1 2 3 4 5 6 7 次へ
65件中 61 - 65件表示
  • 馬原孝浩

    馬原孝浩から見た寺原隼人寺原隼人

    1月12日、寺原隼人のFA移籍に伴う人的補償で、オリックスに移籍する事がソフトバンク、オリックス両球団から発表された。馬原孝浩 フレッシュアイペディアより)

  • 10月9日

    10月9日から見た寺原隼人寺原隼人

    1983年 - 寺原隼人、プロ野球選手10月9日 フレッシュアイペディアより)

  • 横浜DeNAベイスターズ

    横浜DeNAベイスターズから見た寺原隼人寺原隼人

    2010年、3月31日、対巨人戦の勝利で順位を3位タイとする。同時に広島が単独最下位となったが、横浜の「最下位からの脱出」は2008年4月5日以来284試合目(725日ぶり)となり、これまでの記録(楽天、2005年4月9日-2007年3月24日、262試合)を更新してこの日ストップした。しかし、交流戦以降は低迷し、最下位に転落。一度も浮上することもなく9月7日の対巨人戦の敗戦で5年連続のBクラスが確定し、9月25日の対中日戦の敗戦で3年連続の最下位が確定。9月28日の対ヤクルト戦で敗れてプロ野球史上初の3年連続90敗、10月6日の対阪神戦の敗戦で130試合制だった1955年以来55年ぶりのシーズン95敗を喫した。ヘッドコーチの島田が不振の責任を取り1年で辞任。このオフにはFAで日本ハムの森本稀哲を獲得するが、内川聖一がFAでソフトバンクに移籍している。また、オリックス・バファローズの一輝を野中信吾・桑原謙太朗と1-2、同じくオリックスの山本省吾・喜田剛を寺原隼人・高宮和也と2-2、埼玉西武ライオンズの大沼幸二を坂元弥太郎と1-1の交換トレードで獲得した。8月、2010年シーズン終了をもって、二軍の「湘南シーレックス」の名称を一軍と同じ「横浜ベイスターズ」に戻すことがプロ野球実行委員会で承認された。横浜DeNAベイスターズ フレッシュアイペディアより)

  • 全国中学校軟式野球大会

    全国中学校軟式野球大会から見た寺原隼人寺原隼人

    寺原隼人:宮崎市立赤江東中学校のエースとして第20回大会に出場(初戦敗退)。全国中学校軟式野球大会 フレッシュアイペディアより)

  • 伊藤光

    伊藤光から見た寺原隼人寺原隼人

    は将来の正捕手候補として岡田彰布監督からキャンプから積極的に起用され、自身初の開幕スタメンマスクを被った。途中、成績不振やリード面での懲罰的な理由で2度の二軍降格があったものの、夏場に再昇格を果たすと金子千尋とのバッテリーを任されるなど先発捕手として出場する機会が増えていった。しかし、9月11日の西武戦で中村剛也との本塁クロスプレーで右手人差し指を骨折して全治1か月半と診断され、残りシーズンを棒に振った。打撃最終的には自己最多の66試合に出場し、打撃面こそ打率.156 三振57と課題を残したものの、規定打席不足ながら盗塁阻止率はチームトップの.318と、随所で強肩を発揮した。また、開幕第2戦で寺原隼人の3年半ぶりの完封勝利や西勇輝のプロ入り初勝利に貢献したことから、一軍での試合ではほぼ全て彼らとバッテリーを組んでいた。シーズン終了後に来季の背番号が22に変更となり、2年連続で背番号変更となった。伊藤光 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 7 次へ
65件中 61 - 65件表示