74件中 41 - 50件表示
  • Love BayStars

    Love BayStarsから見た寺原隼人寺原隼人

    第4回 2010年4月25日 - 寺原早人Love BayStars フレッシュアイペディアより)

  • 山本省吾

    山本省吾から見た寺原隼人寺原隼人

    2010年12月5日、寺原隼人・高宮和也との2対2の交換トレードで、喜田剛とともに横浜ベイスターズへ移籍。背番号は15。山本省吾 フレッシュアイペディアより)

  • 中村隼人 (野球)

    中村隼人 (野球)から見た寺原隼人寺原隼人

    1年目のは即戦力として期待され、開幕一軍入りを果たすも登板機会のないまま二軍に降格。しかし再昇格すると、6月2日の対オリックス戦ではプロ野球史上27人目、パ・リーグの新人では20年ぶりとなる初登板初完封勝利を記録。同年、3完封を含む6勝を挙げた。また、翌年に同名の寺原隼人がプロ入りすることを受け、翌年から登録名を隼人に変える事を9月10日に発表している。また、同年のIBAFワールドカップで日本代表に選ばれた。中村隼人 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 高宮和也

    高宮和也から見た寺原隼人寺原隼人

    2010年12月6日に、寺原隼人とともにオリックス・バファローズへ移籍することが発表された。山本省吾・喜田剛との交換トレードによる移籍で、背番号は40。高宮和也 フレッシュアイペディアより)

  • 武田翔太

    武田翔太から見た寺原隼人寺原隼人

    ''、ウエスタン・リーグで6月10日からの先発登板3試合15イニングで自責3、防御率1.80と好投し、一軍では5勝の新垣渚が7月1日に抹消される台所事情により、7月7日に一軍へ昇格。同日札幌ドームで行われた対北海道日本ハムファイターズ戦でプロ初登板初先発を果たし、初回に柳田悠岐のレフト前タイムリーヒットで先制点を貰うと6回を投げ1安打1四球1死球4奪三振と好投しプロ初勝利を挙げた。球団の高卒新人の初登板初勝利は、井上祐二以来31年ぶりの快挙、高卒ルーキーの初登板初勝利は2年ぶり17人目となる。続く7月14日の対千葉ロッテマリーンズ戦でも先発、5回に本多雄一の走者一掃先制三塁打で3点の援護を貰うと6回を投げ4安打2四球8奪三振無失点と好投し2連勝、本拠地福岡Yahoo!JAPANドームでの初白星を手にした。なお高卒初登板からの2連勝は球団史上初の記録である。7月19日のフレッシュオールスターゲームにも6回2点リードから5番手として登板し、6者連続の凡退に抑えて、同試合の優秀選手賞を受賞した。8月4日の対埼玉西武ライオンズ戦では初の二桁三振(10奪三振)を記録して3勝目となった。8月19日の対オリックス・バファローズ戦で5回2失点の好投で4勝目を挙げた。高卒ルーキーのデビューから先発で無傷の4連勝はの堀内恒夫以来46年ぶりの快挙となった。8月20日に疲労回復のため出場選手登録を抹消。9月2日に一軍へ戻ると、同日の対日本ハム戦に先発し、4回に中田翔にプロ初被本塁打となるツーランホームランを打たれるなど6回を投げ5安打2四球8奪三振2失点でプロ初黒星、本拠地初黒星となった。9月25日には対オリックス戦にて111球、4安打1四球とプロ初完封、完投勝利で7勝目を飾った。10月3日の対日本ハム戦では4試合連続勝利を記録した。最終的に、同年は8勝1敗、防御率1.07の成績を残した。新人王は得票数2位で受賞できなかったが、優秀新人賞として特別表彰された。クライマックスシリーズファーストステージは10月14日第2戦で吉川光夫以来5年ぶり6人目となる高卒新人によるポストシーズン先発を果たしたが、3回に捕まり2点ビハインド一死満塁で降板、2回1/3を投げ5失点(自責4)でポストシーズン初黒星となった。。オフの12月3日に初の契約更改交渉に臨み1,200万円増の年俸2.000万円(金額は推定)で契約した。2002年の寺原隼人の2倍を上回る高卒新人最高となる150%のアップ率だった。武田翔太 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋純平

    高橋純平から見た寺原隼人寺原隼人

    10月22日に行われたプロ野球ドラフト会議にて、福岡ソフトバンクホークス、中日ドラゴンズ、北海道日本ハムファイターズの3球団が競合1位指名し、抽選の結果ソフトバンクが交渉権を獲得した。その後11月26日に岐阜市内のホテルで契約交渉に臨み、契約金1億円プラス出来高5,000万円、年俸1,500万円と、球団の高校生では2001年のドラフト1位の寺原隼人以来となる最高額で契約に合意した。高橋純平 フレッシュアイペディアより)

