84件中 41 - 50件表示
  • 富士総合火力演習

    富士総合火力演習から見た陸上幕僚監部

    訓練そのものは7月から準備を始めて、8月にほぼ1ヶ月かけて行われている。その後、展示演習が8月下旬ないし9月上旬ころに数度行われる。富士学校主催の一般非公開の演習(団予行、学校予行、教育演習)と、陸上幕僚監部主催の一般公開の演習(公開演習)があるが、本来の目的は前者であるので、公開演習は陸上自衛隊の広報活動の一環といえる(公開演習の主催が陸幕となっているのはこのため)。なお学校予行・教育演習日などの夜には夜間演習も行われる。富士総合火力演習 フレッシュアイペディアより)

  • 富士総合火力演習

    富士総合火力演習から見た機関銃

    射撃は観覧席前の演習展示地域から北西方向(富士山方向)に設定された複数の目標地域に向けて行われ、一部装備については安全上の理由等により遠隔地から発射を行う。車載機銃や小銃等の排莢口(薬莢蹴出窓)には通常の射撃訓練と同じく薬莢受けが取り付けられる。会場では実演できない演目や射撃等については大型スクリーンで代わりの映像を放映する。観覧席から主な目標地域(色の台、数字の台、二段山、三段山)までの距離はおよそ600mから3,000mとされる。富士総合火力演習 フレッシュアイペディアより)

  • 富士総合火力演習

    富士総合火力演習から見た軍隊

    隊員の育成、一般への広報等を目的に行われるが、外国軍隊への示威活動としての側面もあり、在日米軍や周辺各国の駐在武官等も招待され、海外向けに英語の解説記事も公開されている。富士総合火力演習 フレッシュアイペディアより)

  • 富士総合火力演習

    富士総合火力演習から見たパンツァーファウスト3

    84mm無反動砲照明弾(85万カンデラ)110mm個人携帯対戦車弾・84mm無反動砲(対戦車榴弾)の照明下射撃富士総合火力演習 フレッシュアイペディアより)

  • 富士総合火力演習

    富士総合火力演習から見た03式中距離地対空誘導弾

    協同防空戦闘(03式中距離地対空誘導弾富士総合火力演習 フレッシュアイペディアより)

  • 富士総合火力演習

    富士総合火力演習から見た衛星放送

    公開演習には防衛大臣が臨席することもある。また、在日米軍関係者や外国の駐在武官といった軍関係者の他、自衛隊員の家族も招待されている。平成15年度においては、つんくや長嶋茂雄などが招待されている。滅多に目にすることができない実弾射撃などを目の前で見られることで人気があり、平成26年度の来場者数は約2万9,000人とされる。現在はインターネットや衛星放送による生中継も行われている。富士総合火力演習 フレッシュアイペディアより)

  • 富士総合火力演習

    富士総合火力演習から見たクローズドサーキット

    2010年(平成22年)8月29日に実施された平成22年度富士総合火力演習(公開演習)から、陸上自衛隊による生中継映像の公式ライブ配信がUstreamを通じて毎年行われている。平成23年度富士総合火力演習からは、ニワンゴもニコニコ生放送の公式番組として同じ映像を放送し、平成25年度以降はニコニコ生放送の陸上自衛隊広報チャンネルで放送されている(平成24年度の生放送は機材トラブルのため中止)。平成25年度以降はひかりTVでもライブ配信とアーカイブのVOD配信を行っている。平成26年度以降はスカパー!で生中継されている。平成27年度はスカパー!が映像提供しティ・ジョイの映画館(新宿バルト9などシネマコンプレックス全国16劇場)でライブビューイングが実施された。富士総合火力演習 フレッシュアイペディアより)

  • 富士総合火力演習

    富士総合火力演習から見た水陸機動団

    後段演習は主に富士教導団が総合戦闘力を最大限に発揮して侵攻する敵部隊を攻撃する内容であるが、平成24年度からは陸海空3自衛隊の統合による作戦で島嶼部を防衛するシナリオに基づいて実施されている。2013年12月17日に閣議決定された「平成26年度以降に係る防衛計画の大綱について」(25大綱)において「島嶼への侵攻があった場合には、これを奪回する」と明記された。これに基づき水陸機動団の新編など本格的な水陸両用作戦能力が新たに整備されることなどを踏まえ、平成26年度以降は島嶼部を防衛し奪回するシナリオで実施された。富士総合火力演習 フレッシュアイペディアより)

  • 富士総合火力演習

    富士総合火力演習から見た新宿三丁目イーストビル

    2010年(平成22年)8月29日に実施された平成22年度富士総合火力演習(公開演習)から、陸上自衛隊による生中継映像の公式ライブ配信がUstreamを通じて毎年行われている。平成23年度富士総合火力演習からは、ニワンゴもニコニコ生放送の公式番組として同じ映像を放送し、平成25年度以降はニコニコ生放送の陸上自衛隊広報チャンネルで放送されている(平成24年度の生放送は機材トラブルのため中止)。平成25年度以降はひかりTVでもライブ配信とアーカイブのVOD配信を行っている。平成26年度以降はスカパー!で生中継されている。平成27年度はスカパー!が映像提供しティ・ジョイの映画館(新宿バルト9などシネマコンプレックス全国16劇場)でライブビューイングが実施された。富士総合火力演習 フレッシュアイペディアより)

  • 富士総合火力演習

    富士総合火力演習から見た薬莢

    射撃は観覧席前の演習展示地域から北西方向(富士山方向)に設定された複数の目標地域に向けて行われ、一部装備については安全上の理由等により遠隔地から発射を行う。車載機銃や小銃等の排莢口(薬莢蹴出窓)には通常の射撃訓練と同じく薬莢受けが取り付けられる。会場では実演できない演目や射撃等については大型スクリーンで代わりの映像を放映する。観覧席から主な目標地域(色の台、数字の台、二段山、三段山)までの距離はおよそ600mから3,000mとされる。富士総合火力演習 フレッシュアイペディアより)

84件中 41 - 50件表示

「富士総合火力演習」のニューストピックワード