1203件中 21 - 30件表示
  • FM TOWNS

    FM TOWNSから見た富士通富士通

    FM TOWNS(エフエムタウンズ)は富士通が1989年2月28日に発表した独自アーキテクチャのパーソナルコンピュータである。FM TOWNS フレッシュアイペディアより)

  • BASIC

    BASICから見た富士通富士通

    F-BASIC386コンパイラ (富士通 FM-TOWNS)BASIC フレッシュアイペディアより)

  • 光磁気ディスク

    光磁気ディスクから見た富士通富士通

    一方、日本国内では当初から企業や官公庁を中心に登場時からデータの保存・運搬用として広く普及しており、デスクトップパブリッシングやデザイン・印刷・出版の分野では、そのメディア信頼性の高さと容量に対するコストパフォーマンスの良さから広く使われている。特にPC-9800シリーズではデバイスドライバを必要とせずSCSI接続のMOからのブートも可能だったため、Windowsの普及初期に広く出回った(PC/AT互換機ではデバイスドライバが必要)。Windows 95まではHDDレスのシステムも構築可能だった。1990年代にはZipドライブの普及に押され気味だった時期もあったが、Zipドライブが衰退し始めてからは一時期勢いを取り戻したこともあった。しかし代わってCD-RWやDVDドライブがパソコンに標準搭載されることが急増し、さらにフラッシュメモリーが安価に出回るようになり始めてからはすぐに衰退の一途を辿った。富士通よりCD-ROM・MOの両方が使えるコンボドライブが開発・試作されたが、市場販売には至らなかった。MOはドライブの小型化やインターフェースにUSBバスパワータイプを採用した製品が登場し、信頼性・長期保管性に長けたメディアとして見直す動きもあったが、大容量化でDVDやBDに遅れを取ったこともあり、需要は伸びることはなかった。関連企業により1999年結成された「MOフォーラム」も2009年から休眠、2010年に解散しており、コンシューマー向けの規格としては終焉したとみてよい。光磁気ディスク フレッシュアイペディアより)

  • サン・マイクロシステムズ

    サン・マイクロシステムズから見た富士通富士通

    日本市場では富士通・東芝・CTCなどと提携し、通信系や企業基幹系に浸透しつつあったUNIX市場において、その価格性能比と知名度で進出した。その結果、日本市場では競合するHP・日本電気陣営や、IBM・日立陣営などと並び、有力な商用UNIX系ベンダーとなった。サン・マイクロシステムズ フレッシュアイペディアより)

  • 池田敏雄

    池田敏雄から見た富士通富士通

    池田 敏雄(いけだ としお、1923年8月7日 - 1974年11月14日)は日本のエンジニアで、日本のコンピュータ開発のパイオニア。1970年から富士通役員を務め、死後に専務を贈られた。池田敏雄 フレッシュアイペディアより)

  • 東芝

    東芝から見た富士通富士通

    2011年(平成23年) 8月 - 一部メディアにより、携帯電話事業を富士通に売却し、携帯電話生産より撤退する旨が報じられる。東芝 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎市

    川崎市から見た富士通富士通

    1997年(平成9年) - 富士通川崎サッカー部がプロ化し「川崎フロンターレ」誕生。川崎市 フレッシュアイペディアより)

  • 野中郁次郎

    野中郁次郎から見た富士通富士通

    エーザイ取締役・指名委員会委員長、富士通取締役、元雪印乳業監査役(2002年まで)等を歴任。2006年、事業創造大学院大学非常勤教員就任。2010年、富士通総研理事長就任。同年瑞宝中綬章を受章した。野中郁次郎 フレッシュアイペディアより)

  • ニフティ

    ニフティから見た富士通富士通

    ニフティ株式会社(NIFTY Corporation)は、インターネットサービスプロバイダを主力事業とする電気通信事業者であり、富士通の連結子会社である。ニフティ フレッシュアイペディアより)

  • 日立製作所

    日立製作所から見た富士通富士通

    通信機器は、富士通や沖電気工業、NECとともに、いわゆる電電ファミリーの一角として、グループ企業を含めNTTグループに交換機などの通信機器を納入しているが沖電気と共に中堅の地位にある。金融機関向けのATM製造は、2004年(平成16年)10月に日立オムロンターミナルソリューションズを設立し分社化された。日立製作所 フレッシュアイペディアより)

1203件中 21 - 30件表示

「富士通」のニューストピックワード