1448件中 61 - 70件表示
  • SoftBank 101F

    SoftBank 101Fから見た富士通富士通

    富士通ブランドではデジタルホン時代のDP-125以来実に14年ぶりの再参入で、ソフトバンク時代では初となるスマートフォンである。富士通モバイルの実質的な前身である東芝本体の社内カンパニーであるモバイルコミュニケーション社時代を含めると、2009年12月に発売されたSoftBank X02T以来約2年半ぶりの端末となる。SoftBank 101F フレッシュアイペディアより)

  • SoftBank 201F

    SoftBank 201Fから見た富士通富士通

    ARROWS X F-02E - NTTドコモ向けの事実上の兄弟機種。同時期に発売されるモデルとしては今回も差別化(F-02Eはクアッドコア、フルHD液晶)が図られた。ストレージは同じく32GB、CPUはTegra 3。製造は富士通本体が担当。SoftBank 201F フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木康弘 (実業家)

    鈴木康弘 (実業家)から見た富士通富士通

    武蔵工業大卒業後、富士通に入社。システムエンジニアとして勤務。その後ソフトバンクに転職。電子商取引事業の立ち上げに携わり、1999年には同社、セブン-イレブン、トーハン、ヤフーとの合弁会社であるイー・ショッピング・ブックスの社長に就任。鈴木康弘 (実業家) フレッシュアイペディアより)

  • 富士通エフ・アイ・ピー

    富士通エフ・アイ・ピーから見た富士通富士通

    富士通エフ・アイ・ピー株式会社(ふじつうエフアイピー、英文社名:FUJITSU FIP CORPORATION)は、富士通グループの一つでシステムインテグレーションサービス、Webサービス、アウトソーシングサービスを行うシステムインテグレーター(メーカー系)。富士通エフ・アイ・ピー フレッシュアイペディアより)

  • 北川敏男

    北川敏男から見た富士通富士通

    大阪帝国大学助教授、九州大学教授、同理学部長、富士通国際情報社会科学研究所所長、日本学術会議会員、日本情報処理学会会長を歴任。理学博士。北川敏男 フレッシュアイペディアより)

  • ビーケーワン

    ビーケーワンから見た富士通富士通

    2000年7月に、図書館流通センターが母体となり設立した株式会社ブックワンにより運営開始。自社(ビーケーワン)サイトによる自社販売の他、三省堂書店(提携サイトに移行)、独ベルテルスマンによるBOL日本(廃止)、えきねっとbooks(廃止)などのオンライン書店事業を運営受託し、それらサイトと自社流通インフラを一体化した運営を行っている。2006年3月に、ブックワンは株式会社図書館流通センター(TRC)に吸収合併され、同社の運営となった。情報システムは富士通製。ビーケーワン フレッシュアイペディアより)

  • 富士通テレコムネットワークス

    富士通テレコムネットワークスから見た富士通富士通

    富士通テレコムネットワークス株式会社(ふじつうテレコムネットワークス、英文社名:FUJITSU TELECOM NETWORKS LIMITED)は、富士通グループの一つでネットワーク機器・装置・システムの製造を行う、栃木県小山市に本社を置く企業である。富士通テレコムネットワークス フレッシュアイペディアより)

  • 東芝製のスマートフォン

    東芝製のスマートフォンから見た富士通富士通

    東芝を意味するTを冠した富士通製・ARROWSブランド東芝製のスマートフォン フレッシュアイペディアより)

  • キヤノンITSメディカル

    キヤノンITSメディカルから見た富士通富士通

    また、富士通株式会社の販売パートナーとして、小規模病院および診療所を対象にした医療事務システム・電子カルテシステムを、また、株式会社ユニケソフトウェアリサーチの調剤事務システムの販売およびサポートを行っている。キヤノンITSメディカル フレッシュアイペディアより)

  • Oh!FM

    Oh!FMから見た富士通富士通

    『Oh!FM』(オー!エフエム)は、日本ソフトバンク(現・SBクリエイティブ)より発行された、富士通のパソコン・FMシリーズ向けのパソコン雑誌。本項では、後継誌の『Oh!FM TOWNS』(オー!エフエムタウンズ)、『FMVファミリー』についても解説する。Oh!FM フレッシュアイペディアより)

1448件中 61 - 70件表示

「富士通」のニューストピックワード