647件中 91 - 100件表示
  • 富山県

    富山県から見た小島職鎮

    3月11日 - 信長方であった小島職鎮、唐人親広、景勝に内通し協働して富山城を占拠するが、柴田、佐々、前田の兵によってこれを奪還される。また信長方は進んで魚津、松倉の両城を囲む(魚津城の戦い)。『信長公記』曰く、「去程越中国富山之城に、神保越中守居城候然而、今度信長御父子信州表に至而御動座候之処、武田四郎節所を拘、遂一戦悉討果候之間、此競に越中国も一揆令蜂起其国存分に申付候へと有??と越中へ偽申遣候事実に心得、小野六郎左衛門、加老戸式部両人一揆大将に罷成、神保越中を城内へ押籠、三月十一日、富山之城居取に仕近辺に挙煙候不移時、柴田修理亮、佐々内蔵介、前田又左衛門、佐久間玄番頭、此等之衆として富山之一揆城取巻候間落去不可有幾程之旨注進被申上候」。富山県 フレッシュアイペディアより)

  • 富山県

    富山県から見た源氏鶏太

    「サラリーマン小説」を得意にした富山市出身の源氏鶏太は「富山県人である宿命」(『わが文壇的自叙伝』集英社)に同窓会に出てみんな泥くさいとし「私自身、極めて泥くさい人間であることを知っているし、それが富山県人の特性であると信じている。ただし、あえて弁解すれば、泥くさいということは、軽薄でないということだ」と書いている。富山県 フレッシュアイペディアより)

  • 富山県

    富山県から見た正力松太郎

    読売新聞北陸支社(実質的創業者正力松太郎が当県出身)富山県 フレッシュアイペディアより)

  • 富山県

    富山県から見た三善為康

    1139年(保延5年)8月4日 - 『朝野群載』や『懐中暦』を著した越中国射水郡出身の算博士三善為康が卒去する。富山県 フレッシュアイペディアより)

  • 富山県

    富山県から見た吉田経房

    1187年(文治3年)3月2日 - 頼朝が吉田経房より院旨を伝える書状のあったのを以て、越中国吉岡庄の地頭を交替するよう令する。富山県 フレッシュアイペディアより)

  • 富山県

    富山県から見た北条時行

    8月18日 - 越中国国司たる源定清が北条時行に呼応して挙兵した名越時兼を加賀に討つ(中先代の乱)。この時、時兼が新川郡針原郷大野に鎮座していた日枝神社に放火したため、神主たる平尾氏はこれを逃れて隠土山に逃れたという。富山県 フレッシュアイペディアより)

  • 富山県

    富山県から見た上杉謙信

    1556年(弘治2年)8月23日 - 大熊朝秀、長尾景虎に叛いて武田晴信に内通し越中に奔る。富山県 フレッシュアイペディアより)

  • 富山県

    富山県から見た北条朝時

    6月8日 - 同日般若野荘、のち礪波山において官軍賊軍相戦う。『吾妻鏡』によると鎌倉方は北条朝時を北陸道大将軍として4万余騎を率いたといい、京方は宮崎定範等北陸の国人が参加していたという。『承久記』曰く、「越中ト加賀ノ堺ニ砥並山ト云所有。黒坂・志保トテ二ノ道アリ。トナミ山ヘハ仁科次郎・宮崎左衛門向ケリ。志保ヘハ糟屋有名左衛門・伊王左衛門向ケリ。加賀国住人林・富樫・井上・津旗、越中国住人野尻・河上・石黒ノ者共、少々都ノ御方人申テ相戦フ。志保ノ軍破ケレバ、京方皆落行ケリ」と。富山県 フレッシュアイペディアより)

  • 富山県

    富山県から見た桃井直常

    10月23日 - 直義方の桃井直常、越中国氷見湊を攻略し能登に進撃する(観応の擾乱)。富山県 フレッシュアイペディアより)

  • 富山県

    富山県から見た北陸宮

    8月18日 - 義仲、越中国宮崎に居た北陸宮を皇儲につけようと謀るも失敗する。この宮は往時、越中国新川郡宮崎にあったといい、『越中旧事記』には「宮崎南山上、後白河院第二の御子以仁親王の御子をは、治承の乱の時、以仁親王の御めのと讃岐前司重秀が北国へぐしまいらせたりけるを、木曽義仲もてなし奉りて、越中の国宮崎といふ所に御所をつくりてすへまいらせ、御元服ありけれは、木曽か宮とも申」と伝える。富山県 フレッシュアイペディアより)

647件中 91 - 100件表示

「富山のできごと」のニューストピックワード