  • 中山慎也

    中山慎也から見た寺原隼人寺原隼人

    前年度からの好調を維持し開幕から先発ローテーションの一角を任されるが、好投しながらも打線の援護に恵まれず、防御率3点台ながら4連敗を喫し2軍落ち。再昇格後初登板となった5月22日の巨人戦では延長10回からリリーフ登板し、1イニングを無失点に抑えプロ入り初セーブを挙げる。交流戦では2勝を挙げ防御率0.73と安定した投球を見せた。また、勝利した2試合とも敵地での登板のため打席機会があったが、いずれの試合も自身で安打を放って得点に結びつけている。しかし、リーグ戦再開後は再び打線とのかみ合わせが悪く、7月終了時点で対パ・リーグ球団戦では未勝利だったが、8月12日の西武戦でようやく3勝目をあげると以後は白星を重ね、9月7日の楽天戦では8回1死まで楽天打線を無安打に抑える快投を見せるなどして(試合は被安打2で1失点の完投勝利)、6連勝を挙げた。クライマックスシリーズ進出が差し掛かった場面では岡田彰布監督から金子千尋・寺原隼人に並ぶ先発3本柱とまで評価された。その後は中4日で2試合登板するも勝利に見放され、序盤から負け星が試合が先行したこともあって最終的には24度の先発で8勝9敗、被本塁打11とリーグワーストの与四球69をマークしたが、それでも自己最多の8勝を挙げ、防御率2.94と奪三振119(いずれも同僚の寺原を抜いてチーム2位)と大きく飛躍したシーズンとなった。特に左打者に強く、被打率はわずか.167だった。中山慎也 フレッシュアイペディアより)

  • 中島裕之

    中島裕之から見た寺原隼人寺原隼人

    初本塁打:2003年8月5日、対福岡ダイエーホークス21回戦(福岡ドーム)、2回表に寺原隼人から左越ソロ中島裕之 フレッシュアイペディアより)

  • 柳瀬明宏

    柳瀬明宏から見た寺原隼人寺原隼人

    プロ1年目は怪我の影響から、6月28日のウエスタン・リーグ対広島東洋カープ戦(雁の巣球場)で9回2点ビハインドの場面で初登板、一死一二塁から4番吉田圭にセンターオーバーの二塁打により2点を奪われ1回2失点だったが実戦復帰を果たした。7月下旬に二軍を視察した一軍投手コーチの杉本正がプレーオフでの右打者封じの切り札として、二軍投手コーチの高山郁夫に昇格への仕上げを要請、8月23日時点で二軍で12試合に登板し、防御率は4.91で11回を投げ14奪三振、奪三振率11.45だったが、8月25日にプロ入り初めての一軍練習へ参加、8月26日に出場選手登録された。8月27日の対埼玉西武ライオンズ戦、7回無死二塁から4番手として中継ぎでプロ初登板し、4番のアレックス・カブレラを140km/hの直球でファーストフライに打ち取ると、続く和田一浩、ジェフリー・リーファーは連続三振、8回は与四球2ながら無失点に抑えた。この時点では二軍でも2イニング目は経験していなかった。9月5日の対北海道日本ハムファイターズ戦では7回2点ビハインドから登板し、打者3人を無失点に抑え、以降の試合は僅差での登板となった。9月12日対オリックス・バファローズ戦で6回1点リード二死二三塁から初のホールド機会で登板し、下山真二に四球を与えたが的山哲也を抑え、続く7回は谷佳知に四球を与えて降板したものの、代わった三瀬幸司が後続の3人を抑えたことでプロ入り初ホールドを記録した。9月23日対オリックス戦で8回同点から登板し、四球で二死一塁とした所で降板後、代わった吉田修司が後藤光尊に二塁打を打たれて初の失点が記録された。なおこの試合までプロ入り後は8試合連続無失点だった。レギュラーシーズンは10試合13回1/3を投げ自責1で終えた。プレーオフ第1ステージでは10月8日第2戦に和田毅の後を受け、5回2点リード一死二三塁から登板、中島裕之にライトへの犠牲フライを許したが、続くカブレラは三振、6回表に松中信彦のタイムリーヒットで1点援護を貰うと、6回7回を6者連続の凡退に抑え、レギュラーシーズンより先にプレーオフでのプロ入り初勝利を手にした。これが2004年以降のパ・リーグプレーオフにおける初の新人勝利投手となった。また、公式戦未勝利の投手がポストシーズンゲームで勝利を挙げるのは史上初である。続く10月9日第3戦では寺原隼人の後を受け、6回1点ビハインドから登板し、与四球2ながら2イニングを無失点に抑え、登板中の5点の援護により連日の勝利投手となった。第2ステージは10月11日第1戦に7回1点ビハインド二死一二塁から登板、8回に一死一三塁として降板したが、藤岡好明が金子誠に安打を打たれ0回2/3を投げ1失点だった。柳瀬明宏 フレッシュアイペディアより)

  • グエン・トラン・フォク・アン

    グエン・トラン・フォク・アンから見た寺原隼人寺原隼人

    東洋大姫路高校に進学後は1年時から先発投手を務め、1年夏の兵庫大会決勝では真田裕貴を擁する姫路工業高校を破り第83回全国高等学校野球選手権大会に出場。2回戦で柳瀬明宏・田中大輔らを擁する如水館高校を破り16強入りし、3回戦で寺原隼人・井手正太郎らを擁する日南学園高校に敗れた。この際、ベトナム難民(ボートピープル)の子ということもあり話題になった。3年時には第75回選抜高等学校野球大会にエースで主将として谷哲也を擁する鳴門工業高校を1安打完封、準々決勝で清水康寛を擁する花咲徳栄高校との延長15回再試合を制し4強入り。準決勝では西村健太朗・白濱裕太・上本博紀らを擁する広陵高校に敗れた。夏は兵庫大会決勝で神港学園高校に延長10回の末に敗れ準優勝。その後、AAAアジア野球選手権日本代表に選出された。グエン・トラン・フォク・アン フレッシュアイペディアより)

74件中 41 - 50件表示