74件中 31 - 40件表示
  • 上園啓史

    上園啓史から見た寺原隼人寺原隼人

    初打点:2007年7月1日、対横浜ベイスターズ10回戦(横浜スタジアム)、5回表に寺原隼人から右犠飛上園啓史 フレッシュアイペディアより)

  • 2001年度新人選手選択会議 (日本プロ野球)

    2001年度新人選手選択会議 (日本プロ野球)から見た寺原隼人寺原隼人

    第83回全国高等学校野球選手権大会で154km/hを記録した寺原隼人を巨人、中日、ダイエー、横浜の4球団が競合指名し、ダイエーが交渉権を獲得した。巨人は1995年以来6年ぶりに自由獲得枠(前年度まで逆指名)を使用せず高校生を1巡目指名した。また巨人が競合によりくじを引いたのも、同じく6年ぶりとなる。日大三高から、内田和也が4巡目指名でヤクルトに、近藤一樹が7巡目指名で近鉄に、千葉英貴が6巡目指名で横浜に、都築克幸が7巡目指名で中日の計4選手が指名を受けた、これは同じ高校の選手が同じ年のドラフトで指名を受けた人数で史上最多タイ記録である。2001年度新人選手選択会議 (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • ジョージマン北

    ジョージマン北から見た寺原隼人寺原隼人

    昭和55年会の神戸復興15周年イベントで現役選手との硬式試合に出場し、3番DHで参加している。また、ヤフードームで行われたイベントでの試合にキャッチャーでフル出場。高木豊監督が城島健司をサードにさせて、ピッチャー寺原隼人とバッテリー組ませて、無失点に抑えた事を飲み屋で自慢している。ジョージマン北 フレッシュアイペディアより)

  • 秦裕二

    秦裕二から見た寺原隼人寺原隼人

    3年生時には背番号1を背負うエースとして春の選抜・夏の選手権と甲子園大会に連続出場を成し遂げ、選抜では阪神タイガースの岡崎太一捕手とバッテリーを組み出場、夏の選手権では前述の岡崎捕手、1年生で既にレギュラーであった2学年下の元巨人の加治前竜一外野手(当時一年生)らと共に出場し、春夏合計で4試合全てにフルイニングで登板した。3年生の夏、1回戦は静岡市立に13-2、2回戦は前橋工に3-0と好投し勝ち進むものの、3回戦で攻撃で3重殺されるなどチャンスを潰され3-4で松山商に惜敗。その後、秋の宮城国体では準優勝を果たした。2001年のドラフトで寺原隼人の外れで横浜に1巡目指名され入団。秦裕二 フレッシュアイペディアより)

  • 前田章宏

    前田章宏から見た寺原隼人寺原隼人

    2001年のドラフトで、中日から寺原隼人の外れ1位で指名され入団。地元の1位入団選手として期待された。前田章宏 フレッシュアイペディアより)

  • 2008年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    2008年のオールスターゲーム (日本プロ野球)から見た寺原隼人寺原隼人

    セ:川上(中日)、石川(ヤクルト)○、館山(ヤクルト)、久保田(阪神)、寺原(横浜)、クルーン(巨人)、藤川(阪神) - 阿部(巨人)、石原(広島)、矢野(阪神)2008年のオールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 木佐貫洋

