193件中 51 - 60件表示
  • 寺原隼人

    寺原隼人から見た北海道日本ハムファイターズ

    4月16日に一軍選手登録されて同日の対日本ハムファイターズ戦(東京ドーム)で先発してプロ初登板を果たした。3回に井出竜也に先制ソロ本塁打を浴び、6回に逆転したその裏に捕まり5回0/3を投げ4失点のデビューだった。4月28日の対オリックス・ブルーウェーブ戦で本拠地・福岡ドーム初先発を果たすと、4回までパーフェクトの6イニング3安打無失点、7奪三振の好投でプロ初勝利を挙げた。5月12日の対千葉ロッテマリーンズ戦では6番手として9回7点ビハインドから初のリリーフ登板だったが1イニングを3人で抑えた。5月15日には台北市立天母棒球場での海外公式戦でも4番手で2イニングを無失点に抑えた。5月29日にはプロ入り前から比較された西武ライオンズ・松坂大輔との初対決も制して3勝目を挙げた。しかし続く6月6日の対オリックス戦で2回1/3の最短KOを喫し、6月11日の試合前練習で左太もも裏に違和感を覚えて6月13日に登録抹消、7月30日に再昇格すると、負ければ借金突入という同日の対オリックス戦で試合を作ってチームの連敗を止めた。これまでは城島健司とバッテリーを組んでいたが同試合では田口昌徳が先発マスクを被った。8月2日の投球練習中に右内転筋を傷めて8月4日に抹消されたが、9月27日に再昇格して以降はリリーフとなった。9月29日の対西武戦では7回同点の場面から4イニングを無失点に抑えて初の救援勝利・サヨナラ勝利で5勝目を挙げた。10月2日の対オリックス戦では4回2点リード一死一塁から3イニングを無失点で切り抜けて6勝目を挙げ、これはドラフト制導入後の1984年南海ホークス加藤伸一がマークした高卒新人最多勝利を塗り替えて球団新記録となった。10月6日の対千葉ロッテ戦・秋山幸二の引退試合で7回5点リードから登板して3イニングを1失点にまとめてプロ初セーブを記録した。1年目は先発7試合で3勝2敗、防御率4.28、QS率57.1パーセント、中継ぎ7試合では2勝0敗1S、防御率2.04、WHIP1.13だった。10月9日のメディカルチェックで右肩炎症が発覚して秋季キャンプの11月2日まで投球を控え、11月10日のパ・リーグオールスター東西対抗で西軍の先発として実戦復帰した。寺原隼人 フレッシュアイペディアより)

  • 寺原隼人

    寺原隼人から見た大阪近鉄バファローズ

    ''、春季キャンプからオープン戦まで投球フォームが固まらずに出遅れたが、4月2日に一軍へ昇格して開幕6枚目の先発として同日の対大阪近鉄バファローズ戦に先発して7回途中2失点の好投で開幕5連勝していた近鉄に勝利した。4月18日の対近鉄戦では9回を4安打2失点に抑えてプロ初完投勝利を果たし、これで1977年南海以来・ダイエーとしては初となるチーム4試合連続完投勝利を達成した。6月15日の対近鉄戦で先発したが右肩違和感により5回1失点で降板寺原隼人 フレッシュアイペディアより)

