65件中 51 - 60件表示
  • ダルビッシュ 有

    ダルビッシュ有から見た寺原隼人寺原隼人

    9月、喫煙している写真が週刊誌に掲載され、高野連より厳重注意処分を受けた。同年11月17日、プロ野球ドラフト会議では涌井秀章・佐藤剛士と並ぶ目玉投手として注目され、日本ハムがダルビッシュを単独1位指名。12月17日、父親同席のもと、契約金1億、年俸1500万、出来高5千万の高卒新人としては松坂大輔、寺原隼人以来の条件で、2004年ドラフト指名選手の中で最後に仮契約を結んだ。ダルビッシュ有 フレッシュアイペディアより)

  • 木佐貫洋

    木佐貫洋から見た寺原隼人寺原隼人

    はシーズン初登板となった4月8日の対楽天戦で4安打完封勝利をあげると、4月15日は一昨年かなり苦手にしていた西武相手に7回途中1失点の好投で、連勝スタートとなった。ところが、4月22日の対日本ハム戦で9回1失点の完投負けを喫したのを皮切りに打線の援護に恵まれず白星から遠ざかる。6月6日の対ヤクルト戦で一塁ベースカバーに入った際に、左太もも裏肉離れを発症して翌日一軍登録抹消。リハビリに努めていたある日、娘に「パパはどうして、昼間から家にいるの?」と尋ねられて戸惑い、その時に同僚の寺原隼人が「僕らは好きな野球をやっていればそれでいいかもしれないけれど、娘たちには肩身の狭い思いをさせられない」と発言したのを思い出して発奮し、7月13日に再登録されると、3試合の救援登板を経て、オールスター明けに2試合連続完投勝利をあげる。その後も先発投手としてシーズン終了までローテーションを守り抜き、防御率2.60、QS66.7%と先発投手としての責務を果たしたものの、援護率2.49の数値が示すように力投しても味方打線の援護に乏しい試合が多く、5勝9敗に終わった。契約更改では、2.60だった防御率が評価され1200万円増の6200万円で更改した。木佐貫洋 フレッシュアイペディアより)

  • 秦裕二

    秦裕二から見た寺原隼人寺原隼人

    3年生時には背番号1を背負うエースとして春の選抜・夏の選手権と甲子園大会に連続出場を成し遂げる。阪神タイガースの岡崎太一とバッテリーを組み、春夏合計で4試合全てにフルイニングで登板した。その後、秋の宮城国体では準優勝を果たした。2001年のドラフトで寺原隼人の外れで横浜に1巡目指名され入団。秦裕二 フレッシュアイペディアより)

  • 1983年

    1983年から見た寺原隼人寺原隼人

    10月9日 - 寺原隼人、プロ野球選手1983年 フレッシュアイペディアより)

  • 中島裕之

    中島裕之から見た寺原隼人寺原隼人

    初本塁打:2003年8月5日、対福岡ダイエーホークス21回戦(福岡ドーム)、2回表に寺原隼人から左越ソロ中島裕之 フレッシュアイペディアより)

  • 帆足和幸

    帆足和幸から見た寺原隼人寺原隼人

    4月15日のロッテ戦で移籍後初登板を果たしたが、3回持たず4失点(自責点4)。その後左肩腱板(けんばん)の炎症で二軍でも長期に渡って投げる事ができず、結局一軍での登板は4月の1試合のみで、0勝1敗に終わった。オフの12月4日にオリックスからFAで加入した寺原隼人の入団に伴い、背番号が11から西武時代に着用していた47に変更になった。契約更改では、2年契約のため、現状維持の1億1000万円でサインした。契約更改の後の会見では、「2桁勝利はノルマだったので、残念」と語っていた。帆足和幸 フレッシュアイペディアより)

  • 田中将大

    田中将大から見た寺原隼人寺原隼人

    9月25日の高校生ドラフト会議において、日本ハム、オリックス、横浜、楽天から1巡目指名を受け、抽選の結果楽天が交渉権を獲得。11月2日に契約金1億円+出来高、年俸1500万円(金額はいずれも推定)と、高卒としては松坂大輔・寺原隼人・ダルビッシュ有以来の大学・社会人出身希望枠と同等の条件で仮契約を結び、背番号は18に決定。田中将大 フレッシュアイペディアより)

  • 多村仁志

    多村仁志から見た寺原隼人寺原隼人

    、ワールド・ベースボール・クラシックの日本代表に選出され、好守や特大本塁打で初代世界一に大きく貢献。3本塁打、9打点はチーム本塁打王・打点王だった。公式戦に入っても4月4日の対中日戦(横浜スタジアム)で9回裏に岩瀬仁紀から起死回生の同点2ランを放つなど活躍していたが、4月20日から左肋軟骨挫傷の為、ひと月ほど戦線離脱。復帰して半月ほど経った6月7日の対楽天戦(フルキャストスタジアム宮城)にて本塁突撃時のクロスプレーの際に肋骨を4本折る重傷で長期離脱。シーズンの大半を棒に振ってしまった。オフには持病の腰のヘルニアにブロック注射を打ち再起を誓うも、シーズン終了後、一部の新聞で多村がトレード要員だと報道され、その真否から具体的なトレード先に至るまでいくつかの憶測報道が飛び交った。12月5日にWBCでも監督を務めた王貞治率いるソフトバンクに、寺原隼人と1対1での交換トレードでの入団が成立したことが発表された。12月12日の入団発表会見で、背番号は横浜時代と同じ6と発表された。多村仁志 フレッシュアイペディアより)

  • 井口資仁

    井口資仁から見た寺原隼人寺原隼人

    島田誠コーチの助言から目標を盗塁王に定めて臨んだシーズンで、強力打線の3番に定着。プロ入り以降打率が.250を超えたことがなかったことから、確実性を高めるためにフォームをすり足打法に変えてシーズンに臨んだ。打率は.261(リーグ27位)に終わったが、史上3人目の30本塁打・40盗塁を達成し、44盗塁で盗塁王のタイトルを獲得し、ベストナイン、ゴールデングラブ賞を受賞した。この年、井口が30本塁打(リーグ12位)を記録したのに加え、小久保裕紀が44本塁打(リーグ4位)、松中が36本塁打(リーグ7位)、城島健司が31本塁打(リーグ9位)を記録し、パシフィック・リーグ初の30本カルテットを形成。日本人のみの30本カルテットはプロ野球史上初の快挙だった。11月には台湾で開催された第34回IBAF(国際野球連盟)ワールドカップ日本代表に高橋由伸、井端弘和、高校生で唯一メンバー入りした寺原隼人らと共に選出され、3番二塁手として出場した。井口資仁 フレッシュアイペディアより)

  • 前田章宏

    前田章宏から見た寺原隼人寺原隼人

    2001年のドラフトで、中日から寺原隼人の外れ1位で指名され入団。地元の1位入団選手として期待された。前田章宏 フレッシュアイペディアより)

65件中 51 - 60件表示