1203件中 91 - 100件表示
  • au (携帯電話)

    au (携帯電話)から見た富士通富士通

    2010年10月に発足した富士通と東芝の携帯端末部門統合会社。主に開発・製造工程・販売全般を担当する。2012年4月1日付けで富士通の完全子会社となり東芝は事実上携帯電話事業から完全撤退した。au (携帯電話) フレッシュアイペディアより)

  • NTTドコモのイメージキャラクター

    NTTドコモのイメージキャラクターから見た富士通富士通

    富士通製端末キャラクター:EXILE(ARROWSシリーズ総合キャラクター)、大竹しのぶ(らくらくホンシリーズ)NTTドコモのイメージキャラクター フレッシュアイペディアより)

  • ATOK

    ATOKから見た富士通富士通

    携帯電話のメーカー別に見ると、三菱電機・富士通・カシオ日立モバイルコミュニケーションズ(カシオ計算機および日立製作所(→日立コンシューマエレクトロニクス))・鳥取三洋電機(現・三洋電機コンシューマエレクトロニクス)・三洋電機(大阪)(現・京セラSANYOブランド。W54SAとソフトウェアの開発を鳥取三洋電機が担当した機種のみ)・NEC(N600iのみ)・ノキア・パンテック&キュリテル・パナソニックモバイルコミュニケーションズ(au向けのみ)・東芝(KCP+対応機全てと同社製のスマートフォン)・京セラ(A5305KおよびW11K、同社SANYOブランドのW61SA、W63SA、W64SA、SA001、SA002を含むKCP+対応機全て)が採用している。またPHSではシャープで採用している機種がある。このほかには、ラベルライター、カーナビゲーション、映像機器等がある。ATOK フレッシュアイペディアより)

  • パーソナルコンピュータ

    パーソナルコンピュータから見た富士通富士通

    しかし日本では「日本語表示の壁」もあり各社独自の日本語仕様が続き、異なったメーカー間ではアプリケーションソフトウェアの互換性はほとんど無かった。16ビット市場では1982年(昭和57年)の日本電気のPC-9800シリーズがトップシェアを続け他には富士通のFMシリーズやFM TOWNS、セイコーエプソンのPC-9800互換機、個人向けに絞ったシャープのX68000、PC/AT互換機ベースのAX協議会のAX、日本語表示用に高解像度を標準採用した日本IBMのマルチステーション5550などが競った。一方、IBM互換機の独自拡張であるDynaBookは場所を決めずにいつでもどこでも利用できるノートパソコンを大きく広めるものとなった。また、より手軽に入手・使用できる廉価機として8ビットのMSX規格がホビーパソコンとして一定の普及をとげた。パーソナルコンピュータ フレッシュアイペディアより)

  • NTTデータ

    NTTデータから見た富士通富士通

    公共分野を始めとする国内市場の成長鈍化に対し、海外ITサービス企業へのM&Aを基本とした成長戦略を軸に据えている。これは、ITサービス事業者として見た場合、国内では富士通、日立製作所に次ぐ第3位の売上高であるものの世界規模では第15位と大きく出遅れていたためである。2012年度には海外売上高3,000億円の達成と、海外拠点50カ国への拡充を計画している。NTTデータ フレッシュアイペディアより)

  • あぶない刑事

    あぶない刑事から見た富士通富士通

    「RETURNS」ではPC関係の機材協力がNECだったのに対し当時舘は富士通のCMに出ていたことから、タカが指を舐めて画面操作しようとしたところをユージに「指タッチじゃねぇんだぞ」と突っ込まれている。なお、電気機器関係機材協力はテレビ第1作目〜またまたまでが番組メインスポンサーのリコー(同社が当時持たない録音機材などは主にソニーを使用)、もっと〜もっとも、FOREVER THE MOVIEが三菱電機(もっとでは、番組スポンサーも兼ねていた)、RETURNSがNEC、FOREVER TV SPECIAL'98、まだまだが富士通であった。あぶない刑事 フレッシュアイペディアより)

  • 堤真一

    堤真一から見た富士通富士通

    2007年には富士通 FMVシリーズのCMでは、ペンギンのようなポーズをしながら驚くアドリブを行い、そのテイクが採用された。さらに近年では俳優業の他、TVのスペシャル番組等でナレーターも務めている。堤真一 フレッシュアイペディアより)

  • 古河電気工業

    古河電気工業から見た富士通富士通

    古河機械金属(旧・古河鉱業)、富士電機、富士通とともに古河グループの中核企業である。古河電気工業 フレッシュアイペディアより)

  • 富士通テン

    富士通テンから見た富士通富士通

    富士通テン株式会社(ふじつうテン、英文社名:FUJITSU TEN LIMITED)は富士通グループに属し、カーナビゲーション、カーオーディオの大手メーカーの一つ。純正オーディオを手がけるトヨタ自動車(デンソー)とも資本関係が深い。富士通テン フレッシュアイペディアより)

  • Crusoe

    Crusoeから見た富士通富士通

    2000年に発売された「TM5400/5600」ではPCのノースブリッジチップを統合している。ただしAGPには対応していない。主に組み込み向け用途を狙ったCPUであるが、発表当初は、まだ他社製CPUに低消費電力向けのものがなかったため、ソニー、NEC、富士通、東芝、カシオなど特に日本市場向けの各社のモバイル向けノートパソコンなどに広く採用された。しかし、初回のアプリケーション起動時にはコードモーフィング処理を行うため、(二回目の起動からは多少速くなるというアナウンスだったものの)パフォーマンスは同クロック周波数の他社製CPUとベンチマークなどで比較すると60%程度で、明らかに見劣りするものだった。またノートパソコン全体の消費電力を左右するのはCPUだけではなかった。発売当初、各CPUのCMSはフラッシュメモリに書き込まれていてバージョンアップ時に変更が可能とされていたが、修正版は一般にはリリースされていない。Crusoe フレッシュアイペディアより)

1203件中 91 - 100件表示

「富士通」のニューストピックワード

  • UQ mobile×UQ WiMAX スペシャルお笑いSHOW

  • えっ、シャワー用軟水器の新作が出たの? 欲しい!

  • ホットストック