647件中 71 - 80件表示
  • 富山県

    富山県から見た姉小路頼綱

    4月22日 - 三木自綱の属将塩屋秋貞越中猿倉城へ入るを長尾景直怪しみ謙信に秋貞を召喚することを請う。富山県 フレッシュアイペディアより)

  • 富山県

    富山県から見た土方雄久

    1600年(慶長5年) - この年、前田利長より土方雄久へ新川郡布市以南1万石を分与する(布市藩)。富山県 フレッシュアイペディアより)

  • 富山県

    富山県から見た井上俊清

    12月12日 - 越中国守護普門利清が足利高氏の叛乱に呼応して越中国国司源定清(中院定清)を石動山に攻殺する(延元の乱)。『太平記』曰く「越中守護普門蔵人利清、并井上、野尻、長澤、波多野ノ者共、将軍ノ御教書ヲ以テ両国ノ勢ヲ集、叛逆ヲ企ル間、国司中院少将定清、要害ニ就テ、当山ニ楯籠ラルヽニ、今月十二日彼逆徒等雲霞ノ勢ヲ以テ押寄ル間、衆徒等義卒ニ与シテ、身命ヲ軽ストイヘトモ、一陣全キ事ヲ得スシテ遂ニ定清戦場ニ於テ命ヲ隕サル」。富山県 フレッシュアイペディアより)

  • 富山県

    富山県から見た聖武天皇

    2月14日 - 聖武天皇、国分寺建立の詔を渙発し、「毎レ国造二僧寺一」よう命ずる。越中においては現在の高岡市伏木一宮にその遺構があり、県指定史蹟となっている。富山県 フレッシュアイペディアより)

  • 富山県

    富山県から見た色部長実

    6月8日 - 柴田勝家等再び兵を率いて越中を進撃するも、本能寺の変の報至って軍を返す。景勝、これを受けて属将色部長実に越中への出馬を命ずる。富山県 フレッシュアイペディアより)

  • 富山県

    富山県から見た徳川家光

    1634年(寛永11年)8月4日 - 前田利常が徳川家光より加賀越中能登三ヶ国総計119万2千7百石の所領を安堵される。富山県 フレッシュアイペディアより)

  • 富山県

    富山県から見た宗良親王

    1342年(興国3年/暦応5年・康永元年)春 - 宗良親王越中国名子に駐留され、同地における作歌たる「かへる雁こしぢの嶺のへだてをも我こえてこそ思しりぬれ」、「今は又とひくる人もなこの浦にしほたれて住あまとしら南」などの歌が『李花集』に収められている。富山県 フレッシュアイペディアより)

  • 富山県

    富山県から見た唐人親広

    3月11日 - 信長方であった小島職鎮、唐人親広、景勝に内通し協働して富山城を占拠するが、柴田、佐々、前田の兵によってこれを奪還される。また信長方は進んで魚津、松倉の両城を囲む(魚津城の戦い)。『信長公記』曰く、「去程越中国富山之城に、神保越中守居城候然而、今度信長御父子信州表に至而御動座候之処、武田四郎節所を拘、遂一戦悉討果候之間、此競に越中国も一揆令蜂起其国存分に申付候へと有??と越中へ偽申遣候事実に心得、小野六郎左衛門、加老戸式部両人一揆大将に罷成、神保越中を城内へ押籠、三月十一日、富山之城居取に仕近辺に挙煙候不移時、柴田修理亮、佐々内蔵介、前田又左衛門、佐久間玄番頭、此等之衆として富山之一揆城取巻候間落去不可有幾程之旨注進被申上候」。富山県 フレッシュアイペディアより)

  • 富山県

    富山県から見た顕幸

    4月 - 『雲龍山勝興寺系譜』によると、この頃勝興寺、顕幸留守中を期した石黒成綱の夜討ちに遭い焼亡したという。富山県 フレッシュアイペディアより)

  • 富山県

    富山県から見た足利義教

    1430年(永享2年)6月9日 - 足利義教、正親町三条尹子に越中国富山柳町を与える。富山県 フレッシュアイペディアより)

647件中 71 - 80件表示

「富山のできごと」のニューストピックワード