1 2 3 4 5 6 7 8 次へ
74件中 71 - 74件表示
  • 岡島豪郎

    岡島豪郎から見た寺原隼人寺原隼人

    ''、新加入したゼローズ・ウィーラーの影響もあり、開幕スタメンを逃すが、開幕3試合目の3月29日にスタメン入りすると、2安打1打点の活躍を見せた。その後も4月8日の福岡ソフトバンクホークス戦では飯田優也からサヨナラ犠牲フライを打ったりしたが、開幕から26試合で打率.165と不振に陥り、5月3日に二軍に降格した。二軍調整中に背中を痛め、約2ヶ月間実戦に復帰できなかったが、9月20日に一軍復帰すると、9月29日のソフトバンク戦では寺原隼人から昨年8月20日以来の3ラン本塁打を放った。岡島豪郎 フレッシュアイペディアより)

  • 喜田剛

    喜田剛から見た寺原隼人寺原隼人

    同年12月14日に 寺原早人・高宮和也との交換トレードで、山本省吾と共に横浜ベイスターズへ移籍、背番号は阪神時代以来の55、登録名は引き続き喜田剛となる。喜田剛 フレッシュアイペディアより)

  • 今江敏晃

    今江敏晃から見た寺原隼人寺原隼人

    1000本安打:2012年8月3日、対オリックス・バファローズ12回戦(ほっともっとフィールド神戸)、4回表に寺原隼人から二塁内野安打 ※史上270人目今江敏晃 フレッシュアイペディアより)

  • 伊藤光

    伊藤光から見た寺原隼人寺原隼人

    ''、一軍監督の岡田彰布から「将来の正捕手候補」として期待されたことを背景に、公式戦の開幕を初めて一軍で迎えた。福岡ソフトバンクホークスとの開幕戦(4月12日・京セラドーム大阪)でスタメンマスクを任されると、以降の試合でも、寺原隼人による一軍公式戦3年半振りの完封勝利や西勇輝による一軍公式戦初勝利に貢献した。夏場以降はエースの金子千尋とバッテリーを組むなど、先発捕手としての出場機会を増やした。その一方で、シーズン中には成績不振などで2度にわたって二軍調整を経験している。9月11日の対埼玉西武ライオンズ戦(ほっともっとフィールド神戸)では、守備中に中村剛也とのクロスプレーで右手人差し指を負傷しその後の精密検査で骨折が判明したため、残り試合を棒に振った。一軍公式戦には66試合に出場した。打撃面では打率.156、57三振にとどまったが、規定試合数不足ながらチームトップの盗塁阻止率(.318)を記録した。また、シーズン終了後には背番号を22に変更することが発表された。伊藤光 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 7 8 次へ
74件中 71 - 74件表示

「寺原隼人」のニューストピックワード