  • 寺原隼人

    寺原隼人から見た前田大輔

    ''、4月13日に一軍登録され、同日の開幕2戦目である本拠地(京セラドーム大阪)で対ソフトバンク戦で移籍初登板・初先発し、昨年までわずか出場3試合の4年目・伊藤光とのバッテリーで移籍後初完封勝利を挙げた。4月27日の対千葉ロッテ戦では自己ワーストの1試合8失点(自責点8)を喫したが、5月4日の対日本ハム戦で2度目の完封勝利、その後前田大輔と組み2連敗したが、5月23日にはプロ入りして12連敗(先発では11連敗)していた巨人から敵地・東京ドームで9回1失点の完投勝利を挙げた。5月31日の対横浜戦では口唇ヘルペスを発症しながらも6回を無失点に抑えて古巣から移籍後初勝利を挙げた。6月6日にはプロ入り8連敗(先発では7連敗)の対阪神戦で9回1失点完投勝利を挙げた。6月14日の対横浜戦(横浜スタジアム)ではトレード相手の山本省吾と投げ合い、8回無失点で勝利した。7月4日には監督推薦により2度目のオールスターゲーム出場が決まった。7月8日の対西武戦でも勝利し、自己最多の7連勝を記録した。この7戦7勝期間の先発マスクは全て伊藤光だった。しかし伊藤光が打撃不振と脳震盪により7月12日に抹消され、1月に横浜から移籍した齋藤俊雄とオリックスで初バッテリーを組むことになった。7月15日の対楽天戦では近鉄を含む13球団からの勝利を賭けて臨んだが味方打線が完封を喫して敗戦した。球宴前で登板機会が無いため7月16日に登録を抹消。7月22日のオールスターゲーム第1戦で先発してプロ野球史上74人目両リーグ出場を果たし、3イニング打者10人に対して1安打無失点の投球で敢闘選手賞を受賞した。7月29日に一軍登録されて同日の試合で4年ぶりとなる二桁勝利を記録したが、試合中に右肘に痛みを感じて8月4日に右肘の張りにより出場選手登録を抹消された。8月14日に最短で再昇格し、再び伊藤光とのコンビで5試合全てQS達成で無四球完投勝利を含む2完投を挙げたものの1勝3敗と負け越し、以降は他の捕手と組んだ。9月28日の対千葉ロッテ戦では2回に角中勝也の打球を左太腿に受けながらも9回を2安打1四球と完封し、自己最多タイの12勝目を挙げた。以後2試合は10月10日に中4日の登板も1回2/3で5失点し移籍最短KOされるなど試合を作れず、最後の登板も背筋痛で登板を回避し、チームは1毛差でクライマックスシリーズ出場を逃した。最終的には170回1/3を投げ12勝7完投3完封(いずれもチームトップ)、QS率72.0パーセントで終えた。伊藤光と組んだ16試合は10勝5敗だった。寺原隼人 フレッシュアイペディアより)

  • 寺原隼人

    寺原隼人から見た副島孔太

    、開幕から10試合で無傷の先発6連勝を記録したものの、翌日6月16日に福岡市内の病院で右肩関節炎と診断され、6月17日に登録を抹消された。7月11日に再昇格して7月23日の対日本ハム戦で先発したが4回途中でKOされ、2年間の本拠地「福岡ドーム不敗神話」が崩れた。8月1日の対オリックス戦ではチームが29得点を挙げて得点・得点差ともにパ・リーグ新記録を打ち立てたが、自身は8回25点リードから2番手で登板して9回に代打・副島孔太にタイムリー打を浴びて唯一の失点を許した。先発3連敗を喫していたが8月22日の対千葉ロッテ戦では制球に苦しみながらも自己最多となる7勝目を挙げた。8月29日の対千葉ロッテ戦で先発したが1回1/3で4失点と最短KOを更新し、点灯していた2度目の優勝マジックを消滅させた。続く9月7日の対西武戦では9回4点ビハインドの場面から登板した直後に5連打3失点を喫して一死も取れずに降板させられ、翌日9月8日に二軍へ降格した。二軍で結果を出して9月28日の対近鉄戦で登板したがまたも2回途中KOでレギュラーシーズンを終えた。寺原隼人 フレッシュアイペディアより)

