65件中 41 - 50件表示
  • 真田裕貴

    真田裕貴から見た寺原隼人寺原隼人

    2001年のドラフト会議で読売ジャイアンツから寺原隼人の外れ1巡目で指名され入団。真田裕貴 フレッシュアイペディアより)

  • 山本省吾

    山本省吾から見た寺原隼人寺原隼人

    2010年12月5日、寺原早人・高宮和也との交換トレードで、喜田剛とともに横浜ベイスターズへ移籍。背番号は15。山本省吾 フレッシュアイペディアより)

  • 辻内崇伸

    辻内崇伸から見た寺原隼人寺原隼人

    大阪桐蔭高等学校に入学すると、2年時からエースとして活躍し、2005年の夏の甲子園一回戦の春日部共栄戦、5回6失点の乱調で降板したものの、先頭打者への2-2からの外角に外れた速球が国内左腕最速となる156km/hをマーク(ネット裏のオリックス・バファローズスカウトのスピードガンによる計測。甲子園の電光掲示板には152km/hと表示(当時の高校野球での記録では寺原隼人についで2位、左腕では1位))。日本中の注目の的となった。辻内崇伸 フレッシュアイペディアより)

  • 今村猛

    今村猛から見た寺原隼人寺原隼人

    長崎県佐世保市(旧北松浦郡小佐々町)出身。小学3年生の時に楠栖クラブで一塁手として野球を始め、後に遊撃手と投手を兼任。小佐々中学校では遊撃・三塁手としてプレー。2年時に九州大会で優勝し、全国大会に出場。この年には城島健司や寺原隼人らがオフシーズンに開催した野球教室に参加して城島と対戦。今村は城島の内角を厳しくえぐった結果、脇腹に死球を当ててしまい、城島に笑いながら追いかけ回された。今村猛 フレッシュアイペディアより)

  • 渡部龍一

    渡部龍一から見た寺原隼人寺原隼人

    初安打:2008年6月9日、対横浜ベイスターズ4回戦(横浜スタジアム)、9回表2死に寺原隼人から右中間へ二塁打渡部龍一 フレッシュアイペディアより)

  • 近藤健介

    近藤健介から見た寺原隼人寺原隼人

    初安打:2012年7月27日、対オリックス・バファローズ13回戦(京セラドーム大阪) - 6回表に寺原隼人から左前安打近藤健介 フレッシュアイペディアより)

  • 金本 知憲

    金本知憲から見た寺原隼人寺原隼人

    2000本安打:2008年4月12日、対横浜ベイスターズ5回戦(横浜スタジアム)、7回表に寺原隼人から右前安打 ※史上37人目 (大卒選手かつ入団初年度に安打0本では史上初)金本知憲 フレッシュアイペディアより)

  • 宮崎市

    宮崎市から見た寺原隼人寺原隼人

    寺原隼人(プロ野球選手、福岡ソフトバンクホークス)宮崎市 フレッシュアイペディアより)

  • 西勇輝

    西勇輝から見た寺原隼人寺原隼人

    2012年も開幕ローテーション入りを果たし、第4戦目の対日本ハム戦で5回3失点ながらもチームのシーズン初勝利となる白星をあげる。金子千尋・寺原隼人等の先発陣が続々と戦線離脱をしていく中、先発ローテーションを守り続けたが、8月9日に右肩痛で戦線離脱。その後、9月23日に一軍復帰を果たし、シーズン最終戦となった10月8日の対ソフトバンク戦で、平成生まれのプロ野球選手として初のノーヒットノーランを達成。パ・リーグでは2000年のナルシソ・エルビラ、球団では1995年の佐藤義則以来の達成となった。また、このノーヒットノーランが自身初の完封でもあった。この年は味方打線の不調などで白星こそ伸びなかったが、チーム最多となる8勝をあげた。余談だが、ノーヒットノーランを達成した際の最後の打者は、松田宣浩だった。西勇輝 フレッシュアイペディアより)

  • 大矢明彦

    大矢明彦から見た寺原隼人寺原隼人

    前年の2006年から外野のレギュラーを務めていた吉村裕基を一塁手へ、牛島和彦監督時代に「クアトロK」と呼ばれていた中継ぎ投手陣の加藤武治と川村丈夫を先発へ、中継ぎ左腕不足の事情から那須野巧を先発から中継ぎへ、2008年のシーズン途中には吉見祐治を先発と中継ぎを掛け持ちさせ、同じくシーズン途中から先発の寺原隼人を、マーク・クルーンの移籍によって手薄になっていた抑えへ転向させるなど、第1期同様積極的なコンバート策を打っている。2007年の那須野はほぼ年間を通して左の中継ぎとして活躍したが、加藤と川村はローテーションを守れず、失敗に終わっている。また、吉村の一塁コンバートにより、前年2006年の不調から一転して開幕から復調したベテラン一塁手・佐伯貴弘は年間を通じて外野手として出場することになった。大矢明彦 フレッシュアイペディアより)

65件中 41 - 50件表示

「寺原隼人」のニューストピックワード