    木佐貫洋から見た寺原隼人寺原隼人

    ''はシーズン初登板となった4月8日の対楽天戦で4安打完封勝利をあげると、4月15日は一昨年かなり苦手にしていた西武相手に7回途中1失点の好投で、連勝スタートとなった。ところが、4月22日の対日本ハム戦で9回1失点の完投負けを喫したのを皮切りに打線の援護に恵まれず白星から遠ざかる。6月6日の対ヤクルト戦で一塁ベースカバーに入った際に、左太もも裏肉離れを発症して翌日一軍登録を抹消。リハビリに努めていたある日、娘に「パパはどうして、昼間から家にいるの?」と尋ねられて戸惑い、その時に同僚の寺原隼人が「僕らは好きな野球をやっていればそれでいいかもしれないけれど、娘たちには肩身の狭い思いをさせられない」と発言したのを思い出して発奮し、7月13日に再登録されると、3試合の救援登板を経て、オールスター明けに2試合連続完投勝利をあげる。その後も先発投手としてシーズン終了までローテーションを守り抜き、防御率2.60、QS率66.7%と先発投手としての責務を果たしたものの、力投しても味方打線の援護に乏しい試合が多く、5勝9敗に終わった。契約更改では、2.60だった防御率が評価され1200万円増の6200万円で更改した。木佐貫洋 フレッシュアイペディアより)

  • 全国中学校軟式野球大会

    全国中学校軟式野球大会から見た寺原隼人寺原隼人

    寺原隼人:宮崎市立赤江東中学校のエースとして第20回大会に出場(初戦敗退)。全国中学校軟式野球大会 フレッシュアイペディアより)

  • 大矢明彦

    大矢明彦から見た寺原隼人寺原隼人

    前年の2006年から外野のレギュラーを務めていた吉村裕基を一塁手へ、牛島和彦監督時代に「クアトロK」と呼ばれていた中継ぎ投手陣の加藤武治と川村丈夫を先発へ、中継ぎ左腕不足の事情から那須野巧を先発から中継ぎへ、2008年のシーズン途中には吉見祐治を先発と中継ぎを掛け持ちさせ、同じくシーズン途中から先発の寺原隼人を、マーク・クルーンの移籍によって手薄になっていた抑えへ転向させるなど、第1期同様積極的なコンバート策を打っている。2007年の那須野はほぼ年間を通して左の中継ぎとして活躍したが、加藤と川村はローテーションを守れず、失敗に終わっている。また、吉村の一塁コンバートにより、前年2006年の不調から一転して開幕から復調したベテラン一塁手・佐伯貴弘は年間を通じて外野手として出場することになった。大矢明彦 フレッシュアイペディアより)

  • 細川成也

    細川成也から見た寺原隼人寺原隼人

    チームがレギュラーシーズン3位で迎えた2017年のポストシーズン中も、代打要員として一軍に帯同。阪神タイガースとのクライマックスシリーズ(CS)ファーストステージ第1戦(10月14日・阪神甲子園球場)で、8回表に代打としてポストシーズンデビューも果たした(記録は四球)。高卒の新人野手がCSに出場した事例はチーム史上初めてで、他球団を含めればの山田哲人(ヤクルト)以来2人目である。広島東洋カープとのCSファイナルステージ(マツダスタジアム)にも、代打で3試合に出場。チームがセ・リーグ優勝の以来19年振りの日本シリーズ進出を決めた第5戦(10月24日)では、4回表2死1・2塁の場面で大瀬良大地から放った適時打によって、CSに出場した高卒新人選手では前述の山田以来の安打と打点を記録した。福岡ソフトバンクホークスとの日本シリーズでも、第1戦(10月28日)の9回表に代打で寺原隼人から中前安打を放つと、翌29日の第2戦(いずれも福岡ヤフオク!ドーム)では「8番・指名打者」としてスタメンで出場。さらに、シリーズ通算で7打数3安打2四球1打点を記録した。高卒新人野手の日本シリーズ出場は、セ・リーグではの立浪和義(中日)以来29年振り、パ・リーグを含めてもの近藤健介(日本ハム)以来5年振り9人目。高卒の新人野手が日本シリーズ初打席で安打を放った事例や、CSと同シリーズの両方で安打を記録した事例は、いずれも細川が初めてである。さらに、日本シリーズの後には、台湾で催された2017アジアウインターベースボールリーグにNPBイースタン選抜の一員として参加。11月29日の対NPBウエスタン選抜戦と、翌30日の対JABA戦で日本人の投手から2試合連続本塁打を放った。細川成也 フレッシュアイペディアより)

74件中 31 - 40件表示

「寺原隼人」のニューストピックワード