1203件中 41 - 50件表示
  • アムダール

    アムダールから見た富士通富士通

    アムダール (Amdahl Corporation) は、1970年、IBMの元従業員ジーン・アムダール博士が創業した企業。IBMメインフレームの互換コンピュータを製造した。1997年7月、富士通の完全子会社となり、独立した企業としては消滅した。本拠地はカリフォルニア州サニーベール。アムダール フレッシュアイペディアより)

  • リモートホスト

    リモートホストから見た富士通富士通

    @niftyをはじめとする富士通グループのISPリモートホスト フレッシュアイペディアより)

  • F-BASIC

    F-BASICから見た富士通富士通

    F-BASIC(エフベーシック)は、富士通が自社のパソコンブランドであるFMシリーズに搭載したBASIC言語。マイクロソフト系BASICに由来する命令セットを持ち、当時としては、画像や音声を扱う機能が豊富であった。F-BASIC フレッシュアイペディアより)

  • オールアート・プロモーション

    オールアート・プロモーションから見た富士通富士通

    1963年、社長の石塚が一代で創業した。数々の海外の超一流ジャズ・ミュージシャンを日本に招聘、コンサートを多数企画制作している。また、海外ジャズ・アーティストのレコード販売権利を取得し日本でリリースしたことから始まり、レコード・CDの制作を行っている。石塚がプロデュースした海外ミュージシャンのレコード・CDは非常に多い。1970年代には日野皓正が専属ミュージシャンだったこともあり、日野の短期留学を手伝い『ジャーニー・トゥ・エアー』録音に携わった。1986年、富士通を冠スポンサーとして富士通コンコード・ジャズ・フェスティバルの企画制作を開始、日本における主要なジャズ・フェスティバルの一つとなっている。毎年アメリカの有名ミュージシャンを招聘するこのフェスティバルで、近年では日本のトップ・ミュージシャンとの共演ステージも手掛けている。また、富士通スペシャルとして企画制作したコンサートに「JAZZ ELITE」「100 GOLD FINGERS」がある。1990年から2009年まで計11回開催された「100 GOLD FINGERS」は、毎年一流ピアニスト10名を日本に呼び集めることから「ニューヨークからピアニストが消えた!!」というキャッチコピーで話題となり、石塚ならではの企画としてジャズ愛好家の間で語り継がれている。心の付き合いを大事にする石塚は、特に親しかった故レイ・ブラウンをはじめミュージシャン達と公私ともに交流し、多くの海外ミュージシャンからTAKAOの愛称で呼び親しまれている。長年の業績により、石塚は日米のジャズ関係者・愛好家の間で名プロモーター/プロデューサーとして知られ、2010年、第24回富士通コンコード・ジャズ・フェスティバルが第22回ミュージック・ペンクラブ音楽賞ポピュラー部門「最優秀コンサート・パフォーマンス賞 日本人アーティスト」を受賞、富士通(株)の松本豊氏と共に授賞式の壇上に昇った。オールアート・プロモーション フレッシュアイペディアより)

  • ITゼネコン

    ITゼネコンから見た富士通富士通

    NTT系列や国内大手ITベンダー(日立、NEC、富士通)の三社、外資系ITベンダー(IBM、HP、Sunなど)系列のSIerが大手の顧客を囲い込み、インフラ構築からコンピュータ機器の設置、納入後の運用メンテナンスに至るまでを一括受注して利益を得ており、実際のプログラミングやテスト作業を中小のSIerに丸投げしている状態となっている。このようなIT業界の構造を揶揄して、「ITゼネコン」という用語が批判的文脈で使用されるケースが近年多くなってきている(なお、下請けのプログラマは「デジタル土方」という言葉で揶揄されている)。また、システムの規模の計算は、人数と日数の掛け算の「人月計算」という単純な方法で金額が決められて発注が行われるため、この点においても建設業界のゼネコンの構造と類似している。ITゼネコン フレッシュアイペディアより)

  • FDK

    FDKから見た富士通富士通

    FDK株式会社(エフディーケイ、英文社名:FDK Corporation)は、古河グループの電子部品や電池などを製造するメーカーである。富士通の連結子会社である。FDKは旧社名である富士電気化学(Fuji Denki Kagaku)に由来する。かつてはFUJI NOVELブランドで製品を展開していたが、現在はFDK、富士通ブランドで製造・販売を行っている。FDK フレッシュアイペディアより)

  • ニフティサーブ

    ニフティサーブから見た富士通富士通

    1984年には世界最大のネットワークコミュニティとして確立していた米CompuServeの日本版を作るという構想は複数の会社が持っており、同じ頃にはCompuServeに三菱商事やアスキー等から打診はあったが、CompuServeに英語圏以外に進出する気はなく、運営に関するノウハウをライセンスしてもいいという態度であった。その上、CompuServeが要求するライセンス料が高額であったため実現していなかった。1985年、富士通と日商岩井(現・双日)がライセンス料を折半する話になり、CompuServeとの交渉の上、三井物産が既にライセンス獲得に向けた交渉を行っていたが、富士通・日商岩井がライセンスを受けることになった。ニフティサーブ フレッシュアイペディアより)

  • 出雲全日本大学選抜駅伝競走

    出雲全日本大学選抜駅伝競走から見た富士通富士通

    出雲全日本大学選抜駅伝競走(いずもぜんにほんだいがくせんばつえきでんきょうそう)とは1989年に始まった社団法人日本学生陸上競技連合・出雲市主催の駅伝競走大会である。大会協賛は富士通。男子の大学駅伝としては全日本大学駅伝と関東学生陸上競技連盟主催の箱根駅伝とともの三大大学駅伝の一つとされており、その中では最も歴史が新しい大会。大会の正式略称は「出雲駅伝」。出雲全日本大学選抜駅伝競走 フレッシュアイペディアより)

  • mova

    movaから見た富士通富士通

    NTTは、1989年(平成元年)7月にDDIセルラーグループが採用したTACS方式(JTACS)による携帯電話サービスで提供されたモトローラ社製小型機MicroTAC(容積約300cc)に対抗するため、日本の主要通信機器メーカー、松下通信工業(現:パナソニック モバイルコミュニケーションズ)、日本電気、三菱電機および富士通の4社と共同で容積200ccを目指したTZ-804型無線機を開発、1991年(平成3年)4月から提供。当時、自動車電話及びショルダーホンと区別するため「携帯電話」という商品名で提供していた既存商品TZ-802・TZ-803型無線機と区別する「超小型携帯電話・ムーバ(mova)」と呼称する商品群とした。「mova」の名称は英語のmovable(動かせる、移動する)の最初の4文字movaから採ったもので、携帯のしやすさ、移動のしやすさを表現したものである。DDIセルラーグループ・日本移動通信のデジタル網は、IDOはセルラー・NTTドコモ、セルラーはIDO・NTTドコモというようにmovaにローミングした。なお、端末は当初はレンタルで、販売は1994年(平成6年)4月の売り切り制解禁からである。mova フレッシュアイペディアより)

  • SoftBank 101F

    SoftBank 101Fから見た富士通富士通

    富士通ブランドではデジタルホン時代のDP-125以来実に14年ぶりの再参入で、ソフトバンク時代では初となるスマートフォンである。富士通モバイルの実質的な前身である東芝本体の社内カンパニーであるモバイルコミュニケーション社時代を含めると、2009年12月に発売されたSoftBank X02T以来約2年半ぶりの端末となる。SoftBank 101F フレッシュアイペディアより)

1203件中 41 - 50件表示