1448件中 51 - 60件表示
  • F-07C

    F-07Cから見た富士通富士通

    Windows 7 ケータイ F-07Cは、富士通によって開発された、NTTドコモの第3世代移動通信システム(FOMA)端末である。またiモード対応の携帯電話用OS(MOAP(S)・Symbian OS)とパソコン用のOSであるWindows 7 Home Premiumの2つのOSが搭載されている。キャッチコピーは「パソコンが手のひらサイズに!」。F-07C フレッシュアイペディアより)

  • IBM産業スパイ事件

    IBM産業スパイ事件から見た富士通富士通

    IBMと日立は翌1983年に和解した。また1984年より、当初は当事者外であった富士通とIBMの交渉も進められ、1988年に和解した。IBM産業スパイ事件 フレッシュアイペディアより)

  • BeSTA

    BeSTAから見た富士通富士通

    BeSTAを採用したシステム共同化には、「NTTデータ地銀共同センター」、「MEJAR」、「STELLA CUBE」、「BeSTAcloud」がある(詳細は後述)。また2005年9月のNTTデータ・日立製作所・富士通による共同発表「オープン系サーバーで動作する次世代勘定系パッケージの共同開発」でも、ベースに採用される可能性があるとも報道されている。BeSTAには、勘定系のほかに、営業系システムであるBeSTAlinkが開発されている。その他、日立製作所の勘定系パッケージNEXTBASEもソフトウェアとしてはBeSTAがベースである。ソフトウェア形態の共同化パッケージとしては、他社製品では、日本ユニシスのTRITONなどがある。BeSTA フレッシュアイペディアより)

  • FDKエナジー

    FDKエナジーから見た富士通富士通

    FDKエナジー株式会社(エフディーケイエナジー、)は、アルカリ乾電池、リチウム電池の製造等を行うFDKの子会社。同じく子会社のPT FDK INDONESIAとともに、FDKグループとして乾電池を供給している。供給先ブランドは富士通の他、ソニー、三菱電機、東芝など。FDKエナジー フレッシュアイペディアより)

  • 強誘電体メモリ

    強誘電体メモリから見た富士通富士通

    強誘電体メモリ(きょうゆうでんたいめもり・)とは、FeRAMとも呼ばれる、強誘電体のヒステリシス(履歴効果)に因る正負の残留分極(自発分極)をデータの1と0に対応させた不揮発性メモリのことである。なお、FRAMは同種のRAMのラムトロン・インターナショナル(【現】サイプレス・セミコンダクター)による商標で、国内では富士通が同社とのライセンスによりFRAMの名称を使用している。強誘電体メモリ フレッシュアイペディアより)

  • 神戸国際交流会館

    神戸国際交流会館から見た富士通富士通

    現在、富士通の研究拠点の他、サンテレビジョン本社・映像制作関連会社7社等が入居し、情報メディア関連企業の集積が進んでいる。神戸国際交流会館 フレッシュアイペディアより)

  • F-12C

    F-12Cから見た富士通富士通

    ドコモ スマートフォン F-12C(ドコモ スマートフォン エフ イチ に シー)、後のdocomo with series F-12C(ドコモ ウィズシリーズ エフ イチ に シー)は、富士通によって開発された、NTTドコモの第3世代移動通信システム(FOMA)端末である。F-12C フレッシュアイペディアより)

  • メディアッティ・コミュニケーションズ

    メディアッティ・コミュニケーションズから見た富士通富士通

    2008年7月8日 - 株式会社横浜テレビ局の株式48.3%を、日揮株式会社および富士通株式会社から取得し、子会社化(24.3%→72.6%)。メディアッティ・コミュニケーションズ フレッシュアイペディアより)

  • ツーカー

    ツーカーから見た富士通富士通

    主に、京セラ・三洋電機(大阪、携帯電話事業のみ後に京セラへ譲渡)・東芝(携帯電話事業は後に富士通と合弁し現在の富士通モバイルコミュニケーションズに至る)の三社が端末を納入してきた(かつての納入会社としてはソニー・三菱電機・ケンウッド・NEC・富士通・モトローラ・松下通信工業(現:パナソニック モバイルコミュニケーションズ)が挙げられる)。ツーカー フレッシュアイペディアより)

  • Advanced Comprehensive Operating System

    Advanced Comprehensive Operating Systemから見た富士通富士通

    1950年代のパラメトロンコンピュータやFONTAC(富士通/沖/NEC共同コンピュータ)の流れの中、1960年代半ばに始まる通産省主体の大型プロジェクト超高性能電子計算機開発計画において、IBMなどの海外のコンピュータベンダに依らない日本独自のコンピュータシステムを構築すべく、NEC/日立製作所/富士通/東京芝浦電気(東芝)/沖電気/松下通信工業(松下)/三菱電機などに通産省の元でコンピュータシステムの開発を進めさせた。松下などは、コンピュータはまだ商売にならないと判断して早々と撤退を行ったが、それ以外のベンダはコンピュータの開発にしのぎを削っていく事になる。Advanced Comprehensive Operating System フレッシュアイペディアより)

1448件中 51 - 60件表示

「富士通」のニューストピックワード