  • 寺原隼人

    寺原隼人から見た金子圭輔

    '、3月15日のオープン戦で背中の張りを訴えて途中降板し、検査で異常は無かったがリハビリ組へ合流し、開幕ローテーションから漏れた。山田大樹、東浜巨の相次ぐ二軍落ちで当初の予定より早めて4月24日に一軍へ昇格し、同日の対日本ハム戦(福岡ヤフオク!ドーム)で古巣復帰後初登板・初先発を果たしたが4回途中でKOされた。捕手は山崎勝己でツーシームを多投して痛打された。同試合で福岡のホークスファンから「横浜へ帰れ」などの野次が飛び、自身の都合で福岡の小学校へ転校させた2年生の息子まで学校で「ダメだったね」と言われて奮起し、5月1日の対西武戦(福岡ヤフオク!ドーム)では細川亨とのバッテリーでツーシームを封印して8回を1失点に抑え、移籍後初勝利を挙げた。5月29日の対巨人戦の6回に左腰を痛めて途中降板し、5月30日に登録を抹消、5月31日に福岡市内の病院で検査の結果、左第11、12肋間筋の軽度肉離れと診断された。7月9日に再昇格し、13球団勝利を賭けて再び対楽天戦(北九州市民球場)に臨み5回まで2安打無四球無失点と好投、6回に捕まり2点リード二死満塁で降板した。しかし金子圭輔の2度のタイムリーエラーによって勝利は潰えた。8月6日の対ロッテ戦(福岡ヤフオク!ドーム)では続投を直訴し、9回を1失点に抑えて移籍後初完投勝利を挙げた。続く8月13日の対西武戦の3回に右膝に力が入らないと異変を訴えて途中降板し、8月14日に腫れが引かず登録を抹消、9月10日に再昇格し、以後は毎度右膝に溜まる水を抜きながら登板する事になった。台風18号の影響で当日空港から球場へ直行となった9月17日の対楽天戦では無失点で迎えた3点リードの5回に捕まりケーシー・マギーに逆転満塁本塁打を浴びて13球団勝利に失敗した。9月25日の古巣・オリックスとの試合に敗れて同年の対戦成績は3戦3敗に終わり、同時にチームの優勝の可能性も完全に消滅した。最終的には4勝7敗と負け越し、防御率も4.65、QS率も37.5パーセントと結果を残せなかった。細川とは11試合組み完投勝利など試合を作る日が多かったが2勝4敗と負け越し、山崎と組んだ5試合では大量失点が多かったが2勝3敗だった。オフの12月7日にプロ1年目に着けていた背番号20'へ変更されることが決まった。寺原隼人 フレッシュアイペディアより)

  • 寺原隼人

    寺原隼人から見た喜田剛

    オフの12月5日に高宮和也と共に山本省吾・喜田剛との交換トレードでオリックス・バファローズへ移籍することが決まった。寺原隼人 フレッシュアイペディアより)

  • 寺原隼人

    寺原隼人から見たダーク・ファンクルースター

    台湾で行われた第34回IBAFワールドカップに日本代表として出場した。プロ・アマ合同の同大会で高校生が日本代表として選出されたのは史上初であった。11月7日第1戦の対フィリピン戦では15点リードの5回から2番手で登板して2イニングを無失点4奪三振に抑えた。11月13日に下痢と発熱で体調を崩したが、11月14日第7戦の対オランダ戦では8回3点リードから2番手で登板し、8回はダーク・ファンクルースターの打球が右足首を直撃しながらも無失点で抑え、9回にライリー・レヒトに2点タイムリー打を浴びたが後続を断ってセーブを記録し、チームは予選リーグ全勝で終えた。プロ野球ドラフト会議の為、3位決定戦を前に帰国した。寺原隼人 フレッシュアイペディアより)

