1448件中 41 - 50件表示
  • 省スペースパソコン

    省スペースパソコンから見た富士通富士通

    1970年代後半、パソコンの登場した当時、パソコンに標準的なサイズというものは存在せず、省スペースパソコンという概念もまた存在しなかったと考えられる。もちろん、比較的大型のものと比較的小型のものの区別は在ったし、用途別に使い分けられてもいたが、今日のようなはっきりとしたコンセプトの違いとして現れていたとは言えない。8ビット時代(1970年代後半から1980年代前半)のパソコンはアップルコンピュータ(現アップル)のApple IIや日本電気 (NEC) のPC-8000シリーズ・PC-6000シリーズ、富士通のFM-7、各社MSXパソコンなどキーボードと本体が一体となり、今日的な基準から言えば十分に省スペースと呼べるものも多かった。あるいはシャープMZ80シリーズやコモドールのPET-2001などのオールインワンタイプも合った。もちろん、PC-8800シリーズなどキーボードと本体が分離したものもあったが、どちらかというと高性能・高級な機種に採用される例が多く、主流とはいえず、サイズもまちまちで今日的な基準からするとやや小ぶりのものが多かったように思われる。省スペースパソコン フレッシュアイペディアより)

  • キッズケータイ

    キッズケータイから見た富士通富士通

    F801i(富士通) - 2007年12月20日発売キッズケータイ フレッシュアイペディアより)

  • リモートホスト

    リモートホストから見た富士通富士通

    @niftyをはじめとする富士通グループのISPリモートホスト フレッシュアイペディアより)

  • Air Warrior

    Air Warriorから見た富士通富士通

    かつて富士通がFM TOWNS用にリリースした『富士通Air Warrior(略称FAW)』が挙げられる。完全日本語化されており、グラフィックも当時のオリジナル版(Air Warrior)よりも綺麗になっていた。マウスの他にアナログコントローラー(XE-1 APやSHARP製のサイバースティック等)が利用可能であった。Air Warrior フレッシュアイペディアより)

  • アムダール

    アムダールから見た富士通富士通

    アムダール (Amdahl Corporation) は、1970年、IBMの元従業員ジーン・アムダール博士が創業した企業。IBMメインフレームの互換コンピュータを製造した。1997年7月、富士通の完全子会社となり、独立した企業としては消滅した。本拠地はカリフォルニア州サニーベール。アムダール フレッシュアイペディアより)

  • エーベルージュ

    エーベルージュから見た富士通富士通

    『エーベルージュ』(英題:Eberouge)は、富士通より発売された恋愛シミュレーションゲームのシリーズ。「ワーランドシリーズ(WORLAND Series)」というシリーズ名が付けられている。エーベルージュ フレッシュアイペディアより)

  • 両備システムズ

    両備システムズから見た富士通富士通

    また、設立当初から富士通製FACOM231を導入し、かつては富士通と合弁で富士通岡山システムエンジニアリングを設立するなど、富士通とのつながりが強い。両備システムズ フレッシュアイペディアより)

  • F-BASIC

    F-BASICから見た富士通富士通

    F-BASIC(エフベーシック)は、富士通が自社のパソコンブランドであるFMシリーズに搭載したBASIC言語。マイクロソフト系BASICに由来する命令セットを持ち、当時としては画像や音声を扱う機能が豊富であったが、Windows版は設計思想が評価されず、2006年に販売を打ち切った。F-BASIC フレッシュアイペディアより)

  • DS/90 7000シリーズ

    DS/90 7000シリーズから見た富士通富士通

    DS/90 7000シリーズとは富士通とPFUが共同開発・販売していた独自仕様のUNIXサーバ・ワークステーションである。DS/90 7000シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • FR80

    FR80から見た富士通富士通

    FR80は、富士通により開発された、 RISCタイプの32ビットマイクロコントローラである。FR80 フレッシュアイペディアより)

1448件中 41 - 50件表示

「富士通」のニューストピックワード