1448件中 91 - 100件表示
  • arrows (携帯電話)

    arrows (携帯電話)から見た富士通富士通

    arrows(アローズ)は、富士通コネクテッドテクノロジーズ(2016年2月、富士通本体から移管)がNTTドコモ向けに、富士通モバイルコミュニケーションズ(旧:富士通東芝モバイルコミュニケーションズ、以下富士通モバイル・富士通東芝)がKDDI/沖縄セルラー電話連合(各auブランド)とソフトバンク(SoftBankブランド・Y!mobileブランド(旧イー・モバイルブランド))向けに展開するAndroid搭載スマートフォン、ならびに富士通・富士通コネクテッドテクノロジーズが展開するAndroid・Windows搭載タブレット端末のブランドである。arrows (携帯電話) フレッシュアイペディアより)

  • MC6809

    MC6809から見た富士通富士通

    モトローラから発売されたオリジナル品に加え、セカンドソース品が存在する。日本では主に日立製作所と富士通によるものが流通した。MC6809 フレッシュアイペディアより)

  • 三大コンピューターグループ

    三大コンピューターグループから見た富士通富士通

    富士通+日立製作所 (IBM互換アーキテクチャ路線)三大コンピューターグループ フレッシュアイペディアより)

  • SPARC

    SPARCから見た富士通富士通

    SPARCは、完全ビッグエンディアンのRISCマイクロプロセッサ命令セットアーキテクチャで、SPARCインターナショナル (SPARC International, Inc.) の登録商標である。SPARCインターナショナルはSPARCアーキテクチャの普及と規格検定テストの実施を目的として1989年に設立された組織であり、SPARCアーキテクチャをオープンにすることで寿命を延ばすことを目的としている。テキサス・インスツルメンツ、サイプレス・セミコンダクタ、富士通、サン・マイクロシステムズなどの製造業者がSPARCのライセンス供与を受けている。結果として、SPARCアーキテクチャは完全にオープンとなっており、GPLの下にオープンソースとして実装されたも存在する。SPARC フレッシュアイペディアより)

  • 富士通ワイヤレスシステムズ

    富士通ワイヤレスシステムズから見た富士通富士通

    富士通ワイヤレスシステムズ株式会社(ふじつうワイヤレスシステムズ、英文社名:FUJITSU WIRELESS SYSTEMS LIMITED)は、かつて存在した多重無線機器のメーカー。埼玉県熊谷市に本社を置き、富士通の連結子会社であった。富士通ワイヤレスシステムズ フレッシュアイペディアより)

  • ニフティサーブ

    ニフティサーブから見た富士通富士通

    1984年には世界最大のネットワークコミュニティとして確立していた米CompuServeの日本版を作るという構想は複数の会社が持っており、同じ頃にはCompuServeに三菱商事やアスキー等から打診はあったが、CompuServeに英語圏以外に進出する気はなく、運営に関するノウハウをライセンスしてもいいという態度であった。その上、CompuServeが要求するライセンス料が高額であったため実現していなかった。1985年、富士通と日商岩井(現・双日)がライセンス料を折半する話になり、CompuServeとの交渉の上、三井物産が既にライセンス獲得に向けた交渉を行っていたが、富士通・日商岩井がライセンスを受けることになった。ニフティサーブ フレッシュアイペディアより)

  • Microsoftコードページ932

    Microsoftコードページ932から見た富士通富士通

    ところで、マイクロソフトはMS-DOSにおける唯一の日本語用コードページである、この「CP932」をOEMメーカーの自由に任せていた。そのため、NECのPC-9800シリーズ、IBMのPS/55 シリーズ、富士通のFMRシリーズなどは全てMS-DOSを搭載しているコンピュータであり、搭載されている文字符号化方式もShift_JISを採用しているにもかかわらず、登録されている文字集合がバラバラだった。Microsoftコードページ932 フレッシュアイペディアより)

  • 吉村萬治郎

    吉村萬治郎から見た富士通富士通

    吉村 万治郎(よしむら まんじろう、明治19年(1886年)3月22日 - 昭和44年(1969年)5月23日)は、古河合名会社(古河財閥)副総帥、古河鉱業社長、初代富士通社長・創業者。吉村萬治郎 フレッシュアイペディアより)

  • 小瀬村晶

    小瀬村晶から見た富士通富士通

    CM音楽も数多く手掛けており、これまでに、au KDDI、IKEA、YKK AP、KFC、KINFOLK、BLENDY、NIKON、RADO、MISAWA HOME、TOSHIBA、SHARP、FUJITSU、CANON、NANO・UNIVERSEといった企業のCM音楽を担当している。また、2010年以来、全日空が提供する空港のラウンジルーム「ANA LOUNGE」の音楽を監修している。2015年には、「ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド」のTVCMに出演するなど、活動の幅を広げている。小瀬村晶 フレッシュアイペディアより)

  • 古河電気工業

    古河電気工業から見た富士通富士通

    古河機械金属(旧・古河鉱業)、富士電機、富士通とともに古河グループの中核企業である。古河電気工業 フレッシュアイペディアより)

1448件中 91 - 100件表示

「富士通」のニューストピックワード