647件中 61 - 70件表示
  • 富山県

    富山県から見た浅野総一郎

    この勤倹克己を地で行くような県民性は、安田財閥で安田講堂に名を残す安田善次郎や浅野財閥の浅野総一郎やホテルニューオータニの大谷米太郎のような経済的成功者を多く生み出してきた。富山県 フレッシュアイペディアより)

  • 富山県

    富山県から見た前田秀継

    5月 - 成政の手勢なる佐々平左衛門、今石動城を襲撃するも前田秀継等によって撃退される。富山県 フレッシュアイペディアより)

  • 富山県

    富山県から見た綽如

    1390年(元中7年/康応2年・明応元年) - 本願寺5代目法主僧綽如によって瑞泉寺が創建される。『和漢三才図会』曰く、「綽如本寺ヲ巧如ニ譲リ当国礪波郡杉谷ニ幽居ス。時ニ異国ノ書簡京師ニ来リテ文義暁(サトシ)難キ者有リ。博識ヲ以テ綽如ヲ勅シテ召シ之ヲ読マシム。文文句句水ノ流レルカ如シ。叡感最モ甚シ。嘗テ一宇ヲ越中ニ建テント欲シテ之ヲ奏シ勅許アリテ下向ス。此所ニ乗馬俄ニ嘶キ留リ行カズ、其地清泉湧出ヅル。此ニ於テ寺ヲ建テ勅ヲ賜ヒテ瑞泉寺周円上人ト号シ、又礪波ヲ改メテ井波ト為ス」。富山県 フレッシュアイペディアより)

  • 富山県

    富山県から見た徳大寺実通

    1545年(天文14年)4月9日 - 正二位権大納言・右大将徳大寺実通、下向先の越中において害せらる。『言継卿記』(天文十四年四月十六日条)曰く、「従広橋使有之、徳大寺(実通卿)雑談有之、如何之由被申候、不知之由申之、重使者有之尋遣之処、去七日に下国之処、八日暁天押寄、右大将、物加波蔵人(懐世)以下十三人悉生害、云々、人数一人逃上洛、云々、越中国於知行分之事也、先代未聞之儀、言語道断之儀、不能分別題目也」。富山県 フレッシュアイペディアより)

  • 富山県

    富山県から見た源義仲

    5月11日 - 源義仲が越中国豪族石黒太郎光弘らを従えて越中国礪波山の倶利伽羅峠で平維盛を破る(倶利伽羅峠の戦い)。『平家物語』には「源氏はか様にして日をくらし、平家の大勢を倶利伽羅が谷へ追ひおとさうどたばかりけるを、すこしもさとらずして、共にあひしらひ日をくらすこそはかなけれ。次第にくらうなりければ、北南よりまはツつる搦手の勢一万余騎、倶利伽羅の堂の辺にまはりあひ、箙の方立打ちたゝき、時をどツとぞつくりける。平家うしろをかへり見ければ、白旗雲のごとくさしあげたり(中略)平家、したいにくらうはなる。前後より敵はせめ来る。「きたなしや、かへせ??」といふやからおほかりけれども、大勢の傾きたちぬるは、左右なうとツてかへす事かたければ、倶利伽羅が谷へわれ先にとぞおとしける。まツさきにすすんだる者が見えねば、此谷の底に道のあるにこそとて、親おとせば子もおとし、兄おとせば弟もつづく」と、平家の軍勢が谷底へ落ちていった描写はあるものの有名なる火牛の計の話はみえない。火牛の話がみえるのは『源平盛衰記』であり、「四五百余頭ノ牛ノ角ニ松明ヲ燃シテ、平家ノ陣ヘ追入、胡頽子木原柳原上野辺ニ扣ヘタル軍兵三万余騎、鬨ヲ合喚叫、黒坂表ヘ押寄ル。前後四万騎ガ鬨山モ崩岩モ摧ラント夥シ。(中略)我先我先ト諍ヘ共、西ハ搦手也。東ハ追手也。北ハ岩石高シテ上ルヘキ様ナシ。南ハ深キ谷也、下スヘキ便ナシ。闇サハクラシ案内ハ知ラス、如何カスヘキト方角ヲ失ヘリ(中略)爰ニ不思議ソ有ケル。白装束シタル人三十騎ハカリ南黒坂ノ谷ヘ向テ落セ殿原、アヤマチスナ??トテ深谷ヘコソ打入ケレ、平家是ヲ見テ五百余騎連テ落シタリケレハ、後陣ノ大勢是ヲ見テ、落足カヨケレハコソ先陣モ引カヘサザルラメトテ劣シ劣シト父落セハ子モ落ス云々」とある。巷説に旧東礪波郡五箇山地方はこの戦いに敗れた平家が陰遁した地と言い、当地の民謡たる麦屋節及びこきりこ節には「波の屋島をとくのがれ来て薪伐るてふ深山辺に烏帽子狩衣脱ぎ打棄てゝいまは越路の杣刀」という歌詞が残っている。富山県 フレッシュアイペディアより)

  • 富山県

    富山県から見た源行家

    6月21日 - 頼朝が義経及び行家捜索のための越中含む諸国における武士の濫行を禁ずる旨訓令する。富山県 フレッシュアイペディアより)

  • 富山県

    富山県から見た鰺坂長実

    6月15日 - 本願寺顕如麾下の越中国一向一揆衆、射水郡日宮城を攻めてこれを危殆に陥らしむるを聞き、上杉謙信属将新庄城城主鰺坂長実、山本寺定長等これが救援のため呉福山に布陣し、同日一向一揆衆に敗戦する。この戦いにおいて山本寺定長は戦死し、日宮城の守備に当っていた神保覚広等は石動方面へ撤退した。富山県 フレッシュアイペディアより)

  • 富山県

    富山県から見た蓮如

    1475年(文明7年)7月16日 - 礪波郡瑞泉寺に蓮如の巡錫あり、越中における浄土真宗伝播の一契機となる。『賢心物語』曰く、「蓮如上人当寺(瑞泉寺)ヘ文明七年七月十六日御下向ノ時、蓮乗時ノ御住持ナリ、河上ノ衆ヲ始トシテ、当国ノ御門徒衆ウチヨリマカナイ申サレ候、順如ハハジメ申御兄弟衆男女トモニミナ々々御下向候ツルヨシ、了如御物語アリケリ」。またこの年、 富樫政親と争う加賀国一向一揆衆が敗れて井波瑞泉寺に遁走する。富山県 フレッシュアイペディアより)

  • 富山県

    富山県から見た山本寺定長

    6月15日 - 本願寺顕如麾下の越中国一向一揆衆、射水郡日宮城を攻めてこれを危殆に陥らしむるを聞き、上杉謙信属将新庄城城主鰺坂長実、山本寺定長等これが救援のため呉福山に布陣し、同日一向一揆衆に敗戦する。この戦いにおいて山本寺定長は戦死し、日宮城の守備に当っていた神保覚広等は石動方面へ撤退した。富山県 フレッシュアイペディアより)

  • 富山県

    富山県から見た堀河天皇

    1103年(康和5年)6月10日 - 堀河天皇不例あり、卜奏によって諸国社司に中祓を科し、越中においては高瀬、鵜坂、白鳥、速川の諸社が指定される。富山県 フレッシュアイペディアより)

647件中 61 - 70件表示

「富山のできごと」のニューストピックワード