寺原隼人 ニュース&Wiki etc.

寺原 隼人(てらはら はやと、1983年10月9日 - )は、福岡ソフトバンクホークスに所属するプロ野球選手(投手)。 (出典:Wikipedia)

「寺原隼人」Q&A

  • Q&A

    寺原隼人は不登校でしたか?

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年10月5日 00:49

  • Q&A

    寺原隼人は好き?

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年7月22日 20:56

  • Q&A

    ファン以外からみて 寺原隼人 をどう評価しますか?

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年7月10日 14:55

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「寺原隼人」のつながり調べ

  • 金本知憲

    金本知憲から見た寺原隼人

    2000本安打:2008年4月12日、対横浜ベイスターズ5回戦(横浜スタジアム)、7回表に寺原隼人から右前安打 ※史上37人目 (大卒選手かつ入団初年度に安打0本では史上初)(金本知憲 フレッシュアイペディアより)

  • 中山慎也

    中山慎也から見た寺原隼人

    前年度からの好調を維持し開幕から先発ローテーションの一角を任されるが、好投しながらも打線の援護に恵まれず、防御率3点台ながら4連敗を喫し2軍落ち。再昇格後初登板となった5月22日の巨人戦では延長10回からリリーフ登板し、1イニングを無失点に抑えプロ入り初セーブを挙げる。交流戦では2勝を挙げ防御率0.73と安定した投球を見せた。また、勝利した2試合とも敵地での登板のため打席機会があったが、いずれの試合も自身で安打を放って得点に結びつけている。しかし、リーグ戦再開後は再び打線とのかみ合わせが悪く、7月終了時点で対パ・リーグ球団戦では未勝利だったが、8月12日の西武戦でようやく3勝目をあげると以後は白星を重ね、9月7日の楽天戦では8回1死まで楽天打線を無安打に抑える快投を見せるなどして(試合は被安打2で1失点の完投勝利)、6連勝を挙げた。クライマックスシリーズ進出が差し掛かった場面では岡田彰布監督から金子千尋・寺原隼人に並ぶ先発3本柱とまで評価された。その後は中4日で2試合登板するも勝利に見放され、序盤から負け星が試合が先行したこともあって最終的には24度の先発で8勝9敗、被本塁打11とリーグワーストの与四球69をマークしたが、それでも自己最多の8勝を挙げ、防御率2.94と奪三振119(いずれも同僚の寺原を抜いてチーム2位)と大きく飛躍したシーズンとなった。特に左打者に強く、被打率はわずか.167だった。(中山慎也 フレッシュアイペディアより)

「寺原隼人」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「寺原隼人」のニューストピックワード