74件中 61 - 70件表示
  • クレイグ・ブラゼル

    クレイグ・ブラゼルから見た寺原隼人寺原隼人

    7月9日の対オリックス戦で、5番指名打者のスタメンとして移籍後初出場。この時の相手先発投手は金子千尋で、西武・阪神に続きロッテでも入団して最初の対戦相手が金子となった。7月16日の対ソフトバンク戦では、寺原隼人からライトスタンドへ移籍後第1号本塁打を放った。この年は62試合の出場ながら、昨季の12本とほぼ同じ11本塁打を記録した。この年優勝を決めた楽天とのクライマックスシリーズでは第2戦に決勝ホームランを放った。(その後チームは連敗し敗退)クレイグ・ブラゼル フレッシュアイペディアより)

  • 西勇輝

    西勇輝から見た寺原隼人寺原隼人

    '、背番号を21'に変更。チームが一軍公式戦の開幕から3連敗で迎えた4月3日の対北海道日本ハムファイターズ戦(札幌ドーム)では、先発で5回を3失点にとどめた末に、チームおよび自身のシーズン初勝利を果たした。金子千尋・寺原隼人などの先発陣が続々と戦線離脱していく中で先発ローテーションを守り続けたが、8月9日に右肩痛で登録抹消。9月23日に一軍復帰を果たすと、チームのシーズン最終戦となった10月8日の対ソフトバンク(福岡ヤフードーム)戦で、日本プロ野球史上76人目、85度目のノーヒットノーランを達成。パシフィック・リーグでは12年ぶり、球団では17年ぶり、最終戦での達成は1937年春季戦の阪急の石田光彦以来75年ぶり2度目、2リーグ制以降では初、四球による1走者だけの準完全試合は45度目であり、またこれが西自身にとって初の完封ともなった。この試合はソフトバンクの小久保裕紀の引退試合であり、前日小久保が「真剣勝負してほしい」と言ったことから、西は真剣勝負で挑んだが、試合後のコメントでは「誰も(達成すると)思っていなかったと思う」と複雑な表情でコメントを残した。最終的にはチーム最多の8勝を挙げた。西勇輝 フレッシュアイペディアより)

  • 宮崎市

    宮崎市から見た寺原隼人寺原隼人

    寺原隼人(プロ野球選手、福岡ソフトバンクホークス)宮崎市 フレッシュアイペディアより)

  • 井口資仁

    井口資仁から見た寺原隼人寺原隼人

    守備面では鳥越裕介に遊撃手を譲って二塁手にコンバートされ、走塁面ではコーチの島田誠の助言から目標を盗塁王に定めて臨んだ年だった。プロ入り以降、打率が.250を超えたことがなかったことから、確実性を高めるためにフォームを足を上げる打法からすり足打法に変えてレギュラーシーズンに臨んだ。同年は3番としてほぼ定着し、打率は.261(リーグ27位)に終わったが、史上3人目の30本塁打、40盗塁を達成し、44盗塁で盗塁王のタイトルを獲得し、ベストナイン、ゴールデングラブ賞を受賞した。この年、井口が30本塁打(リーグ12位)を記録したのに加え、松中が36本塁打、小久保裕紀が44本塁打、城島健司が31本塁打を記録し、パシフィック・リーグ初の30本カルテットを形成。日本人のみの30本カルテットはプロ野球史上初の快挙だった。11月には台湾で開催された第34回IBAF(国際野球連盟)ワールドカップの日本代表に高橋由伸、井端弘和や高校生で唯一メンバー入りした寺原隼人らと一緒に選ばれ、3番・二塁手として出場した。井口資仁 フレッシュアイペディアより)

  • 金本知憲

    金本知憲から見た寺原隼人寺原隼人

    2000安打:2008年4月12日、対横浜ベイスターズ5回戦(横浜スタジアム)、7回表に寺原隼人から右前安打 ※史上37人目(大卒選手かつ入団初年度に安打0本では史上初)金本知憲 フレッシュアイペディアより)

  • 横浜DeNAベイスターズ

    横浜DeNAベイスターズから見た寺原隼人寺原隼人

    大矢明彦が10年ぶりに監督に復帰。ソフトバンクの若手投手・寺原隼人を主砲・多村仁との大型トレードで獲得し、また巨人の正二塁手だった仁志敏久を1選手プラス金銭のトレードで獲得した。また、FA移籍した門倉の人的保障として工藤公康が入団。移籍組やベテラン勢の活躍で、前半戦は一時首位に立つなど上位を猛追し3位で折り返す。最終戦に敗れシーズン勝ち越しを逃して4位に終わるが、1999年以来8年振りに70勝に到達し、村田修一が球団日本人選手としては桑田武以来31年ぶりの本塁打王と球団初の2年連続100打点を達成し、三浦大輔も35イニング連続無失点、寺原隼人も2試合連続完封を記録するなど主力選手の活躍が目立ち、翌年へ希望を持たせた。1月15日、産業能率大学と業務提携することになり、調印する。ファームの湘南シーレックスの取り組みを、スポーツビジネスの授業に取り入れていくことが決まった。横浜DeNAベイスターズ フレッシュアイペディアより)

  • 會澤翼

    會澤翼から見た寺原隼人寺原隼人

    初安打:同上、5回裏に寺原隼人から右前安打會澤翼 フレッシュアイペディアより)

  • 近藤健介

    近藤健介から見た寺原隼人寺原隼人

    初安打:2012年7月27日、対オリックス・バファローズ13回戦(京セラドーム大阪)、6回表に寺原隼人から左前安打近藤健介 フレッシュアイペディアより)

  • 1983年の日本

    1983年の日本から見た寺原隼人寺原隼人

    10月9日 - 寺原隼人、プロ野球選手1983年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 真田裕貴

    真田裕貴から見た寺原隼人寺原隼人

    2001年のドラフト会議で読売ジャイアンツから寺原隼人の外れ1巡目で指名され入団。真田裕貴 フレッシュアイペディアより)

74件中 61 - 70件表示

「寺原隼人」のニューストピックワード