前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1448件中 1 - 10件表示
  • 古河機械金属

    古河機械金属から見た富士通富士通

    創業は明治8年(1875年)で、創業者は古河市兵衛。古河電気工業、富士電機、富士通とともに「古河グループ(古河三水会)」の中核企業であり、旧・古河財閥の源流企業にして古河電工などの母体企業でもある。明治10年に足尾銅山の開発に着手、これが日本の銅産出量トップとなる(明治17年)など大鉱山に成長したことで古河財閥の礎を築く。その後、古河潤吉(2代目社長)・古河虎之助(3代・5代目社長)の下、足尾銅山を基盤に事業の近代化・企業の多角化を推進し、鉱山開発(古河機械金属)→電線製造(古河電工)→電気機器製造(富士電機)→通信機器製造(富士通)などと裾野を広げ、古河グループ各社が古河機械金属から様々な産業へと分社・独立していった(富士電機や富士通の「富士」は、古河の頭文字「ふ」とドイツ社シーメンスの「じ」に由来する)。また、急成長の過程で公害問題に直面したもののこれを克服し、近代日本産業の発展に大きく貢献した。古河機械金属 フレッシュアイペディアより)

  • 井上愛一郎

    井上愛一郎から見た富士通富士通

    井上 愛一郎(いのうえ あいいちろう )は日本の計算機科学者、技術者。元富士通常務理事、富士通フェロー、井上愛一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 古河財閥

    古河財閥から見た富士通富士通

    古河財閥の主要な傘下企業は以下の通り。古河鉱業(現・古河機械金属)、古河電気工業、富士電機製造(現・富士電機)、富士通信機製造(現・富士通)、横濱護謨製造(現・横浜ゴム)、旭電化工業(現・ADEKA)、日本軽金属、帝国生命保険(現・朝日生命保険)、古河銀行(現・みずほ銀行)、大成火災海上保険(現・損害保険ジャパン日本興亜)、古河商事(破綻)、日本農薬、関東電化工業、東亜ペイント(現・トウペ)、大日電線、日本電線(大日電線と日本電線は合併し大日日本電線を経て現・三菱電線工業)など。また、戦後に設立された主要な古河系企業として日本ゼオン、富士通ファナック(現・ファナック)、UACJ(旧古河スカイ)、古河電池などが挙げられる。古河財閥 フレッシュアイペディアより)

  • 古河グループ

    古河グループから見た富士通富士通

    古河グループ(ふるかわグループ)は、戦前の古河財閥の流れを汲む企業グループである。中核企業は、古河機械金属・古河電気工業・富士電機・富士通の4社。創始者は古河市兵衛で、源流企業は古河機械金属である。古河グループ フレッシュアイペディアより)

  • メインフレーム

    メインフレームから見た富士通富士通

    現在もメインフレームを製造・販売しているメーカーは、IBM、富士通、日立製作所、日本電気、ユニシス、Bullである(詳細は「種類」を参照)。2015年では、IBMが世界シェアの80%と圧倒地位を占めており、富士通、ユニシスがそれに続く。メインフレーム フレッシュアイペディアより)

  • 古河機械金属

    古河機械金属から見た富士通信機製造富士通

    古河財閥(現・古河グループ)の各社は、そのほぼ全てが古河鉱業(現・古河機械金属)の一部門としてスタートしている。例えば、古河電気工業は古河鉱業から分離独立した(本所鎔銅所、横浜電線製造、日光電気精銅所の3社が合併)(古河鉱業から見れば子会社)。富士電機製造(現・富士電機)は古河電工とドイツ社シーメンスの合弁で設立された(古河鉱業から見れば孫会社)。富士通信機製造(現・富士通)は富士電機から分離独立した(古河鉱業から見れば曾孫会社)。富士通ファナック(現・ファナック)は富士通から分離独立した(古河鉱業から見れば玄孫会社)。また、横濱護謨製造(現・横浜ゴム)は、古河とアメリカ社グッドリッチの提携により設立。旭電化工業(現・ADEKA)は、古河と桂川電力(現・東京電力)、東京電気(現・東芝)の3社により設立。日本ゼオンは、古河とアメリカ社グッドリッチ・ケミカルの提携により設立。日本軽金属は、古河と東京電燈(現・東京電力)により設立。帝国生命保険(現・朝日生命保険)は、古河が株式の過半数を買い入れ経営権を取得した。以上のような経緯から、古河機械金属は現在も古河グループ(古河三水会)の資料では筆頭に名を連ねている。また、古河機械金属の英文社名が「FURUKAWA MACHINERY & METAL CO.,LTD.」などではなく「FURUKAWA CO.,LTD.」であるのも、こうした歴史的背景からである。古河機械金属 フレッシュアイペディアより)

  • CRTC (LSI)

    CRTC (LSI)から見た富士通富士通

    MB89321  富士通 MC6845上位互換、CMOS版CRTC。6800系インターフェイス。CRTC (LSI) フレッシュアイペディアより)

  • 古河財閥

    古河財閥から見た富士通信機製造富士通

    古河財閥の主要な傘下企業は以下の通り。古河鉱業(現・古河機械金属)、古河電気工業、富士電機製造(現・富士電機)、富士通信機製造(現・富士通)、横濱護謨製造(現・横浜ゴム)、旭電化工業(現・ADEKA)、日本軽金属、帝国生命保険(現・朝日生命保険)、古河銀行(現・みずほ銀行)、大成火災海上保険(現・損害保険ジャパン日本興亜)、古河商事(破綻)、日本農薬、関東電化工業、東亜ペイント(現・トウペ)、大日電線、日本電線(大日電線と日本電線は合併し大日日本電線を経て現・三菱電線工業)など。また、戦後に設立された主要な古河系企業として日本ゼオン、富士通ファナック(現・ファナック)、UACJ(旧古河スカイ)、古河電池などが挙げられる。古河財閥 フレッシュアイペディアより)

  • 富士通パーソナルズ

    富士通パーソナルズから見た富士通富士通

    株式会社富士通パーソナルズ(ふじつうパーソナルズ、FUJITSU PERSONAL SYSTEM LIMITED)は、情報処理機器、移動体情報通信機器の販売及びマーケティングとサービスを行う富士通グループの企業である。富士通パーソナルズ フレッシュアイペディアより)

  • 上小田中

    上小田中から見た富士通富士通

    中原区の北西部に位置し、南武線と二ヶ領用水に挟まれる形で平地が広がっている。中央部にある富士通の工場裏門あたりを境界として、北側に大ヶ谷戸(おおがいと・おおがやと)、南側に神地(ごうじ)という呼び名があり、平成になった今も通称や施設名として残っている。中央部には富士通の工場(登記上の本店所在地)や中原区という名前の由来となった中原街道、そして南武線と中原街道の交点には武蔵中原駅があり、周辺には住宅地が広がるほか、野菜畑なども残っている。上小田中 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1448件中 1 - 10件表示

「富士通」のニューストピックワード