック代表選手を輩出してきている。名実ともに日本を代表するスピードスケートチームである。在籍中または過去に在籍していた選手は以下の通り。富士急行 フレッシュアイペディアより)

205件中 61 - 70件表示