前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
74件中 1 - 10件表示
  • 福岡ソフトバンクホークス

    福岡ソフトバンクホークスから見た寺原隼人寺原隼人

    オープン戦で小久保が膝に重傷を負ってシーズンを棒に振ったが、代役として三塁に入った川?宗則が活躍。前年まで1982年以来21年連続で負け越していた西武にも16勝12敗と勝ち越し、全球団に勝ち越し、3年ぶりのリーグ優勝を達成。阪神との日本シリーズを4勝3敗で制し、4年ぶり6度目の日本一を達成した。打線はチーム打率が日本新記録となる.297で、打率3割の打者が6人、また、史上初の100打点の選手を1チームで4人(井口資仁109打点・盗塁王も獲得、松中信彦123打点・打点王を獲得、城島健司119打点・シーズンMVPを獲得、ペドロ・バルデス104打点)出し、この「100打点カルテット」を中心に活躍した(詳細はダイハード打線を参照)。投手陣は、前年4勝ながら開幕投手となった斉藤和巳が20勝をあげ、パ・リーグでは18年ぶりの20勝投手となったほか、新人ながら14勝を上げて新人王となった和田毅、同じくルーキーの新垣渚、二年目の杉内俊哉の3人の「松坂世代」投手、そして寺原隼人などの前年とは全く一新された先発投手陣の活躍があった。しかし、優勝パレード直後の11月3日に小久保が巨人へ無償トレードされることが発表され(小久保事件)、多くのファンのみならず選手・関係者からも抗議が殺到した。福岡ソフトバンクホークス フレッシュアイペディアより)

  • 2013年のオリックス・バファローズ

    2013年のオリックス・バファローズから見た寺原隼人寺原隼人

    前年最下位に終わったバファローズは積極的にチームの再建を図り、20人以上の選手が入れ替わった。投手陣では、トレードやFA補償により、東野峻、馬原孝浩、八木智哉を獲得した一方で、木佐貫洋、寺原隼人(FA移籍)が退団した。野手陣は、トレードにより糸井嘉男を獲得し、FAで平野恵一がチームに復帰した。その一方、トレードで赤田将吾と大引啓次、FAで日高剛が退団し、さらに、2001年に近鉄バファローズで3点差からパ・リーグ優勝を決める逆転サヨナラ満塁本塁打を放った北川博敏が現役引退した。2013年のオリックス・バファローズ フレッシュアイペディアより)

  • 2012年の日本プロ野球

    2012年の日本プロ野球から見た寺原隼人寺原隼人

    中日ドラゴンズの高橋周平が対オリックス戦(京セラ)で寺原隼人から、プロ入り初本塁打。18歳4カ月での本塁打はドラフト制導入以降の史上最年少2012年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 2014年の日本プロ野球

    2014年の日本プロ野球から見た寺原隼人寺原隼人

    福岡ソフトバンクホークスの寺原隼人が対日本ハム戦(福岡 ヤフオク!ドーム)でNPB史上336人目の通算1000投球回2014年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤健 (野球)

    加藤健 (野球)から見た寺原隼人寺原隼人

    からは正捕手・阿部慎之助に次ぐ2番手として開幕一軍入りを果たす。出場試合の少なさは変わらなかったものの、同年9月21日の対横浜ベイスターズ戦(東京ドーム)では負傷していた阿部に代わって先発出場、寺原隼人からプロ初本塁打を放って勝利に貢献した。加藤健 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 帆足和幸

    帆足和幸から見た寺原隼人寺原隼人

    オフの12月4日にオリックスからFAで加入した寺原隼人の入団に伴い、背番号が11から西武時代に着用していた47へ変更。12月11日の契約更改では、2年契約のため、現状維持の1億1000万円でサインした。帆足和幸 フレッシュアイペディアより)

  • 坂克彦

    坂克彦から見た寺原隼人寺原隼人

    は今岡誠や関本健太郎らの不調もあり、6月から7月にかけて二塁手や三塁手でスタメン起用され、7月1日の対横浜ベイスターズ戦で寺原隼人からプロ初安打、初打点となる本塁打を放った。二軍では主に二塁手として42試合に出場し、リーグ4位の10犠打、42安打中10二塁打を記録した。坂克彦 フレッシュアイペディアより)

  • 小窪哲也

    小窪哲也から見た寺原隼人寺原隼人

    ''、春季キャンプは一軍スタートが決まったが、キャンプ直前の自主トレ期間中に広島名産の生ガキを食べ過ぎて体調を崩し、練習を数日間休む。キャンプには問題無く参加したが、2月中頃には二軍に降格。そのまま開幕一軍を逃したが、ウエスタン・リーグでは2番に定着して好調を維持。4月26日に一軍初昇格、同日の対横浜ベイスターズ戦で8回に高橋建の代打としてプロ初出場し、送りバントを決めた。4月29日対読売ジャイアンツ戦で8番遊撃手としてプロ入り初スタメンをはたし、2打席目で初安打を記録。3打席目で初打点をあげた。5月4日の対横浜戦では寺原隼人から決勝タイムリーを放ち、初のお立ち台に立っている。この試合の解説を務めた大下剛史は、「今までのカープに足りなかった内野手が現れた」と評した。初昇格後は二軍に降格することなくシーズン最後まで一軍に残った。梵英心の不調もあって遊撃手を守ることが多かったが、二塁手や学生時代はほとんど守らなかった三塁手もこなすなど活躍した。小窪哲也 フレッシュアイペディアより)

  • 浅村栄斗

    浅村栄斗から見た寺原隼人寺原隼人

    5月20日のソフトバンク戦で中田賢一から通算100本塁打、9月28日のソフトバンク戦で寺原隼人から左前に適時打を放ち、通算1000安打を達成。平成生まれの1000安打到達者第1号となった。浅村栄斗 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋周平

    高橋周平から見た寺原隼人寺原隼人

    ''、6月17日の対オリックス4回戦(京セラドーム大阪)で寺原隼人からプロ初本塁打を放つ。この本塁打が決勝打で18歳4か月でのアーチはドラフト制以降の高卒新人では最年少、中日の高卒新人では1997年の森野将彦以来8人目、決勝打は1960年の高木守道以来2人目である。。二軍では7本塁打を放ち、本塁打王のタイトルを獲得した。高橋周平 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
74件中 1 - 10件表示

「寺原隼人」のニューストピックワード