  • 寺原隼人

    寺原隼人から見た秋山幸二

    4月16日に一軍選手登録されて同日の対日本ハムファイターズ戦(東京ドーム)で先発してプロ初登板を果たした。3回に井出竜也に先制ソロ本塁打を浴び、6回に逆転したその裏に捕まり5回0/3を投げ4失点のデビューだった。4月28日の対オリックス・ブルーウェーブ戦で本拠地・福岡ドーム初先発を果たすと、4回までパーフェクトの6イニング3安打無失点、7奪三振の好投でプロ初勝利を挙げた。5月12日の対千葉ロッテマリーンズ戦では6番手として9回7点ビハインドから初のリリーフ登板だったが1イニングを3人で抑えた。5月15日には台北市立天母棒球場での海外公式戦でも4番手で2イニングを無失点に抑えた。5月29日にはプロ入り前から比較された西武ライオンズ・松坂大輔との初対決も制して3勝目を挙げた。しかし続く6月6日の対オリックス戦で2回1/3の最短KOを喫し、6月11日の試合前練習で左太もも裏に違和感を覚えて6月13日に登録抹消、7月30日に再昇格すると、負ければ借金突入という同日の対オリックス戦で試合を作ってチームの連敗を止めた。これまでは城島健司とバッテリーを組んでいたが同試合では田口昌徳が先発マスクを被った。8月2日の投球練習中に右内転筋を傷めて8月4日に抹消されたが、9月27日に再昇格して以降はリリーフとなった。9月29日の対西武戦では7回同点の場面から4イニングを無失点に抑えて初の救援勝利・サヨナラ勝利で5勝目を挙げた。10月2日の対オリックス戦では4回2点リード一死一塁から3イニングを無失点で切り抜けて6勝目を挙げ、これはドラフト制導入後の1984年南海ホークス加藤伸一がマークした高卒新人最多勝利を塗り替えて球団新記録となった。10月6日の対千葉ロッテ戦・秋山幸二の引退試合で7回5点リードから登板して3イニングを1失点にまとめてプロ初セーブを記録した。1年目は先発7試合で3勝2敗、防御率4.28、QS率57.1パーセント、中継ぎ7試合では2勝0敗1S、防御率2.04、WHIP1.13だった。10月9日のメディカルチェックで右肩炎症が発覚して秋季キャンプの11月2日まで投球を控え、11月10日のパ・リーグオールスター東西対抗で西軍の先発として実戦復帰した。寺原隼人 フレッシュアイペディアより)

  • 寺原隼人

    寺原隼人から見た田口昌徳

    4月16日に一軍選手登録されて同日の対日本ハムファイターズ戦(東京ドーム)で先発してプロ初登板を果たした。3回に井出竜也に先制ソロ本塁打を浴び、6回に逆転したその裏に捕まり5回0/3を投げ4失点のデビューだった。4月28日の対オリックス・ブルーウェーブ戦で本拠地・福岡ドーム初先発を果たすと、4回までパーフェクトの6イニング3安打無失点、7奪三振の好投でプロ初勝利を挙げた。5月12日の対千葉ロッテマリーンズ戦では6番手として9回7点ビハインドから初のリリーフ登板だったが1イニングを3人で抑えた。5月15日には台北市立天母棒球場での海外公式戦でも4番手で2イニングを無失点に抑えた。5月29日にはプロ入り前から比較された西武ライオンズ・松坂大輔との初対決も制して3勝目を挙げた。しかし続く6月6日の対オリックス戦で2回1/3の最短KOを喫し、6月11日の試合前練習で左太もも裏に違和感を覚えて6月13日に登録抹消、7月30日に再昇格すると、負ければ借金突入という同日の対オリックス戦で試合を作ってチームの連敗を止めた。これまでは城島健司とバッテリーを組んでいたが同試合では田口昌徳が先発マスクを被った。8月2日の投球練習中に右内転筋を傷めて8月4日に抹消されたが、9月27日に再昇格して以降はリリーフとなった。9月29日の対西武戦では7回同点の場面から4イニングを無失点に抑えて初の救援勝利・サヨナラ勝利で5勝目を挙げた。10月2日の対オリックス戦では4回2点リード一死一塁から3イニングを無失点で切り抜けて6勝目を挙げ、これはドラフト制導入後の1984年南海ホークス加藤伸一がマークした高卒新人最多勝利を塗り替えて球団新記録となった。10月6日の対千葉ロッテ戦・秋山幸二の引退試合で7回5点リードから登板して3イニングを1失点にまとめてプロ初セーブを記録した。1年目は先発7試合で3勝2敗、防御率4.28、QS率57.1パーセント、中継ぎ7試合では2勝0敗1S、防御率2.04、WHIP1.13だった。10月9日のメディカルチェックで右肩炎症が発覚して秋季キャンプの11月2日まで投球を控え、11月10日のパ・リーグオールスター東西対抗で西軍の先発として実戦復帰した。寺原隼人 フレッシュアイペディアより)

  • 寺原隼人

    寺原隼人から見た帆足和幸

    2012年12月4日に入団会見を行い、背番号は帆足和幸が1シーズンのみ着用していた11に決まった。3年契約で2年目まで年俸8,500万円で固定の年俸総額4億円で契約した(金額は推定)。寺原隼人 フレッシュアイペディアより)

193件中 51 - 60件表示

「寺原隼人」のニューストピックワード